女性の性感覚

(スポンサーリンク)
ハッピーメールバナー*ポイント制人気出会いサイト
ハッピーメール攻略法

女性の性感は男性の10倍、100倍は敏感と言われています。戦う運命を背負った男性では表皮感覚は鈍感に作られ、弱い存在の女性では身を守るために皮膚の知覚感覚を鋭くしました。それは同時に男性からの愛情を受けることが命となる女性では性的な皮膚感覚を敏感にし、男性の愛情度のチェック機能としても作用しました。その快楽の狂乱痴態は我々男性を大いに喜ばすことにもなり、セックスで男たちを支配していきます。その女性の快感を生み出す根源を探ってみましょう。

性感知覚器の理解

女性をオーガズムに導くには女性の性感感覚の仕組みを理解することから始めなくてはなりません。女性はどのような刺激をどう受けて性的に興奮し、更にはオーガズムに至るのでしょうか?我々男性は女性の身体を優しく撫で摩擦することで性的な刺激として与えていますが、体のどの部分のどの器官が刺激センサーとして働いているのでしょうか?

性感は3つの刺激で起こる

人の体の感覚には表在知覚と深部知覚の2つの知覚受容体が関わります。これらは体性感覚と言われ、人の皮膚とその深部に下記のように配置されています。

・表在知覚(皮膚感覚)

接触・温度・痛み・圧力・振動などを敏感に感じる触覚受容体で主に皮膚や粘膜に存在する

・深部知覚

現在の自分の内部の状態を感知する受容体で身体の内部(筋肉、腱、関節など)に存在し、運動や位置、重量、痛みなどを感知する

 人の性的感覚の認識には主に皮膚感覚が大きく関わっています。主に接触、振動、圧力などの刺激が混合された形で性感を生み出していきますが、温度感覚や痛みの感覚なども性的な興奮を引き起こすことも場合もあります。

触れて感じる

表在知覚と言われ知覚受容体は皮膚・粘膜などに多く配置され、痛み、かゆみ、温度などを感じる自由神経終末と接触の感覚を捉える4種類の触覚センサーが埋め込まれています。セックス時、触られたり舐められたりして感じるのはこれらの4種類の知覚器によります。これらは皮膚全体に隈なく配置されていますが、性感帯と言われる部分には特に集中しています。これらのサンサーは機械受容体と呼ばれ、受けた刺激を機械的に電気信号に変えています。センサーの一つ一つが1本の神経線維で骨髄に直接繋がれています。4種類の触覚センサーは下記のようになています。

マイスナー小体

皮膚の表皮と真皮の境の浅い部分に存在し、低周波の信号を捉え

接触している物体の細かい動きに素早く反応します。

指先に特に多く存在して触れたものを素早く感知しますが、

刺激が継続すると反応がにぶり、信号が長続きしません。

メルケル盤

メルケル盤は皮膚の浅い部分に存在し、特に唇や指先に高密度で配置されています。

ごく小さな圧力、軽い接触に敏感であり、物体の形状や質感を捉えます。

接触による反応信号は継続的に骨髄に送られ、触られている間は反応し続けますが、

刺激が強くなると反応が低下する特徴があります。

つまり性的な愛撫では強すぎると逆効果になります。

またメルケル盤は人の体毛にも繋がれていて体毛の動きを敏感に捉えています。

パチニ小体

皮膚の比較的深い部分真皮にはパチニ小体とルフィニ小体が存在します。

パチニ小体は高周波の振動に敏感で微小な振動に反応します。

マイスナー小体と同じく反応は継続性がなく接触が始まったときと離れたときに

起こりますが、位置情報には鈍感です。

マイスナー小体よりは振動に対しては高感度です。

道具や物体などを介しての感覚も敏感に受け取ります。

無修正動画サイト・カリビアンコムのマンコ図鑑は人気AV女優さんのあそこがじっくり楽しめます。

ルフイニ終末

ルフイニ終末は皮膚の横の引張りを感知します。

その信号は継続的に送られ、引っ張られている間は反応します。

バギナ入り口などペニスが挿入されたときに刺激に反応しているものと思われます。

陰部神経

女性の乳首や陰部、クリトリスなどの無毛皮膚には上記の機械的受容体はほとんど存在せず、代わりに陰部神経小体という神経終末が多く存在して触られるような性的な刺激に敏感に反応します。陰部神経小体は男性の亀頭にも多く存在します。陰部神経小体は性感専用のセンサーであり女性のクリトリス、乳首や男性の亀頭、肛門周辺に多く存在します。
表在知覚は個人によって多く存在する体の部位や密度に大きく差異が認められ、同じ性感帯刺激に対しても反応は大きく違ってきます。
これらの表在知覚の特徴は同じ刺激を一定時間同じ強さで続けると麻痺するということが挙げられます。実験では30秒前後で麻痺することが分かっています。したがって女性の皮膚や粘膜の性感帯を刺激するときは30秒を限界として刺激の形態や強さ、場所などを微妙に変化させる必要があります。

  

振動圧力で感じる女性器

性感に撫でるなどの刺激に加えて振動や圧力などの刺激が大切です。圧力や振動刺激にはパチ二小体という真皮下層や皮下組織に分布する感覚受容体が大きく関わります。特に振動に敏感で愛撫の指先な微妙な動きの振動やバイブレーターなどの振動を快感として脳に伝えます。
バギナ入り口領域の表皮領域ではメルケル盤と言う持続的な圧力によく反応する感覚器が多く存在しています。このメルケル盤はやさしく押された皮膚の感覚を受容すると言われます。ペニスの侵入などの膣口を広げるような圧力に敏感です。女性が男性のペニスの評価を行う際にペニスの長さよりは太さを問題にするのはこのためです。

女性の性感は男の数倍敏感

これらの知覚では女性は我々男性よりは数倍敏感になっています。男性はテストステロンの作用で痛みなどを感じないように出来ているために皮膚感覚は鈍感に作られ、逆に女性ではエストロゲン効果で皮膚感覚を敏感にしているからです。女性は我々の数倍痛みを感じると言われています。愛撫する時や噛んだりするときはM系の女性以外は配慮が必要になります。ときにその反応が我々男性には大げさに映ることがあるのはこのためでもあります。
また、我々男性が乳首などに性的な愛撫を受けても女性のような快感がないのも知覚受容器の数の不足です。
しかし、テストステロンの鈍感効果のお陰でペニスは感じにくくなり長持ち出来ます。

女性ホルモンが性感を増す

女性が愛撫などに皮膚感覚が非常に敏感であるのは女性ホルモンのエストロゲン作用や性感ホルモンのDHEAの作用も多いに関わっています。乳房性感にはエストロゲンが大きく影響し、女性器外陰部はDHEAとエストロゲンが性感領域を広げ皮膚感覚を敏感にしています。エストロゲンが分泌の多い排卵期に女性の性器が敏感になるのはこのためです。
また、オキシトシンも間接的には子宮は骨盤低筋肉の収縮を促進させることによってオーガズムの感覚を増長しています。オキシトシンは愛情ホルモンと言われ、女性が愛情を強く感じた際には分泌を高めまるホルモンです。女性を抱く際に愛情豊かな愛撫が大切といわれるのはこのためです。

女性外性器の性感知覚

外陰部のクリトリスや小陰唇大陰唇、恥骨などの表面ではこれまで述べた表在知覚(皮膚感覚)が特に発達しています。触る、撫でるなどの愛撫刺激に極めて敏感です。また、その皮膚の直下では軽い圧力や振動などにも強く反応示します。主にパチニ小体とういう米粒大の神経末梢の受容器が受け持っています。
これらの感覚を司るのは仙骨から発する陰部神経叢です。その中でも会陰神経はクリトリス、陰唇、膣口、会陰、直腸、肛門などの表在知覚(皮膚感覚)を支配しています。その感覚は個人的な特徴があり、反応もそれぞれになります。ある人は肛門が特に感じたり、またある人は膣が特に感じるような現象が起こります。これによってそれぞれの性的な嗜好が生まれます。

膣内や子宮頸部(ボルチオ)の感覚

バギナ入り口周辺や入り口から三分の一くらいの膣内の間には陰部神経叢の一部である会陰神経が張り巡らされて感覚受容体が数多く存在し愛撫刺激やペニスの侵入に鋭く反応します。特に膣口は極めて敏感に侵入者を察知するようにプログラムされ、ペニスの出し入れに大きな快感を発します。
膣口から数センチの上部壁にはGスポットが存在します。Gスポットは膣開口部からの陰部神経叢の一つである会陰神経に支配され、刺激に対して反応を起こします。しかし、Gスポットが鋭い快感を生み出すかどうかは意見が分かれるところです。Gスポットエリアは敏感な性感帯ではなくその奥の尿道海綿体や前立腺などが反応するという説も有力です。ある女性はGスポットは子宮と完全に連動しているとする人もいますが、個人的な差異があることは確かです。

膣口から三分の一以上の深部の膣壁や子宮頚部などは表在知覚(神経末梢)とは違った神経が支配して感覚受容体はほとんどありません。それに代わり自律神経が膣や子宮頚部への刺激や運動を認知しますが、皮膚感覚的な反応は示すことはありません。そのために膣では性感を感じることはないと言われていますが、圧力や振動には反応を示します。
膣口3分の1奥の膣上半部は膣神経と言われる迷走神経が膣とその周辺の感覚と運動を伝えます。
膣内やポルチオ(子宮頸部)には子宮膣神経叢が張り巡らされていますが、同じく迷走神経に属し、子宮や膣の感覚と運動を脳に伝え、オーガズム時などの膣や子宮の収縮に関与します。迷走神経による感覚は無感覚に近く、無意識に動きます。
膣奥やポルチオでは皮膚感覚的な敏感な性感帯は存在しませんが、圧力や振動などで大きな性感が発生することが知られています。バギナオーガズムやポルチオオーガズムなどのいわゆる中イキ、膣イキです。

皮膚感覚オーガズムと迷走神経オーガズム

クリトリスなどの外性器では感覚受容体が多く存在し、刺激に直ちに反応しますが、膣奥やポルチオには感覚受容体は認められず直接的な反応することは多くの場合は確認されません。そこに大きな快感が発せられる現象は膣やポルチオへの刺激が迷走神経経由で脳に伝達され、脳で創造される感覚だからです。刺激を受け続けた脳内で神経細胞同士が連携されて、やがて快感として認知されていきます。ポルチオオーガズムやバギナオーガズムが経験で呼び覚まされる開発型と言われるのはこのためです。これらは迷走神経の関わるオーガズムであり女性の神経伝達物質や神経回路、性的な経験値のレベルによって、その反応は大きな差異を見せることになります。ここではまずは女性の性感(オーガズム)は皮膚感覚によるオーガズムと膣やポルチオにおける迷走神経によるオーガズムがあると捉えてください、

女性の好みの愛撫法

パチニ正体やマイスナー小体が刺激を受けとめるのは接触感覚であり振動です。それを脳に伝え脳が色々な状況やそれまでの記憶、経験から快感として感じているのです。その感じ方は女性によって様々です。
またある研究では性器に関わる5つの性感帯(クリトリス、膣口、ポルチオ、肛門、会陰)に走る神経終末の密度は女性によってかなりまちまちであると報告されています、従って女性によって性感神経の網は女性によってそれぞれ特性があり、感じる刺激の方法や強度は違ってきます。女性に貴方の努力を強い快感愛撫を受け止めてもらう為には、その女性の好みのやり方で行ってあげることが大切になります。どのような愛撫が快感として感じているかをその都度、女性ごとにしっかりインプットしていき、それぞれの女性にあった性感刺激法を用意する必要があります。

各性感帯の特性を理解する

もちろん、一般的に言われところのそれぞれの性感帯の特性にそくした刺激の与え方を行う必要があります。その為には初期段階は女性の体の構造と性感システムを理解する必要があります。数多くの女性に様々な刺激法を試してみることで次第に理解されてきます。

ピストン運動だけではもう古い

大切なことは触れば女は喜ぶという固定観念を早く捨てることです。やみくものピストン運動も決して女性にとって喜ばしいものではありません。もっと楽で効果的セックスメソッドがあるのにあなたは女性の気持ちも考えずにワンパターンのセックスをしているのです。特にクリトリスなどの女性外性器や膣・ポルチオなどの内性器も圧力・振動に対して性的な反応を強く示します。的確な愛撫刺激を行うためにはコスルのではなく、押す意識と振動させる意識を持っていくことです。

まとめ

・女性の性感は3つの刺激で起こる

触覚
圧力
振動

・女性の性感度は男性の数倍である
・それぞれの性器に配置されている感覚受容体を理解して適正な刺激を与える
・性感覚は女性によってそれぞれ違う
・同じ女性でも経験や体調でも変動する
・女性の則した刺激を与える
・ピストン運動だけでは女性は満足しない

Digiprove sealCopyright securED by Digiprove © 2014All Rights Reserved

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


*定額会員制安心出会いサイト 
    1. ラブサーチ 
      真面目な出会いが出来るサイト
    2. 大人の出会いfrom40
      順番待ちの人気サイト
    3. ドリームリアライズ
      夢が叶う出会いが出来るサイト

(スポンサーリンク)
ハッピーメールバナー*ポイント制人気出会いサイト