サイト内検索

セックスにおける興奮の2つのスタイル


(スポンサーリンク)

ハッピーメールバナー

業界最大級の会員数を誇る、登録無料の優良コミュニティ「happymail」(18禁)

ハッピーメールはポイント制の会員500万人を誇る20年を超える老舗サイトです。ポイントサイトは、入会後直ぐに出会いが出来て、エッチな出会いにも最適です。(ハッピーメール攻略法はこちら


人の生理現象は自律神経系によって制御され、自律神経は交感神経系と副交感神経系に大別されます。両者はお互いが相反的に働き、片方が一つの生理現象を促進すると片方は抑制的に作用していきます。人の生命活動ではこの2つの神経系がバランスよく働き正常で健康な生命活動や生殖活動を維持していますが、両者のバランスが崩れると病的な症状が現れ正常な生体活動が損なわれます。例えば、胃液の分泌では交感神経が働くと分泌が押さえられ、副交感神経が優位になると胃液は活発に出てきます。生殖行為においてもこの交感神経と副交感神経は相互に牽制し合うように働き、興奮と快感をコントロールしていき質の高いセックスを演出していきますが、年齢や精神・身体の不健康から自立神経のバランスが崩れ、正常で強固な性行為が達成できなくなります。特にシニアの男性は、70代80代まで現役維持を願うなら自律神経のバランスを意識したセックスを心がける必要があります。シニアのセックスライフの楽しみ方について考えてみます。

交感神経と副交感神経の相互作用

おおまかに言えば交感神経は言わば興奮系の神経であり、副交感神経は鎮静系の神経です。人が昼間の活動的な時や危険に遭遇したときには、交感神経が活性化され、肉体的なパフォーマンスを高めるために大量のアドレナリンなどの興奮物質が分泌され、生理活動を活発にします。人が休息睡眠を取る時や心安らいでいる時には、セロトニンオキシトシンなどの幸せホルモンが分泌されて副交感神経が優位になっています。

胃液などが交感神経で抑制されるのは消化よりは危険に対処するために筋肉や知覚神経のパフフォーマンスを優先するためであり、生命維持の一つの仕組みになっています。逆に安全な状況下では副交感神経が活性化され胃液の分泌が促進されて消化を高めていきます。ストレスを受けると食が進まない、胃のモタレなどが起こるのは一種の防衛反応といえます。食事は平和な時間の象徴です。それはセックスも同じです。

交感神経と副交感神経はお互いが牽制しあい程よく働くことで生理現象が健全に保たれます。片方が極端に優位であることは一時的には起こりますが、通常はバランスされて活動しています。例えば一方が優位であっても通常は精々6:4か3:7くらいの比率と思われます。一方が優位な極端な状態は自律神経の失調となり精神や肉体に様々な障害が現れます。

セックスでもこの2つの自律神経は密接に絡み合って、正常な生殖行為をプロデユースしていきますが、これまで述べてきたように勃起は副交感神経によって促進され、射精は交感神経によって引き起こされます。男性は、ストレス状態ではアドレナリン濃度が高まり、勃起は抑制されますが(ストレス性勃起不全)、心が落ち着いた状態で勃起は促進されることは既にご存知の通りです。これは、緊急時では生殖活動は2の次とされていることによる現象です。生命の危機においては血液は脳や筋肉に優先的に回されるからです。朝勃ちは副交感神経が優位になっているくつろいだ状態で起きています。

セックスにおける動的な興奮と静的な興奮

2つの自律神経は、お互い微妙なバランスの上に成り立ちお互いを支え合ってセックスなどの生理現象が正常に行えるように作用しています。片方だけでは一連の性行為は成立せず、また一方が極端に優位なときもセックスを上手く行うことが出来ません。セックスにはこの交感神経による動的な興奮と副交感神経による静的な興奮が上手くバランスして、相互にその役割を随行していく必要があるのです。交感神経による動的な興奮は、アドレナリンや男性ホルモン・テストステロンが強く働き攻撃的で加虐的です。副交感神経による興奮は静的であり、セロトニン、オキシトシンやエストロゲン(女性ホルモン)などに影響された受身的で被虐的な興奮です。この2つの性的な興奮の釣り合いによりその人の性的な嗜好や感性が現れ、そのバランスは年齢やその日の体調や精神状態によって様々な表情を見せてきます。交感神経と副交感神経の均衡が大きく偏ると正常な性的行為が不能になります。例えば、異常な興奮で交感神経が優位すぎると勃起しないまま射精したり、副交感神経が優位すぎると勃起状態が永遠に続き射精できない射精障害などが生じます。

そして最上の快楽は、この両者の微妙な配合で醸し出されてきます。そのバランス比率は、その男性女性の性癖や趣味、年齢や性ホルモンバランスによってまるで違ってきます。破壊的な快楽を生み出す状況は、静的な興奮だけでは生み出すことが不可能であり、異常な動的な興奮のバックアップも必要になってきます。究極の快感を求めて人類は様々なアブノーマルセックスを編み出してきています。異常興奮というスパイスが強烈なオーガズムへと導くのです。

性別と年令による興奮のスタイル

一般的には、性的な行為においては男性は動的な興奮が支配的であり、女性は静的な興奮が主流になっていますが、遺伝的な要素や育った環境やこれまでの体験によっても大きく左右されていきます。女性であっても自ら積極的に動き男性を支配することを好む人がいますし、男性でも女性に主導権を取られることで燃える人と様々です。一般的に、男性ホルモンが優位な状態では、交感神経が活性化されて攻撃的で動的であり興奮も異常に高まりますが、女性ホルモンが優位な状態では男性であっても受身的なセックスを好む傾向が現れます。

この2つの興奮のスタイルは年令によっても大きく変化していきます。10代や20代の男性ではテストステロンが強烈に分泌され、積極的で攻撃的なセックスを行いますが、交感神経が強く働くためにたちまち射精に至る早漏傾向が強く出ます。一方、40代を過ぎた男性はテストステロンの分泌が低下して、やがて交感神経が沈静化、副交感神経が比較的優位になるために、穏やかで受身的なセックスに変化していき、ペニスは持続性が保たれ長時間のセックスが可能になります。年令によって性的な興奮は動的なものからから静的な興奮に変化していくのです。若いときは情熱的で激しいセックスになりますが、短時間です。所謂早漏です。年齢を重ねると穏やかでお互いの感触を長時間楽しむセックスに変化していきます。そして年齢が進みこの動的な興奮と静的な興奮のバランスが大きく崩れると勃起不全に至ります。

年齢別の興奮のコントロール

上記の興奮が変化していく状況は自然の流れです。多くの男性は年齢とともに生殖能力と共にセックスに自信がなくなりやがて性への興味を失っていきます。若いときには逆に余りに興奮が動的過ぎるために乱暴で性急なセックスとなっていき、女性に拒絶されてしまうという現象が起こってしまいます。女性が喜んで受け入れてくれる秀悦なセックスができる年齢は40~50代前半の極めて短い時間かもしれません。セックス力の低下は、性的な鍛錬や精神的な修養を怠ったときに陥る多くの男性に見られる一般的な傾向ですが、この性典の読者は長きに渡って女性を幸福にする使命を持っています。きっちりそれぞれの年齢に即したセックス活性化法を実行することで最高のセックスライフを70代80代の高齢となっても充実の中で過ごすことが出来るのです。交感神経と副交感神経のコントロールが一つの肝になります。

10~30代前半の興奮のコントロール

セックスの経験が浅い若年時は、どうして交感神経が昂ぶり性的な興奮が全身を支配してしまい、女性の中にペニスを入れて射精することだけに夢中になります。一種の異常な興奮状態が続いています。それを受け止める女性は、若者とのセックスで性的満足を得ることはほとんどなく、やがてセックスを嫌悪するか、その男性から離れていく事となってしまいます。すると男性は数少ないセックスの機会を失い、風俗やマスタベーションに耽ける日々を送ることになりますが、この事態を避けるには自己の性欲の暴走を抑制し、女性にとって快楽に満ちた幸福な時間を演出していくことが大切になります。多くの男性が女性から別れを告げられる原因は女性が満足することのない一方的で下手なセックスです。多くの女性は別れたい理由はセックスであることを男性に告げることはないことを認識することが大切です。若い時は、お金も男性としての魅力もまだ不充分です。自らの性欲を満たすだけの身勝手なセックスに専念することではなく、女性を如何に満足させるかに主眼をおいたほうが結果はまるで違ってきます。1人の女性をしっかり夢中にさせることで余裕が生まれ、次の女性も簡単に確保することになります。

