クリトリス

サイト内検索
ブログをメールで購読

クリトリスはこれまで女性性器の割れ目の頂上部分にある

一つの極めて敏感な性感スイッチのように認識されてきました。

一つの核(陰核)として捉えられていましたが、

実はペニスと同じく長く伸びて肛門付近にまで達しているのです。

女性の快楽をコントロールするためにはこのクリトリス構造はしっかり

理解しておきましょう。

クリトリスを征するものは女を制す!!

|クリトリスはペニスのように長い

クリトリスは男性性器のペニスと同じルーツの組織であり、

ペニス同じ海綿体構造なのです。

決して小さな粒ではなくその長さは10cm前後に達します。

形状は頂部(頂部すなわち陰核亀頭)・本体(陰核体)・脚部に

分かれた脚部の3つのパーツからなり

形としては逆Yの字のようになっています。

それはまるで音叉のような形です。

陰核体は恥骨と繋ぎ合わさっているクリトリスの上部です。

クリトリス

クリトリスはペニスと同じ発生学的には同じルーツですが、

ペニスの倍以上の約8000以上の知覚神経の末端が集中的に配備されています。

人の体においてもっとも神経の配置が濃密な箇所になっています。

陰核海綿体の薄膜上部には振動を感知するパチニ小体が多数配備されています。

クリトリス表部にはマイスナー小体が存在し、

皮下組織には陰部神経小体と言う性感専用のセンサーが配置されています。

従ってクリトリスは接触や振動や押すような愛撫にも極めて敏感です。

我々のペニスも擦られたり握られたりするバイブなどの振動に反応することと

同じですが、感度は数倍です。

またクリトリスは自由神経終末という温度、痛み、かゆみに反応する表在感覚も多く存在し、

外部からの刺激に敏感です。

性感も極めて強いのですが、繊細な部位であるのです。

特にクリトリスは少しの強い力にも痛みを覚えますので、やさしい接触が大切です。

(参照)


女性は触って感じるだけでなく色々な性感神経が関与して様々な刺激で感じます。

クリトリスの役割は快感の誘発だけになっていて

ペニスのような射精・放尿などの機能は持っていません。

つまり気持ち良くなるのがその役割の全てです。

学者によってはクリトリスは進化の忘れものと称する人もいます。

つまり、もともとクリトリスは生殖上は何らの役割を果たしておらず

快感を生むだけしか役に立っていないと主張しています。

女性のオーガズムは進化の忘れものによる単なるおまけということです。

例えるなら男性の乳首のような存在です。

それにしてはあんなに感じるのは何故??

(参照:女性の性感知覚

クリトリスはサイズはペニスと同じく男性ホルモンである

テストステロンの影響を受けます。

無修正動画サイト・カリビアンコムのマンコ図鑑は人気AV女優さんのあそこがじっくり楽しめます。女性の構造の勉強に最適です。

(スポンサーリンク)

胎児の時期により多くのテストステロンが分泌された女性は

クリトリスが発達して性的な刺激により敏感な体質になります。

男性ホルモンを投入することでクリトリスは肥大化することが知られています。

日ごろからテストステロン値の高い活動的な女性もクリトリスは

大きくなり敏感になる傾向があります。

また白人や黒人の女性のクリトリスは黄色人種の女性のクリトリスより大きく

男性ホルモンが多く性欲も強いようです。

|クリトリスの陰核亀頭

みなさんがクリトリスと呼んでいる部分は表に皮を被って飛び出している

最先端のボタン部分、頂部(陰核もしくは陰核亀頭)になります。

クリトリスの亀頭とも言われる陰核亀頭部分です。

陰核は極めて敏感で普段はペニスと同じように包皮につつまれています。

この小さな米粒のようなところにペニス全体と同じルーツの末梢神経が

集中していてペニスの3~5倍の性感度があります。

接触にたいする触感感覚が極めて敏感で女性においてもっとも

感じる性感帯になっています。

ここをクリトリスと一般的には読んでいます。

この陰核(亀頭)は刺激によって興奮すると1.5~2倍に膨れます。

陰核亀頭は左右の前庭球の先端が合わさるように形成されています。

組織的には尿道海綿体でありペニスの竿の下の部分の尿道海綿体と同じです。

294

|クリトリス脚部と本体

実はクリトリスの真の姿はペニスのように奥まで長く伸びて

陰核(頂部)・陰核体(本体)・陰核脚部に

分けられます。

(参照:ペニスの構造

陰核は我々がクリトリスと読んでいる小豆です。

陰核体は小豆部分(陰核亀頭)からその先になります。

恥骨の方に柱状に伸びています。

クリトリス包皮に包まれていて、割れ目の頂上までの部分になります。

割れ目の最上段までまるで筋のようになっているので確認できます。

陰核体とよばれ2~3cmくらいの長さになります。

この陰核体はクリトリスと同じように強い性感帯になっています。

何しろクリトリスの本体であるのですから。

更にクリトリスの本体は恥骨のすぐ下からまるでUターンするようにもどって

陰核脚となって尿道、肛門近辺まで続いていきます。

そのさき羽のように2つに分かれ尿道とバギナの筒を包むように

肛門のほうまで伸びています。

(実はペニスの陰茎海綿体も2つの合体構造になっています)

ちょうど前庭球の外側を通って肛門に伸びていきます。

この脚部は興奮しても陰核(クリトリストップ)のようには大きくは膨れません。

(クリトリスイメージとしては下記のように捉えてください)

inkakutai

逆Y字全体がクリトリスであり男性のペニスの上部に相当。
前庭球はペニスの下部の尿道海綿体に相当し、
これを含めてクリトリス全体と考えられる。

Digiprove sealCopyright securED by Digiprove © 2014All Rights Reserved