サイト内検索
ブログをメールで購読

ED治療薬の二次効果

勃起障害に悩める多くの男性たちの救世主となった

バイアグラレビトラシアリスなどのED治療薬に

思いがけない二次効果が報告されています。

ただ勃起させるだけではなく、

実は男性力を取り戻し、健康効果が期待できるというのです。

テストステロンの増加

テストステロンが低位でかつEDに悩む複数の男性バイアグラを、

継続的に服用してもらった臨床実験です。

毎週末1錠のバイアグラを半年間飲んでもらった後に、

唾液中の活性テストステロンの値を測定すると、

どの男性も服用前のテストステロン濃度の倍以上に値を示したそうです。

そもそもバイアグラなどのED治療薬はテストステロンが低位の人には効果がないと言われていましたが、

継続的な服用で男性ホルモンが回復して、

男性能力の根本を改善することが出来るのです。

酸化ストレスの低減

またこのとき酸化ストレスによるダメージも同時に測定されています。

それによりますとこれも画期的な改善がなされ、

DNAのダメージ度はおおよそ3分の1に減っていました。

酸化ストレスはこれこそ男性のEDの根本原因となる要素です。

酸化ストレスによって男性ホルモンの分泌が減少します。

酸化ストレスの低減は男性ホルモンの活性化に繋がります。

ED改善薬は回春薬?

これらの臨床報告からはED治療薬は根本的なアンチエイジーグ剤としての期待が持てます。

無修正動画サイト・カリビアンコムのマンコ図鑑は人気AV女優さんのあそこがじっくり楽しめます。女性の構造の勉強に最適です。

(スポンサーリンク)

ED治療薬は血管の拡張を維持継続させて、勃起力を高めるだけではなく、

血管拡張によって血流と血管そのものを改善して、

酸化ストレスを減らし、更には男性ホルモンの分泌まで活発にしてくれるのです。

勃起不全で悩んでいるシニアの方には勃起だけではなく健康そのものも改善できることが

期待できます。

是非前向きに検討されてはいかがでしょうか?

この効果はシリアスでも同じ効果が期待できると報告されています。

シリアスは36時間有効です。

毎週末はシリアスを1錠飲んでエキサイティングに過ごすのもアンチエージングには効果ありです。

テストステロンを増加させて、エネレギッシュに活動することで

女たちも寄ってくるはずです。

久しぶりに毎朝朝立ちすると男の自信が蘇ります。

36時間有効が次第に1週間常習的に勃起するようになってきます。

また勃起はそれなりの刺激を受けて起こるのでご安心ください。

ただし、あまり大量の服用は避けたほうがいいようです。

少なめに継続的にお飲みください。