そのためにはどうすればいいかですが、セックスに臨むに当たり出来る限り交感神経を押さえて副交感神経主体のセックスを行います。男性が

簡単に言えば、射精だけに主眼をおいた興奮しすぎるセックスから早く卒業することです。副交感神経の活性に非常に有効な手段は、腹式呼吸による瞑想です。日々の生活やデートの前に瞑想することをお勧めします。また、セックス時、興奮が高まり射精感が強まった時にも腹式呼吸は副交感神経を活性化してくれ、ペニスは長持ちします。詳しくは以下を御覧ください。


カリビアン マンコ図鑑

無修正動画サイト・カリビアンコムのマンコ図鑑は人気AV女優さんのあそこがじっくり楽しめます。一生懸命、女性を勉強している男子の女性器の構造の研究に最適です。

性の鍛錬・瞑想法
瞑想をとりいれることによって男としての魅力をセックスと心の面で強化し、女性はオーガズム体質に変貌することが出来ます。具体的には瞑想によってペニスの勃起力が強まり、ペニスに持続力が出来、長持ちします。安定した精神状態を維持することができ、女性にとって魅力的な男性に変貌出来ます。そして女性は頻繁にオーガズムを向かえることができるようになります。瞑想は呼吸法と深いかかわりもち、いわば同類の副交感神経活性法になります。呼吸法の章も合わせてお読みください。1.瞑想による男性力の向上瞑想は興奮を目指すセ...
悪魔の性典

性欲だけの異常な興奮は高揚感と幸福感を一気に高めてくれますが、出してしまえば虚しさに襲われるだけです。女性もやがて男性がやるだけが目的と見抜いてしまい離れていくことになります。女性を如何に満足させるかに軸足おいて、未熟なセックスを磨くことがこの年代は大切になります。

交感神経が興奮することでペニスも非常に敏感になっていき、早漏の要因となっています。この異常な神経の興奮をアルコールで麻痺させることも若い時には有効です。テストステロンが活発に分泌されている若いときにしか使えませんが、酔った状態でのセックスはペニスの感覚を鈍らせて長時間勃起を維持させることが出来ます。ただし30代後半から逆に作用しますので注意が必要です。テストステロンが減少して勃起力が弱まった年代では感覚麻痺は勃起を阻害してしまい性交不能になってしまいます。また「リドカイン」でペニスの性感帯を麻痺させる手段も若いときにはかなり効果がありますが、年配の人はペニスの感覚がなくなり逆効果ですのでご注意ください。

若い時は余り興奮しすぎないことがポイントになります。AVや妄想で興奮が高まった状態でセックスに臨むと交感神経が先行して勃起維持できずすぐに射精に至ります。これは若いときにはセックスのチャンスにあまり恵まれないことが一つの原因となっています。セックス出来ないから妄想やAVに夢中になってしまう。そしていざ本番ではセックスが上手く出来ないの悪循環です。これの悪循環を打ち切るには1人いつでもセックスできる彼女を確保することが大切になります。1人セフレがいるだけで精神的な焦りも消えて副交感神経も活性化されて安定的なセックスが可能になります。

30代後半~50代にかけての性的な興奮のコントロール

この年代は、男が一番仕事や社会で充実し、射精のコントロールも巧みに出来るようになり、本来ならセックスも安定していきますが、また同時に性的な問題も多分に起きてきます。会社や家庭を背負うプレッシャーからストレスホルモン・コルチゾールが大量に分泌され、交感神経の興奮状態が継続し続け、副交感神経が押さえられよくあるケースは勃起不全です。バイアグラなどで問題を解決しても一時的なものであり、根本的な解決となっていきません。交感神経が優位な動的な興奮を日常的に抑えることが大切です。このような日々仕事で大きなストレスを受けている男性たちは、仕事をし過ぎない、周囲に気を使いすぎない、物事をくよくよ考えない、即ち、日常や気持ちに遊び心をいつも取り込むことが大切になります。リラックスするための時間を充分に確保して副交感神経を活性化してください。瞑想や散策、自分が好きな趣味などを日常に積極的に取り入れてください。

また、テストステロンも衰えていく時期でこれによって男性としての気力や体力も失っていき始める時期でもあります。積極的に筋トレや運動を取り込んで男性ホルモンの分泌を高めることも必要です。一番の媚薬は浮気ですが、この時期本気の恋に取り憑かれてしまう危険な年代でもありますので、本気だけは避けましょう。ただ、妻以外の別の女との火遊びほど男としての活力と精神をを取り戻せる妙薬はありません。同じ女性とのセックスがやむを得ない時にはこれまでにないSMなどのアブノーマルなセックスも取り入れていくこともいいでしょう。これらは交感神経を高揚させますが、仕事や家庭でのストレスとは違う健全な心の汗をかかせてくれて自律神経を整えてくれます。精神的な異常な状態を別の異常を噛ませることで調整します。性的な動的興奮が高まりバランスを取り戻します。毒には毒を持って制するの一例です。

50代以降の興奮のマネージメント

50代後半になると多くの男性はセックス能力が衰退し、セックスに対する関心も失っていきます。「もう年!」という言葉に納得し、年取ってのセックスは恥ずかしいとも考えています。しかし、セックスへの興味を失うことは生きる意義をなくすことと同じです、何故なら、生きとし生けるものの使命は生殖が本来であるからです。生殖が出来ないなら生きる意味はないのです。少なくともセックスに対する興味だけは持ち続けることが肝心です。

50代後半からの性的な性的能力を維持、または回復を図るにバイアグラや回春サプリなどに頼るだけでは不充分になります。あくまでの自分自身の精力があって始めてこれらのサプリを補助として使うべきなのです。薬はやがて身体が慣れていき、効果が薄れていくものです。性的な地力維持が大切なのです。高齢者では男性ホルモンテストステロンの分泌と動的な興奮が重要な鍵となります。テストステロンを自ら体内で生成する力維持し続けるためには、筋肉トレーニングが有効であり、日頃から運動を欠かさないようにします。更に自分よりずっと若い魅力的な女性と日常的に接することもテストステロンの分泌を高めてくれます。

そして特に重要なことは、意識的に交感神経を刺激して動的な興奮を高める行動を取ることです。これまで体験したことのない新しいことに挑戦したり、未知の地を訪ねたり、なにか冒険することが大事になります。青年期のスリル感と感動を呼び起こすことで、テストステロンが活性化されていきます。

性的な面で、時にまともではない行為や体験に積極的にトライして、交感神経を異常に興奮させてみてください。アブノーマルな性的な行為を行ったり、刺激的な場面に接していきましょう。勿論、合法的な範囲で行います。例えば、これまでに余り行ったことのない体位で合体したり、人のこない野外でセックスするとか、SMプレーや大人の玩具を探求したり、AVのある分野や女優を追いかけたりとこれまで経験したことのないセックスは多いはずです。一番の効果は新しい女性と付き合って様々なセックスを体験することです。

年を重ねるにつれて次第に精神的に安定し、感情が大きく揺れ動くことがなくなるものです。日常の変化や変動を回避して落ち着いた日常が続くことは幸福なことですが、平和な日々は副交感神経が優位になって、交感神経は首を引っ込めていきます。その結果、勃起や射精力が低下していき、やがてペニスは無反応となるでしょう。この年代では、敢えて自らに強烈な刺激を与え、交感神経を呼び覚まし、活性化していかなくてはなりません。それでようやく動的な興奮と静的な興奮が両立し、セックス力も回復されるのです。

まとめ

女性をトコトン喜ばすセックスするためには、それぞれの年代においての興奮をマネージメントする必要があります。性的な興奮には交感神経が活性化される動的な興奮と副交感神経が活性化される静的な興奮があり、両者のバランスを上手く取ることが重要です。若いときには、動的な興奮が先行してしまい、持続的なセックスが出来ません。中年期には、交感神経が働きずくめで副交感神経が不活性となり、勃起不全に至ります。老年期には、逆にテストステロン不足から動的な興奮がなかなか起きにくい状態となります。

青年期には、できるだけ先走る興奮を押さえ、中年期には緊張や不安感を取り除き、老年期には出来る限り刺激的な場面に遭遇し、興奮を高めるように務めて、動的な興奮と静的な興奮、即ち自律神経が正常に働くように積極的なマネージメントを行うことが大切です。

(スポンサーリンク)
無修正・美女だけのアダルト動画サイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする