サイト内検索
ブログをメールで購読

蝋燭プレー(蝋燭責め)にトライする!!

ロウソクプレイはロウソク責めともいわれ猟奇的なイメージが漂いますが、一般的に思われているほど難しいものではありません。お互いの興奮を盛り上げ、別の世界にトランスするには、恰好の刺激的な性戯になります。是非一度二人のプレイに取り入れてみることをお勧めしますが、それには正しい知識と準備が必要になります。

蝋燭で火傷しない??

ロウソクプレイは、火をつけた蝋燭から滴り落ちる蝋を女性の体に垂らし、その蝋の熱さで女性をいたぶるプレイです。女性は火傷しないのでしょうか?

人の皮膚は概ね60℃以上の温度で火傷をします。蝋燭プレイで用いるロウソクはそれより融点が低いものを使います。

ロウソクは様々な原料から作られていてそれぞれ溶ける温度が違っています。60℃より高い融点の蝋を女性の体に垂らせば、女性は火傷します。ロウソクプレイで使うロウソクはこの融点の低いものを使っているのです。もしくはベテラン愛好家は温度調整を垂らす高さで行っています。

多くの人はいちいちロウソクの融点などは知りません。従って専門でない我々がロウソクプレイを行う際はSM用の専用低温ロウソクか、ソイワックスを使いましょう。アダルトショップで販売しています。

間違ってもクリスマス用のキャンドルやケーキ用の洋蝋燭、自然派のアロマロウソクなどの融点の分からないロウソクは使用しないでください。女性に大きなダメージを与えます。専門の低温ロウソクなら素人でも安心してプレイに使えます。

和蠟燭と洋蝋燭

SMのベテランは和ロウソクを良く用いますが、和ろうそくは融点(50~55℃)が低いのですが、芯が和紙で燃焼温度(200~250℃)が高く、燃えている芯を女体に落とすと火傷になりますので、マメに芯をカットしなくてはなりません。従って初心者向きではありません。

ただ、和ろうそくは大きく揺らぐ炎が妖艶で、SMプレイのエロチシズムの演出に最高の小道具になります。また消えにくく、原料は100%植物性(ハゼノキの実)でススも少ないのが特徴でが、手作りのために高価です。

洋ロウソクは石油を原料にして、芯は糸です。融点が高く(60~90℃)、SM向きではありません。炎は小さく消えやすく、ススも多く出ます。大量生産が可能で安価です。日ごろ我々が使っているロウソク、例えばケーキなどの蝋燭や墓参りの蝋燭は、ほとんどが洋ロウソクになります。

何故、熱い蝋が快感になる

低温ロウソクと言っても火傷しないだけで女性は熱いと感じます。人の体温は36℃前後とすれば、42、3度あればかなり熱く感じます。(お風呂で42度はかなり熱く感じます) その熱さが交感神経を刺激してアドレナリンを分泌させて女性を興奮させます。

セックスでオーガズムに達するには、交感神経と副交感神経が拮抗状態である必要があります。性的に気分が盛り上げる段階では副交感神経が優位にあることにより、性感神経が覚醒してきますが、興奮が高まると一気に交感神経が活性化して、優位状態が入れ替わってオーガズムに突入します。

この時、交感神経も副交感神経もともにハイレベルな興奮状態であることが、より快感度の高いセックスに繋がります。また、女性は一度オーガズムに達すると男性と違い、興奮状態と性欲はハイレベルな高原状態になって次のオーガズムを向かえ安くなります。

そこでロウソクプレイを、興奮を高める目的と一度オーガズムに達した女性の次のオーガズムの引き金として用います。一度オーガズムに達して女性は、アドレナリによって熱への耐性は強くなっています。

ロウソクプレイでは女性は蝋が肌に触れると熱いと感じ、一挙にアドレナリンが放出されます。M体質の女性はこれによって性的な興奮を高めていきます。熱さが全身に伝わると筋肉は緊張して全身は硬直します。同時に性的な快感が肉体を駆け抜けます。これはスパンキングなどの打たれる刺激と同じ効果になります。

ここでSMプレイに慣れていない女性や嫌悪する女性では、恐怖が先立ってしまい、性的な興奮よりは防衛的な意識が強くなり快感に繋がりません。むしろ回避行動を見せます。大切なことは女性が安心して男性に身をゆだねている状態です。つまり副交感神経も活性状態にあることです。この時初めて高度の興奮と快感が女性に訪れるのです。

無修正動画サイト・カリビアンコムのマンコ図鑑は人気AV女優さんのあそこがじっくり楽しめます。女性の構造の勉強に最適です。

(スポンサーリンク)

従ってロウソクプレイの強制はNGです。M体質のあなたを信頼している女性にのみ行うことが可能です。M女は信頼するご主人様が垂らすロウソクの刺激に特別な快感を覚えます。普通の女性では決して見られない狂喜に近い快感です。これがM女の喜びなのです。愛情を込めてプレイすることが大切です。

蝋燭プレイの難点

ロウソクプレイの注意点は、お部屋を汚さないようにすることと、火の扱いには十分気を付けることです。特に他に火が移らないように細心の注意が必要です。またロウソクは他について乾いてしまうとかなり除去するに大変です。プレイするときは要らないシーツか100円ショップのレジャーシートを下に敷いてください。始末するときにはシートごと捨ててしまいます。ベッドなどに着いたときはアイロンで溶かしたりして雑巾でふき取ります。

また終わった後でお風呂など洗い流さないようにしましょう。排水溝が詰まってしまいとるのに大変です。トレイに流すことも厳禁です。ラブホなどでは賠償させられることも良くありますので注意してください。

ロウソクプレイの実践

ロウソクプレイにまだ慣れていない男性は、慎重に行ってください。まずは赤い低温ロウソクを手に入れて、ラブローションンも同時に買ってください。

プレイは呪縛プレイと組み合わせるのが実に官能的です。縛って目隠しすることで、女性は自由を奪われるなか、思わないところが刺激され、興奮は絶頂に向かいます。

初心者は垂らす場所はお尻や背中、皮下脂肪(乳房)と筋肉(内もも)の多い場所だけに限定してください。最初は背中やお尻などの狭い範囲で実地体験を積んでください。皮膚の弱い場所、目・鼻・口・粘膜は絶対的に避けてください。特に性器・クリトリスは基本的にやめましょう。低温蝋燭でも火傷します。また陰毛などの毛の多い部分は刺激的ですが止めたほうがいいでしょう。乾いた蝋を落とすのが大変になります。

ロウソクプレイではローションの併用をお勧めします。垂らす前にローションをたっぷり塗ることで熱さを軽減できます。それでも女性には強い刺激になります。ローションで皮膚を覆うことで、プレイ後にはがすことが楽になります。

ロウソクプレイの前には用意したロウソクを自分の腕などに垂らしてみて、どのくらいの温度か確認してください。高さもいろいろ変えてみてください。高くなればそれだけ蝋の温度は低くなることが分かります。本番では最初は高い位置から垂らすほうが女子の肌に達するときには、かなり熱は下がっています。次第に高さを低くしていき、最適箇所を探します。女性を気遣いながら、かつ虐めることが、蝋燭責めの難しさであり、楽しさかもしれません。

高い位置から垂らすときは体の範囲に収まるように集中して垂らしてください。また女性の体の同じ個所には集中的に垂らさないようにします。低温火傷の恐れがあります。

蝋燭は大きな蝋燭のほうが蝋も冷めやすいので、出来る限り大きな蝋燭を買いましょう。

蝋燭を真っすぐ垂直に持って、ロウが溜まってきたら斜めにして垂らします。最初、70cmくらいの上から垂らしましょう。またロウソクは常に回して、ロウが解ける部分が歪にならないようにしてください。

蝋燭プレイの後は

女性の体の蝋をはがします。女性の体の細い体毛に絡んだ蝋をはがすのも女性に取っては刺激的です。また鞭打ちのプレイを加えて鞭を打ちながらはがすことで更に加虐効果は高まります。鞭はSM専門のバラ鞭を使うことがいいでしょう。

女性の体から蝋を取り除いたらお風呂で丁寧に洗ってあげてください。SMでは女性を痛さや恐怖で悶えさせた後に、優しさも与えることが大切です。愛情をしっかり伝えることで次のプレイの期待が高まります。

冬場にロウソクプレイを行うときはお部屋を暖めてヒートショックが起きないようにします。またもう一本ロウソクをつけて灯りにすると妖艶な雰囲気が高まって女性のエクスタシーはさらに高まります。ロウソクプレイが盛り上がったときの予備にもなります。お楽しみください。

Digiprove sealCopyright securED by Digiprove © 2016All Rights Reserved