サイト内検索

セックスと恋愛と結婚は別なのか??


(スポンサーリンク)

ハッピーメールバナー

業界最大級の会員数を誇る、登録無料の優良コミュニティ「happymail」(18禁)

ハッピーメールはポイント制の会員500万人を誇る20年を超える老舗サイトです。ポイントサイトは、入会後直ぐに出会いが出来て、エッチな出会いにも最適です。


久しぶりに記事を投稿します。

新たなビジネスを始めた関係で2年ほど時間が取れず、また脳内がビジネスモードで一杯で

記事の作成に集中できませんでした。

少し、新たなビジネスも落ち着き、少し時間も出来きてきたのでまたセックスについて

時間のゆるす限り綴ります。

今回は、セックスと恋愛と結婚についての関係を考察したいと思います。

既婚女性でセックスについて悩んでいる方が多いようです。

そんな方に少し考え方を変えることをお勧めしています。

結婚と恋愛は別!

とはよく聞きますが、

僕は

恋愛とセックスは全く別である!

そして

結婚とセックスは別である!

とも考えています。

これによって少しは悩みの解決になるかもしれません。


(スポンサーリンク)


恋愛のハッピーエンドは結婚という嘘の設定!!

一般的に熱烈な恋愛の果に、最後は男女が結ばれ幸せな結婚生活を送るという物語は

古今東西から普遍であり人間社会の一つのお決まり法則のようになっています。

白馬の王子様がいつか自分を迎えに来てくれて幸せにしてくれるラブロマンスは

若い女性が子供の頃から夢みてきて、結婚は女性にとって最大の目標であり、

幸せの極みとされています。

殆どの恋愛小説や恋愛映画はこの基本的古典的物語を骨格として組み立てられ

表現を変えて時代を超えて何度も何度も繰り返されています。

結婚式に出席するたびにこの女の子の幸せストリーと感動の涙を見せつけられ

これに耐えている新郎にはその都度同情しています。

勿論、結婚式で展開されている茶番劇は人生の先輩である出席者たちの多くは充分に承知し、

意義を唱えることなく物語の進行に付き合っています。

人間社会に全体を上手くまとめ上げるには、虚構的な儀式も時には止む得ないことを

よく知ってるからでしょう。

恋愛と結婚は別!やがて分かるとき

愛こそすべて、恋こそすべて教の女子信徒たちは、結婚生活の日々を過ごすうちにやがて

気づき実感していきます。

愛はもう感じない!

自分の旦那は決して王子様ではない!!

と。

一緒に生活することは

その相手の生活そのもので、

生きる行為そのものを目の当たりにすることであり

理想とはかけ離れた相手の実態と向き合うことになります。

どんな美男子も、恥部や汚れた部分は持っています。

そして、その感情や生活行動は決して格好いいものでもありません。

やがて生活に追われ、子育て、お金を稼ぐことに精一杯となり

恋愛的な心情は吹き飛んでいきます。

そう女達はようやく気づきます。

恋愛と結婚は別次元だ!

と。

しかし、男たちはとうの昔からこの事実はなんとなくですが、

知っていました。

何故なら、男の生の目的は、

一人の女との穏やかで幸福な生活ではなく、

射精の快楽を満喫しながら

様々な女達に自分の遺伝子をばらまき、

多くの子孫を残すかにあるからです。

男の夢は多くの女といつでも自由にセックスできる

ハーレームの構築です。

そのために努力も冒険もしていきます。

男たちにとって結婚生活、子育ては極めて退屈で詰まらない地獄そのものです。

やがて男たちは、なかなか帰宅せずに飲み歩いたり

ギャンブルに熱中し、風俗に通い、時には外部にセフレを作って

家庭にセックスは持ち込まない!

と豪語します。

結婚とセックスも別になっていく

女達もやがて気づいていき、諦めていきます。

しっかり夫は自分を愛してくれない!

セックスしてくれない!

夫は自分にもはや興味がない!

