青年期の早漏は仕方ない(早漏の仕組みと防止法)

サイト内検索

動物の多くは早漏です。

殆どはペニスを入れて直ぐに果てています。

人類だけはセックスを娯楽化して長時間の挿入を楽しんでいます。

犬などの一部の動物はかなり長い挿入時間ですが、

とてもセックスを楽しんで貪っているとは思えません。

人は次第に生存への余裕から長時間のセックスを良しとしてきました。

女性自体も快楽を覚えたからかもしれません。

長時間の挿入能力は一人前の男子として証でもあります。

人は若いころは早漏に悩みます。

早漏の克服は男子の大きな課題でもあります。

(スポンサーリンク)

|若きペニスの悩み・青年期早漏

男性なら若いころ誰でも悩んだ「はやもれ(早漏れ)」です。

早漏とは医学的には膣に挿入後1分以内の射精を言うようですが、

これは生殖的な見地からであり、性的な満足とは別の基準です。

ある調査では日本人の平均挿入時間は10分前後といわれています。

そして女性が希望する性的にも満足できる挿入時間は15分だそうです。

若い時は興奮しすぎて「門前にて失礼!」などということも頻繁に起こりました。

これからセックス、やっと出来るという入れ込みによる過剰な興奮と期待は

射精を早めます。

興奮が高まりドーパミンアドレナリンが過剰に放出されると、

交感神経が異常に活性化されて早漏は起こってしまいます。

若い時がよくおこる現象です。

経験不足によるペニスの過敏が早漏の原因となっています。

またセロトニンはドーパミンと逆の作用があり、

早漏を抑制します。

セロトニンは精神的な安定時に分泌される神経伝達物質ですが、

加齢やセックス経験によって分泌量が増大します。

とにかくセックスの経験を積むことが早漏の取りあえずの解決策になります。

快感を早く得たい、早くセックスしたいと言う大きな期待が

早漏を促進しているのです。

興奮しすぎず焦らないが早漏防止の第一条件です。

|中高年の早漏

早漏は主には若い男性が陥りやすい一種の一時的な持病みたいなものですが、

経験を積むことで多くは解消され、35歳過ぎにはあまり悩むことはなくなってきます。

しかし、50代60代になると違った要因でまた早漏が起こってくることが

しばしばあります。

若い時はテストステロンの大量の分泌による過敏ですが、

中高年の早漏はテストステロン分泌の低下によるものです。

テストステロンが不足することで性機能が衰えます。

具体的には射精中枢の反応が劣化することや射精閉鎖筋の弱体化で

射精そのもがコントロールできなくなる現象です。

このときの射精は半立ち状態で垂れ流すようにおこります。

これらの詳細と対策については中高年の早漏をご覧ください。

|完全なるペニスコントロール

かといってなかなか自分の思うようにペニスはコントロールできずに

男性にとっての人生における大きな課題の一つかもしれません。

「ペニスの完全なるコントロール」は永遠のテーマです。

中には遅漏で悩んでいる人もいて、私の友人は永遠に行かないので

風俗では嫌われていました。

早漏気味の私にしてみれば羨ましい限り出会ったのですが、

全く感じないことも辛いみたいです。

その友人は最後は奥さんに逃げられてしまいましたが、多分自分だけイクことに

専念するあまり奥さんを労わらなかった結果と思っています。

女性を満足させて自分も満足できるペニスコントロールを身につけましょう。

バギナに慣れる

ここでは病気として早漏は専門のお医者さんにお任せして

一般的な早漏について原因と対策を考えてみたいと思います。

目標はまずは女性が望む15分を目指しましょう。

早漏の元凶は一番は経験不足による焦りやペニスの過剰反応でしょう。

まずは女性になれることが一番でたとえ早く漏らしてしまっても

気にしないで平然としていることです。

意外と女性は最初のうちは寛大です。

これが何年も続くと不満になってきますが、努力する姿は認めてくれます。

まずはバギナの感触になれること。

そして焦らないことです。

|ペニスを鈍感にする

早漏の人に限らず若いころはどうしてもペニスは過敏です。

これは過剰なドーパミンの活性によって性感を感じる神経が

過敏になっていることによります。

また、割礼の習慣がないために包皮が完全に向けてない仮性包茎が日本人には多く、

そのために若い頃はどうしても亀頭への刺激慣れしておらず

ちょっとした刺激に過敏な人が多いのが実態です。

ペニスを鈍感にするためには亀頭を常に露出させ、

更に入浴時などにペニスをしごいて

亀頭下部の皮の部分を鍛えることです。

(参照:ペニスをしごく

この鍛錬法を根気よくやっていきますと数年後には自信が持てる

持続時間が維持できます。

|ペニスの血流を高める

ペニスは血液が大量に流れ込み膨張するればするほど

感覚が鈍くなる傾向があります。

つまり上をむいて反りかえって膨れあがったペニスほど

感じにくいのです。

中途半端に起ったペニスがすぐにイッてしまうという経験はみんなさんにも

あるかと思いますが、この現象によるものです。

逆を言えばそのようなペニス状態にすることが早漏を防止するのです。

ペニスの血流を高める為には骨盤底筋肉を鍛えることとペニスを冷やして

毛細血管を増加させることが有効です。

骨盤底筋肉トレーニング・ペニスピクピク運動ペニストレーニング・金冷法

実践することをお勧めします。

これによって天狗のお鼻のような反りかえるペニスに鍛え上げることができ、

早漏も改善されます。

|呼吸法による改善

勃起副交感神経によって支配されており、射精は急激に交感神経の

支配に転換されて起こる現象です。

ドーパミンが一定値を超えると射精が引き起こされます。

出来る限り、副交感神経が優位な状況を維持することが

早漏を改善することになります。

つまりセロトニン値を上げてドーパミンの活性を抑制するのです。

その為に有効な方法が性交時、挿入時に腹式呼吸を心掛けることが大切です。

腹式呼吸は副交感神経を優位に導き、セロトニン値を上げてくれます。

普段からこの呼吸法を取り入れた生活は精神を安定させ、いざという場面でも

動揺することがなくなります。

セックス時の焦燥も起こらなくなり超早漏の防止になります。

ゆっくりで穏やかな腹式呼吸を意識的に行いましょう。

|アルコールによる早漏防止

アルコールはDHEAの濃度を抑えて、性感帯の感度を鈍らせます。

DHEA・性感ホルモン:参照)

その為に挿入時の射精をかなり抑制してくれますが、もろ刃の剣です。

若くてお酒に強い人にはお勧めですが、年配の方やお酒に弱い人は

ペニスが勃起しない恐れがあります。

アルコールの長期の大量摂取は勃起障害、射精障害を引き起こすことが

知られています。

私も若いころはお酒を飲めば飲むほどペニスも元気になり、

持続時間も大幅に伸びて長時間のセックスが楽しめたのですが、

45歳を過ぎたころから逆効果になってしまい、

今ではセックスの際はお酒は控えるようにしています。

女性も一緒に飲んでいると性感は鈍くなります。

酒好きの女性で飲まないとその気にならない人もいますが、

出来るだけお酒はセックスを楽しんだ後にします。

オーガズムを楽しんだ後のビールの美味しさを教えてあげましょう。

お酒は催淫効果もあり、適度の飲酒はより性的な興奮を高めてくれますが、

セックス前のお酒はビールで2本、水割りで3杯を目安にしましょう。

|局所麻酔剤の利用

リドカインを含んだ「リドスプレー」が利用の仕方によってはかなり効果的です。

所謂、局所麻酔剤でペニスが痺れたようになり感覚を失いますが、

勃起を向上する薬剤も含有されていて持続力のある固いペニスに速攻で

変身します。

30分前に噴きかけるだけで簡単です。

当初私もかなり活用しましたが今は利用していません。

ペニスを肉体的に鍛錬することによって必要がなくなりました。

数年は時間を要しましたが今では薬に頼らない女性が喜ぶペニスに

鍛え上げることができました。

皆さんにも最終的にはバイアグラもリドスプレーもいらないペニスを

獲得することをお勧めします。

(参照:スプレーでの射精の抑え込み

|早漏はトレーニングと精神の安定で治す

早漏は精神的なものが大きく作用します。

その為に改善は決して焦らないことです。

若い時は当たり前と開き直ることも大切です。

早漏はセロトニンの不足とドーパミンの過剰活性が指摘されています。

セロトニンを安定的に分泌するために瞑想法が有効です。

瞑想法などで精神的な安定をはかり、

じっくり数年がかりで自身のペニスを改良していくのです。

ぜひペニストレーニングを実行してください。

またペニスをバギナに挿入後はすぐにピストン運動などは始めないことです。

ゆっくり腹式呼吸をして数分は見つめあうことです。

(参照:ポリネシアンセックス)

そして早く終わっても決して恥じることなく鍛錬して堂々と臨むことです。

女性は優しい存在なのです。じっくり待ってくれます。

それとストレスも早漏の大きな原因となります。

特に専門分野で仕事熱心でそれなりの成果を出している人は

早漏の傾向が強く出ます。

仕事に入れ込みすぎるために起こる現象です。

また普段それなりの持続時間のある人でもトラブルなどに遭遇して

ストレスを受けると半立ち早漏れになります。

|薬での抑制

抗精神病薬や精神安定剤、抗うつ病薬はセロトニン活性を高めることが知られています。

これらの薬剤によって早漏を抑制する治療法も開発されています。

ドーパミン活性が過剰でセロトニンが少ない人には有効かと思われますが、

同時にセロトニンは性欲を抑制して射精障害を招く可能性があります。

薬剤による早漏抑制には医師の指導のもとに行うことが必要です。

|早漏への心構え

このような早漏と思われる現象がみられる人は

余り深刻に物事考えないようにすることが大切です。

日ごろから人生を楽しくおおらかに楽しみ、女性と性の喜びを

共有する姿勢を忘れないことです。

女性を心からい愛しく思ってあげることが心の余裕を生み、

早漏も解消されるはずです。

心の安定でセロトニンとドーパミンのバランスを上手くとっていくのです。

参照: 究極のペニス持続法

参照:性の鍛錬

|若年性早漏の克服のまとめ

  • 若いころの男性の多くは早漏である
  • セックスへの慣れがない焦りとペニスの頭部の皮膚が露出やこすれに慣れていないことによる
  • 働き盛りではストレス性の早漏も起きる
  • 35歳を目途に早漏は収まるが年齢とともに男性ホルモン不足による壮年性の早漏がおきる
  • 早漏の克服にはテストステロン値をあげるペニストレーニングを行う
  • 精神を落ちつかせて副交感神経を活性化する
  • お酒は早漏防止にある程度の効果がある
  • リドスプレイーなどでペニスを麻痺させる
  • 薬剤による治療法もある
  • 早漏防止は心の余裕が一番である


感動の勃起!!クラチャイムダム王実体験記
ある興味から勃起促進に効果的とされるクラチャイムダムを試しに呑んでみることに しました。 (参照:クラチャイダムはマカの倍たつ!) 最近、長年の息子の酷使が響いた...

(勃起に自信がない人は)

悪魔の性典お勧めの勃起補助サプリがあります。
マカの数倍の効果があると言われるクラチャイダムのサプリです。
株式会社ジャパン・メディカルケアの販売する
クラチャイダム王(キング)
なるものです。正直かなり効きました。
実際に飲んで試していますので股間の元気に悩んでいる人
女性をもっと泣かせたい方に最高のサプリになるはずです。

そこでクラチャイダムを飲んで試してみました

(スポンサーリンク)


(出会えるお薦めサイト)

ネット出会いの極意はじっくり相手を見つける定額会員サイトと 速効でH出来るポイントサイトを2つ登録しておくことです
*出会いサイト攻略はこちらで詳しく書いてます➡悪魔の出会いサイト
*刺激的なポイント制出会いサイトの一押し(18禁)
    1. ハッピーメール
ポイント制サイトは色々試しまたが、このハッピーメールに限ります。即Hも可能です。 最初は無料登録でじっくり自分に合った出会いサイトを探しましょう。
*安心の定額会員出会いサイトBEST3(18禁) 
  1. ラブサーチ
  2. 大人の出会いfrom40
  3. ドリームリアライズ
  4. 月額定額だから安心して遊べます
    まじめな出会いはラブサーチがお勧めです

少しでも役に立ったならシェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローは励みになります


羽田真理の未公開お漏らし

AV界のアイドル羽田真理ちゃんのお漏らし無修正動画です
こんな可愛い娘もオッシコするんです!!

羽田真里005


カリビアンコムのマンコ図鑑) 超人気AV女優のあそこが無修正でたっぷり楽しめます