(スポンサーリンク)
ハッピーメールバナー*ポイント制人気出会いサイト
ハッピーメール攻略法

小陰唇を舐めまわす技で女を喜ばす

LINEで送る
Pocket
Facebook にシェア

小陰唇を重点的に愛撫してあげましょう。

多くの男性は小陰唇は感じるとは理解しても特別に小陰唇愛撫のプログラムを

用意していません。

何となくクンニリングスの一環で舐めているのではないでしょうか?

女性はクリやバギナと同じようにもっと小陰唇を可愛がってほしいと

望んでいます。

女性はそれを口に出しては言えないのです。

察してあげることで女性の願いを叶えてあげましょう。

|大敏感の小陰唇

小陰唇はクリトリスと同格の性感ポイントで

極めて繊細な外性器部分です。

クリトリスの包皮から伸びてバギナの周辺,

そして会陰まで達しています。

クリトリスを頂点にして尿道口、膣(バギナ)口を囲うように

まるで襟巻きトカゲの襟巻きです。

その形状はヒダヒダ状になっていて個人によって

ヒダの大きさがかなり違っています。

しかし共通していることは極めて敏感でペニスが挿入時に

男性のペニスの根元で摩擦されて性感を大きく得ている部分になります。

小陰唇は興奮すると充血して膨張し、それまで覆っていた膣前庭を顕わにします。

小陰唇は間違いなくAクラスの性感帯ですが、

傷つきやすい部分ですので繊細な扱いが要求されます。

|小陰唇のヒダをさする

小指、薬指の力の入らない指先で優しく小陰唇の襞を愛撫します。

弄ぶようにゆっくり愛撫してあげることが大切です。

指先の爪の下の腹の部分でフェザータッチでの愛撫になります。

この時決して小陰唇に爪を立ててはいけません。

しっかり爪は切っておくのが女性器愛撫のマナーです。

軽いバイブレーションを指先で与えることもかなり有効です。

もうすでに愛液がバギナからにじみ出ているはずなので

その愛液を指先につけて女性が痛くないように愛撫してあげてください。

小陰唇愛撫には触るか触らないくらいの感触のタッチが要求されます。

|小陰唇のヒダを吸う

小陰唇のヒダを唇でちょっと含んで吸ってあげます。

軽いキスを小陰唇にしてあげる感じですが、

かなり激しい反応が帰ってきます。

次第に強い反応を示すようになってきたら、

絶対に歯を立てないようにして少し強めに吸います。

敏感ですので歯をたてると女性の性感気分が一気に覚めますので

注意が必要です。

ちょうど我々男性がフェラチオ時に亀頭に歯を立てられると

無修正動画サイト・カリビアンコムのマンコ図鑑は人気AV女優さんのあそこがじっくり楽しめます。

腰が引けることと同じと考えてください。

クリトリスと小陰唇は歯を立てることはタブーです。

小陰唇の襞を吸いながらの含み舐めも試みてみてください。

乳首と同じで吸いながら舐められると稲妻のような快感電気が走り抜けると言います。

最初は甘く吸いながら舐めてあげて女性の開発が進んできたら

強めに吸いながら舐めてあげましょう。

|小陰唇を外側を舐める

最初は舌先で触れるか触れないかくらいのタッチで

小陰唇のヒダトップを舐めていきます。

舌先でちょんちょんとつつく感じも気持ちがいいようです。

その次に大陰唇側の小陰唇のヒダのワキ、外側をしっかり舐めてあげます。

小陰唇のヒダの外側は隠れたA級の性感帯です。

首を振りながらクリトリス傍から膣口近辺まで

何度も何度もゆっくり往復舐めます。

舌を動かすよりは首を動かした方が楽に舐めることが出来ます。

舌の角度はいろいろ変えてください。

特に小陰唇の付け根の部分をたっぷり舐めてあげます。

片面の小陰唇の外側を100回、数を数えながら舐めてください。

唾液をたっぷり絡ませて舐めてあげることで益々快感が増します。

|小陰唇の内側舐め

次に小陰唇のヒダの内側も同じように舐め上げます。

ゆっくり繊細に舌先で刺激することが堪らなく快感といいます。

何度もゆっくりクリトリスとバギナ間の小陰唇内面を行ったり来たりします。

外側と同じように小陰唇内側の片面をそれぞれ100回を目途に舐めてください。

この愛撫は女性には極楽の境地になります。

自然とクリトリスやバギナ口、膣前庭の女性の亀頭部に舌が触れてゆきます。

|唾液をたっぷり垂らして舐める

この舌と首が一緒に動いて舌がオマンコを往復するさまを先人は「ハーモニカ」と呼びました。

ペニスの尺八(フェラチオ)に対する呼び名です。

旨いこと言いたものです。

ハーモニカを吹くときいつも唾液が出て大変でしたが

ここを舐め上げる時も唾液ががたくさん出ます。

この時の唾液は女性性器全体をますますしっとりさせて

有益に作用し、快感を増します。

この時大切なポイントは決して強く舐めないことです。

舌先が触れるか触れないくらいの微妙さで

ほんの舌先の部分を使って舐めてゆきます。

何とも言い難いくらいの快楽を生み出すのです。

イメージとしては蛇が舌先で舐める感覚がちょうどいいかもしれません。

|小陰唇愛撫のまとめ

  • 小陰唇はクリと同等の性感帯である
  • 女性は小陰唇をもっと触ってほしいと内心望んでいる
  • 小陰唇愛撫法を極める
  • 小陰唇は敏感で繊細であるからソフトタッチが大切である
  • 指でもソフトに摩るように愛撫する
  • 舌での愛撫は舌先で内側外側をゆっくりそれぞれ100回愛撫する
  • 唾液をたっぷり垂らして舐めてあげる
Digiprove sealCopyright securED by Digiprove © 2014All Rights Reserved
LINEで送る
Pocket
Facebook にシェア