サイト内検索
ブログをメールで購読

勃起改善は筋肉と血管強化でペニスへ充分な血液を送り込め!

1.勃起力アップの筋肉強化

体の血液は主に心臓の収縮運動によって体内に送り込まれますが、

体の筋肉も血液の循環に大いに関わっています。

筋肉は収縮し、血流運動の補助を行っています。

特に重要な筋肉は下半身の筋肉です。

下半身の筋肉は体の大凡3分の2を占めています。

なかでもふくらはぎは第二の心臓と言われ、血液循環のポンプ役を担っています。

下半身の筋肉強化は全身の血流を促進するだけではなく、

ペニスへの血液供給において極めて重要になってきます。

下半身の筋肉強化することはペニスの勃起力を高めてくれます。

逆に下半身の筋力の衰えはペニスの勃起力の衰えにもつながります。

下半身の筋肉強化でペニスに力強く血液を流し込みましょう。

筋肉のトレーニングはまた、男性ホルモン・テストステロンの分泌も促進してくれ、

勃起と性欲も増幅してくれ2重の効果が期待できます。

|インターバルウォーキング法による下半身の強化法

下半身の強化法は下記ページで述べています。

勃起力を高める為の下半身強化法のご紹介します。セックスでも運動でも基本は下半身にあります。日ごろの強化によって精力アップに繋がってゆきます。勿論健...

スクワット強化法や相撲の四股などがお勧めですが、

筆者が行っている鍛錬はウォーキングによる下半身強化です。

日常生活で歩く機会の多い人は、普段の歩きの中で下半身の鍛錬を行います。

車社会の田舎で暮らす余り歩くことのない人は

1日の中で30分~40分の散歩時間を設けてください。

やり方は簡単です。

3分全速で歩いたら3分ゆっくり歩くのです。

これを5セット程行います。

出勤や買い物のついでに行っても構いません。

この全力速足で歩いてまたゆっくり歩くインターバール歩行が大切になります。

一度に30分の時間が取れなくてもちょっとした時間を活用して積み重ねても有効です。

特に階段などは出来る限り歩くようにすると効果は絶大です。

都会の人は駅まで歩いたり地下鉄などの階段を上がるチャンスは沢山あります。

出来る限り日々の生活にインターバル歩行を取り込めば無理なく下半身の強化ができます。

このインターバル歩行は筋力を高めるとともに

筋肉細胞にあるエネルギーを生産するミトコンドリアの数を

大幅に増加させてくれます。

無修正動画サイト・カリビアンコムのマンコ図鑑は人気AV女優さんのあそこがじっくり楽しめます。女性の構造の勉強に最適です。

(スポンサーリンク)

ミトコンドリアは年齢とともに細胞にある数量が減じていきます。

体力とはある意味ではこのミトコンドリアの存在数を意味します。

ミドルエイジの人たちはミトコンドリアが増加することで

疲れ知らずの活力ある体を取り戻せます。

長時間のセックスでも息切れすることがなくなります。

勿論、このインターバルウォキングはダイエットにも効果的で

メタボ対策にもなること請け合いです。

インターバル歩行は血液の流れを活発にして体力を増強できる有効なメソッドです。

ジョギングやマラソンンのようなハードなトレーニングは必要ありません。

逆に余り激しい運動は活性酸素を生産して体の酸化、老化を早めます。

血液が体中スムーズに循環することは気持ちも高揚させてくれ、気力を高めてくれます。

楽天的に生きることも元気で長生きするには大切な要素です。

|上半身の筋肉強化

ジムなどでのストイックな上半身の筋トレは余り必要ありませんが、

散歩の途中で公園などで鉄棒やベンチを使って上半身強化を行ってください。

全体の3分の1を占める上半身の筋肉強化は血液の流れを大いに補助します。

腕立て伏せや腹筋運動、懸垂(出来ない人は低い鉄棒に脚を前に出してぶら下がって体を引き上げる運動)

などをそれぞれ10~20回程度行いましょう。

それぞれの人に会った回数でいいでしょう。

胸や腕、腹筋のトレーニングはテストステロンを活性化してくれ、

男性らしい体と気持ちを高めてくれます。

女性は特に胸をはった堂々とした男の姿に弱いものです。

もう年だからと言って猫背姿では女性を惹きつけることはできません。

しっかり背筋が伸びた迫力ある姿で女性を口説きましょう。

また、セックスの際には女性を思い通りに転がすにはある程度筋力が必要です。

色々な体位を取るにも全身の筋力は必要です。

セックスの後に筋肉痛などは恥と考えてください。

女性はいつまでも若々しく引き締まった体の男性が好みであることも勿論です。

これらの筋肉強化はマッチョな身体を作ることが目的ではありません。

筋肉量を増やして血液、リンパ液の循環を順調にして

体の内部から精力を湧き上がらせてペニスの力を高めることを目指します。

ただし、毎日少しでもいいので続けることが大切です。

Digiprove sealCopyright securED by Digiprove © 2017All Rights Reserved