愛液(ラブジュース)

サイト内検索

愛液は女性のオマンコの御汁(マンコ汁)です。

ラブジュース、ラブスープとも言われます。

愛液なくしては気持ちのいいセックスは不可能です。

女性の愛液は男性を受け入れる為の有り難い仕組みによって分泌されます。

我々男子は女性の愛液をもっとしておくべきです。

臭い愛液も刺激的な愛液も女性の深い慈愛の表れなのです。

(スポンサーリンク)

|愛液はラブゼリーの役目

愛液・ラブジュースはその時の女性の感じている状態を大きく反映します。

興奮度合いが強い時は牛のヨダレのように垂れ流し状態になりますが、

女性によってはその差は大きいのも事実です。

また同じ女性で月経の周期や体調によっても左右されます。

女性の愛液は3箇所から分泌されます。

つまり女性には4種類の愛液が存在し、それぞれ違うのです。

  1. スキーン腺
  2. バルトリン腺
  3. 膣壁
  4. 子宮頚粘液

これらの愛液は膣内や膣周辺を潤して性交をスムーズに行えるように

滑りを供給しています。

いわば、ラブゼリーです。

(参照:女性の性器

|愛液はその時の女性のセックスパフォーマンス

さて愛液の分泌量は年齢や生理の経過状況、または性器の

興奮状態によって大きく左右され、個人差も大きものがあります。

おつゆたっぷりでビチョビチョの女性もいれば、濡れ具合が少なく

挿入に痛みを感じる女性もいます。

その女性の性的な開発具合によっても大きく変わってきます。

経験が少ない時はどうしても濡れにくいようです。

同じ女性でも生理経過の状況によっても愛液の量は変わってきます。

女性ホルモンのエストロゲンの多い2週目辺りでは

濡れやすくなっています。

また、年齢によっても変わってきます。

エストロゲンが少なくなる40歳くらいからは濡れ具合も少なくなり、

50代ではラブゼリーなどが必要になって来る場合があります。

閉経後は極端に量は減るようです。

しかし、定期的なセックスを行っている女性は

愛液は70歳になってもしっかり分泌されます。

|愛液は女性の愛情度

女性の愛液はただ単に性的な刺激を加えれば染み出てくるわけではありません。

精神的な様子とその時の気分も大きく関わってきます。

つまり愛している男性に素敵な環境でしっかり愛されると

噴きだすように愛液は分泌されるのです。

愛液が少ない状態でのセックスは男性にとっても快感は少なく

むしろ痛いくらいに感じます。

(参照:エストロゲン・女性ホルモン

また、愛撫による興奮具合によってかなり分泌が多くなります。

感じさせれば大量の分泌が起こります。

しっかり時間をかけた愛撫で噴水のようになることがあります。

また、好きな男性に抱かれたときも興奮して愛液の分泌は活性化します。

逆に嫌いな男性には濡れないようです。

また、セックス時の環境によっても大きく変わります。

少し興奮するような状況下では信じられないくらいの濡れ具合を

呈します。

|愛液は意志では左右されない

この愛液の濡れ具合は女性には意志でもどうすることができないようで、

体のその時の状況や精神状況に大きくその量は左右されています。

男性としては愛液でたっぷり濡れた膣(バギナ)にペニスを挿入することは

何とも言えない快感があり、濡れマンコは最高の食味になります。

しかし、中に興奮の余り失禁する女性も時々いて、

シーツをびしょびしょにしてしまいますが、

これは世にゆうところの潮吹きとは少し違います。

また女性は脳の興奮とバギナの興奮は別に作用しています。

強制的なセックス、つまり強姦などでもバギナは意志に反して濡れます。

強姦の犯人は女性は濡れていたから合意のセックスだったと主張しますが

女性は性的な場面や状況で気持ちとは関係なく濡れるように出来ています。

それは古代より弱い立場であった女性が強制的なセックスでバギナが

傷つかないようにするための生体防衛反応なのです。

 |膣壁分泌液

俗に言うところの愛液は膣内の壁と子宮頚から分泌されます。

基本的には無色透明ですが、ペニスのピストン運動などで空気と混ざることで白濁します。

膣壁からは汗のようなさらっとした液体が染み出してくるのです。

普段の膣内は乳酸菌によって酸性に保たれていて

病原菌をシャットアウトしていますが、

クンニリングスで膣の入口に舌を入れると酸っぱい味が

するのはこの為です。

バギナの乳酸菌でオマンコヨーグルトを作ったら

セックスが強くなるかもしれません。

所謂膣壁からの愛液は、リンパ液をもとにしたものが膣壁から染み出てくるものですが、

詳しいメカニズムは不明です。

膣壁への指やペニスの刺激によって活発に染み出てきますが、

前述のとおりその量は女性やその状況によって様々です。

膣粘膜の奥には愛液を貯めておく貯蔵タンクのようなものがあり、

セックスの初めには一気に染み出てきますが、

次第に量が少なくなるのは在庫がなくなってくるからです。

最初はかなり粘性がある液が染み出てきますが、

性交を続けていくと次第に粘りが少なくなり、量も減ってくるのは

この為です。

|子宮頚粘液

性的な刺激を女性に加えて行くと

子宮頚からはねっとりとした粘液が染み出てきます。

この子宮頚粘液は興奮すると滴り落ちてくるのですが、

興奮が高まるとその量をましてオーガズムでは大量に分泌されます。

この現象は排卵期に顕著に見られます。

その量は女性によって、また女性の開発具合によって分量は違ってきますが、

オーガズムを向かえるとその量はかなり増量されて一気に膣内に分泌されます。

この粘液はアルカリ性で酸性では生きられない射精された精子

頚管に侵入する動作を助け、その通り道となります。

興奮した上のバギナから粘っこい愛液が出てくるのはこの粘液が子宮頚から

染み出てくるからなのです。

排卵以外では子宮頚粘液は精子が侵入しないように粘々した状態で

子宮頚をふさいでいます。

|スキーン腺液

スキーン腺は男性の前立腺に相当します。

(参照:女性の前立腺

その放出口は尿道口の両側と尿道内に存在して、興奮が極まってくると

乳白色の液が放出されます。

尿道口の付近を女性が興奮した時に観察されます。

ここからの勢いよく放出される液体が潮吹きと言われています。

一部正しく一部不正解のようです。

(参照:潮吹き

スキーン腺液は男性の精液の3割を占める前立腺液に相当して乳白色です。

|バルトリン腺液

バルトリン腺は女性の膣口の両側に存在して、無色の粘性のある液体を

分泌します。

膣の入口を潤して挿入を助けてくれます。

男性の我慢汁(尿道球腺液、カウパー腺液、)に相当します。

我慢汁には構造上、精子が少量含まれることがありますが、

妊娠する可能性 は低いようです。

(画像:ウイッキペデア

愛液の無修正動画サイトです


感動の勃起!!クラチャイムダム王実体験記
ある興味から勃起促進に効果的とされ多くの中高年男性の救世主と言われれ クラチャイムダムを試しに呑んでみることにしました。 (参照:クラチャイダムはマカの倍たつ!) ...

(勃起に自信がない人は)

悪魔の性典お勧めの勃起補助サプリがあります。
マカの数倍の効果があると言われるクラチャイダムのサプリです。
株式会社ジャパン・メディカルケアの販売する
クラチャイダム王(キング)
なるものです。正直かなり効きました。
実際に飲んで試していますので股間の元気に悩んでいる人
女性をもっと泣かせたい方に最高のサプリになるはずです。

そこでクラチャイダムを飲んで試してみました

(スポンサーリンク)


(出会えるお薦めサイト)

ネット出会いの極意はじっくり相手を見つける定額会員サイトと 速効でH出来るポイントサイトを2つ登録しておくことです
*出会いサイト攻略はこちらで詳しく書いてます➡悪魔の出会いサイト
*刺激的なポイント制出会いサイトの一押し(18禁)
    1. ハッピーメール
ポイント制サイトは色々試しまたが、このハッピーメールに限ります。即Hも可能です。 最初は無料登録でじっくり自分に合った出会いサイトを探しましょう。
*安心の定額会員出会いサイトBEST3(18禁) 
  1. ラブサーチ
  2. 大人の出会いfrom40
  3. ドリームリアライズ
  4. 月額定額だから安心して遊べます
    まじめな出会いはラブサーチがお勧めです

少しでも役に立ったならシェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローは励みになります


羽田真理の未公開お漏らし

AV界のアイドル羽田真理ちゃんのお漏らし無修正動画です
こんな可愛い娘もオッシコするんです!!

羽田真里005


カリビアンコムのマンコ図鑑) 超人気AV女優のあそこが無修正でたっぷり楽しめます