ことを。

あれ程夢見た結婚生活は、愛と快感に満ちた生活ではなかったのです。

もはや結婚には愛もセックスも期待できないのです。

女達は子育てや生活に追われてやがて40を過ぎ、閉経も近づき

一種の焦りを覚えます。

セックスを諦める女達と追い求める女達

このとき、主婦たちは多くの場合、2つの選択をしていきます。

夫の性の快楽を諦めて、子育てや仕事、もしくは趣味に没頭するか、

もしくは快楽は諦めきれないが、夫には性の快楽を求めず、

結婚を維持して他の手段で快楽を得ていくか。

そこでも2つの生き方が模索されます。

他の男性を外に求めるか、または自分で自分を慰めることで性的欲望を抑え込むかです。

勿論、性的な不適合で離婚するカップル多くいます。

離婚理由の筆頭である性格の不一致は、格を抜いて考えたほうがいいようです。

つまり、性の不一致です。

オナニーで性を満たす女達

先に書いたように、性の快感を諦めない女性たちの多くは

オナニーで自分満たしています。

新たな出会いを求める恐怖心や幼少から受けた親から性への歪んだ教育から

せめてオナニー位は許されると自慰に走ります。

道徳感の強いすぎる女性はオナニーにすら罪悪感を覚えますが・・・。

今や性玩具を求めることは通販のネットの発達で実に容易になり

人目も気にすることがなくなっています。

バイブや電マ、ローターや潤滑剤などが開発され、

高性能になっています。

下手の男よりはよほど多くの快感を楽しめます。

男たちのセックステクニックの低下も女性たちが

オナニーに没頭する要因の一つです。

我々男性にも大きな責任があります。

男たちはセックステクニックを磨き、

まずはセックスでのオーガズムの素晴らしさをこの寂しき女達に

教えなくてはなりません。

同時に、歪んだ性への偏見から解き放ち、

女性として悦びの真実に目覚めさせてあげなくてはなりません。

この性典はそのための指導書です。

婚外でセックスを求める女達

そして近年は様々な性の情報や通信手段の発達で、

女達は性欲を抑え込むことを次第にしなくなりつつあります。

夫以外の男性に欲望のはけ口を求める女性もおおくなりました。

仕事先や出会いサイト、SNSを介して、

女達には他の男と知り合うチャンスが多く生まれています。

以前快楽の追求は不道徳とされ、

じっとがまんしていた性欲を積極的に開放しようとしています。

今や女の性欲は野に放たれたのです。

我々悪魔族の男たちにとって願ってもないことになってきています。

しかし、ここで大きな問題が生じてきています。

人妻たちの性欲は上昇し、それを満足させんと行動する女達が増えた一方、

その欲望を汲み取り満たすことの出来る男たちの減少です。

風俗やお手軽にSNSなどで性の処理が出来るこの時代、

技術を磨き手間ひまかけて女達を喜ばせたいという悪魔族が大幅に減っているのです。

女性の欲求を理解し、それを満たすことは面倒で手間隙かかることですが、

オーガズムを与えた時の悦びを放棄しているのです。

世の多くの男達は。

それには男たちの男性ホルモン・テストステロンの減少に一因はあると言われています。

男性ホルモンの減少で男たちは性欲が低下し、

性に興味をそれほど持たなくなってきているのです。

それとは逆に女達のテストステロンの値は年々上昇し

ますます性欲が強まってきています。

性に満たされない女達へ

さてここで、夫や恋人とのセックスに満足できない女性たちへの提案です。

これまで書いてきたように、恋や結婚とセックスの悦びは必ずしも同調しません。

むしろ、性的に満たされた恋愛や結婚は少数派であるように思えます。

このサイトにも、

オーガズムをまだ体験したことがないという40歳過ぎた女性たちからの相談を

時々いただきます。

お答えすることへはいつも同じです。

結婚と恋愛が同じでないように、

恋愛とセックスは別です。

結婚とセックスは別です。

と応えます。

特に40過ぎた女性たちは

子供の頃から受けた性的な倫理観に苛まれて、性の悦びに満たされないまま喘いでいます。

このまま一生オーガズム知らずに死にたくない!!

心の叫びです。

ここでそんな女性たちが取るべき行動は唯一つです。

性の悦びを夫や恋人以外に求めると思い切ることです。

恋愛関係や婚姻関係は維持したまま、秘密の恋愛をすることです。

自分だけの秘密にし、相手の男性にもそれを求めます。

なかなか出会いが難しいという女性も多いと思いますが、

悩んでいても解決しないのも現実です。

偶々出会った恋人や夫が精神的にも性的にも同時満させてくれることはない!

それはよくあること!

と割り切るか、

それともその男性と別れて新たな可能性を求めるかはあなた次第かもしれません。

性の喜びを体験する大切さ

性の喜びを肉体で心ゆくまで味わい尽くすことは、

本当の生きる意味を教えてくれるような気がします。

何事にも変え難い充実感と満たされた幸福感がそこにあります。

しかし、すべては刹那の出来事です。

幻です。

しかし。生きること自体刹那であり、幻想です。

もともとは夢幻であるのですが、

真実の喜びにも時には出会います。

女達よ、ずるく要領よく快楽的に生きてください。

決して人に迷惑かけることない自分の喜びの世界を作ってください。

男を大いに欺き続けながら、

自分の身体を楽しんでください。

生きることは悦ぶことです。

(スポンサーリンク)
無修正・美女だけのアダルト動画サイト

(スポンサーリンク)
SEXは出会いから始まるハッピーメールバナー
*ポイント制人気出会いサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする