バギナ(膣)壁

サイト内検索

バギナは収縮自在の平滑筋組織です。

我々のペニスサイズから出産時の赤ちゃんの頭のサイズまで

その大きさを変えていく柔軟な不随な筋肉組織です。

その組織は腸とおなじ組織構造をしています。


(スポンサーリンク)

ハッピーメールバナー

業界最大級の会員数を誇る、登録無料の優良コミュニティ「happymail」(18禁)

ハッピーメールはポイント制の会員500万人を誇る20年を超える老舗サイトです。ポイントサイトは、入会後直ぐに出会いが出来て、エッチな出会いにも最適です。(ハッピーメール攻略法はこちら


バギナ内部の壁面組織

バギナの入口の筋肉組織から更に奥に指を入れていくと

洞窟の空間のような状態になっています。

この空間こそ我々の哀れな息子たちを優しく包み込み

極楽の境地を味わさせてくれる宇宙なのです。

バギナ壁は筒状の腸などと同じ平滑筋で出来ており

意志では動かせない不随意筋です。

内壁は粘膜組織で口の中の粘膜組織と同じですが、

膣壁はひだ状になっておりその裏に筋肉組織が続いています。

バギナの収縮運動

なかにはバギナを自由自在に縮めたりして

男性のペニスに圧力をかけて快感を呼び起こす女性も存在しますが、

これはバギナ入口に近いPC筋などの訓練によるものです。

基本的には意志では自由に動かせない組織です。

性交時、反射的に起こるバギナ収縮もあります。

ペニスを挿入した時に起こる膣海綿体筋反射です。

またオーガズムに近づいた女性のバギナが膨らむ現象も

あることはご存知でしょうか?

粗まん現象、もしくはバルーン現象と言われるバギナの反射作用です。

ある特殊な女性では快感とともにバギナの壁面が

まるで生き物のように収縮運動を行い

ペニスに強烈な快感を呼び起こすことがあるそうです。

相手の男性はほとんど瞬時に射精してしまい、

女性がオーガズムに達する前に果てるそうです。

男性にとっては極上のバギナの持ち主ですが

その女性は普通の男性ではオーガズムを体験できないと言います。

これは膣痙攣の一つとされています。

バギナの快感の源泉・迷走神経

バギナ壁には本来触覚神経はなく、

バギナ部分では女性は愛撫による快感を得ることはないとよく言われますが、

バギナ壁の深部の筋肉組織は圧力や振動で性的な反応が強く起こります。

またバギナの奥の部分は実は子宮や子宮頸、乳首と一緒で脳から迷走神経が走っています。

迷走神経は脳に直結する副交感神経の一つです。

この神経経路によって通常の性感とは別の仕組みでバギナオーガズムに至ります。

クリトリスなどは脊髄神経系によって支配されています。

オーガズムのメカニズム 参照)

バギナ壁表面は直接的には感じませんが、

開発することによりその深部にある筋肉組織そのものと迷走神経の競演が起こります。

バギナ全体がまるでひとつの共鳴する楽器のように快楽が響き渡ります。

女性のバギナ開発は指を挿入して特定の個所に時間をかけて刺激を与えます。

またペニスをしっかり挿入してバギナ壁をぐりぐりと特定の場所を集中的に

愛撫していくことも効果的です。

両者とも現在どこを刺激しているのか認識しながら

また女性の反応も観察しながら行ってください。

膣壁上部はGスポットが存在しますが、

この性感帯はまた特殊な仕組みでオーガズムを起こします。

バギナオーガズムとGスポットオーガズムは基本的には違う現象です。

バギナ壁と愛液

またバギナ壁は性的な興奮により毛細血管に血液が流れ込み

粘液とリンパ液を瞬時に滲みださせます。

愛液と呼ばれるものです。

この分泌液は潤滑油としてセックスには不可欠ですが、

PHは酸性で細菌やウイルスの侵入を防ぐ役割も担っています。

更に粘液のその匂いはオスの興奮度合いを拡大させますが、

酸性で生きられない精子そのものの選別にも大きく関わっています。

膣壁のまとめ

  • バギナの組織は腸と同じ平滑筋であり自由には動かせない
  • バギナは形や大きさを様々に変えることが出来る収縮性がある
  • バギナの壁面からは愛液が染み出る
  • バギナは開発でバギナオーガズムへ至る
  • バギナオーガズムはGスポットオーガズムとは別個の現象
  • ある特殊な女性は膣けいれんを起こし男性にとっては最高の名器となる

(スポンサーリンク)
無修正・美女だけのアダルト動画サイト


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする