サイト内検索
ブログをメールで購読

精力剤

精力剤を知ることは男性にとって人生を有意義に過ごす為に

大きな鍵となる存在です。

精力剤はセックス能力を高める作用を持つものの総称です。

その魔力を信じるか信じないかによってセックスの楽しみがまるで変わってきます。

精力剤なるものは一概に捉えることは出来ません。

せめて精力剤とは何を意味して概ねの作用くらいは

識として持っておいた方がいいでしょう。

|精力剤

精力剤の言葉は日常的に幅広く我々使用していますが、

ここでは精力を高めてくれるもの、実際に性機能を改善してくれるものとして

紹介してみます。

精力剤はその成分や仕組みによって大きく分けて3つに分類出来ます。

  1. 勃起改善系
  2. ホルモン剤系
  3. 滋養強壮系です

になります。

|勃起改善系(ED治療薬)

これはバイアグラレビトラシアリスなどのED治療薬として有名です。

この作用は基本的には一緒です。

ペニスは性的刺激を受けると、脳から神経を介してNO(一酸化窒素)が放出され、

ペニスのなかでcGMP(血管拡張剤)が増加しますが、性的興奮がひととり安定してくると

血管拡張剤を分解する酵素(ホスホジエステラーゼ5番)が分泌されてペニスが収縮します。

この分解酵素の分泌を阻害するのがED治療薬のバイアグラ、レビトラ、シアリスになります。

つまり直接ペニスを勃起させるのではなくペニスが萎えるのを阻害しているという間接的な

作用になります。

(参照:ED治療薬)

また勃起改善薬ではヨヒンビンが有名ですが、

これも間接的な効果によって勃起を支援する医薬品です。

勃起は簡単に言えば勃起を促す副交感神経と収縮を支持するブレーキ役の

交感神経の交互作用ですが、ヨヒンビンは性的な神経中枢に働いて

交感神経の作用を抑制します。

即ちしぼむという神経指令を抑制することで勃起を間接的に維持することになります。

これらのED改善薬は萎える、しぼむ作用を妨げることで勃起を維持する薬ですが、

性欲を中枢を刺激する催淫剤や性欲増進剤ではないことに注意が必要です。

これらの治療薬には勃起するためにはそれなりの性欲が必要であり、

性欲や精力を改善するのは

ホルモン剤系(強精系)や強壮系の薬になります。

ホルモン剤系

そもそも性欲不足や勃起不全、不感症などは年齢を重ねることや

ストレスなどによる性ホルモンの不足によることが根本にあります。

そこで男性ホルモンテストステロンや女性ホルモンのエストロゲンなどを外部から

補給することで改善を図ります。

即効性があります。

ホルモン治療は「精力増強」「ED(勃起不全)改善」「早漏改善」「ペニス増大」

冷感症や不感症、更年期障害による性交痛改善などの効果が期待でき

無修正動画サイト・カリビアンコムのマンコ図鑑は人気AV女優さんのあそこがじっくり楽しめます。女性の構造の勉強に最適です。

(スポンサーリンク)

最近では多くの商品名で精力補強剤が販売されています。

しかし、ホルモン剤系は効果抜群なのですが、その副作用も多く指摘されていて、

若い年齢層が積極的に恒常的に服用することはあまりお勧めできません。

常用は避けて改善までの治療薬として使用することが大切です。

局部に直接塗るタイプと服用タイプがあります。

ホルモン系の精力剤は女性にも効果抜群で

性感・性欲の向上に期待できます。

使い方次第では快楽の境地を味わうことができます。

滋養強壮系

いわゆる和漢薬、漢方薬、民間伝承、海外のハーブや民族的な伝承による生薬などで

強精をはかって行く治療になります。

根本的な体力や健康の増強によって根本的な精力を高めていこうとする考え方で

即効性はないものと考えたほうがいいようです。

じわじわと効いてくると考えたほうが無難です。

これらは病気を直接治すのではなく、病人を治すという東洋医学の思想に基づきます。

しかし、各種生薬の組合せによっては画期的な効能を示すものもあり、

人によっては絶対的に効能を信じている人も多くいます。

中国の漢方系の精力剤はその姿形や性質、部位によって連想的に効能を

うたっています。

つまり、ペニスやバギナに似ている動植物や精液のような粘りのある食べ物、

動物などのペニス睾丸などが性に効果的としていますが

ある意味ではこじつけや思い込み要素も多分にあるので

そのままの効能を100%信じ込まないようにしてください。

ある意味ではプラシボ効果によることが多いかも知れません。

しかし中国3000年の歴史と

古今東西の人類の知恵とも言うべきものもありますので冷静に見極めましょう。

体験的な判断が大切です。

主に

  1. 植物系
  2. 動物系
  3. 鉱物系

に分けることが出来ます。

植物系では朝鮮ニンジンや冬虫夏草、クコノミ、ガラナなどがあげられます。

動物系ではマムシやウミヘビ、スッポン、オットセイのペニスなどがあげられます。

これらは生薬系ですので、基本的には副作用の心配はありませんが、

ED治療薬のように効果は一律ではないことを前提にする必要があります。

特に中国では歴代の皇帝の性に対する執念から多くの精力剤が開発されていますが、

偽物の多い国です。

購入には注意が必要です。

即効性の漢方には内緒でED治療薬やホルモン剤が入っていることも多いので注意ください。

精力増強を行う場合は基本的にこの強壮剤系による体質改善と性の鍛錬での

時間をかけた基礎精力増強をお勧めします。

|精力剤のまとめ

  • 男性のセックスの力を高める機能が精力剤である
  • 精力剤は勃起改善系、ホルモン剤系、滋養強壮系の3つがある。
  • 勃起改善薬はバイアグラ、レビトラ、シアリス、ヨヒンビンなどのED治療薬がる
  • ホルモン剤系はテストステロン系の男性ホルモンであり服用剤と塗布剤がある
  • 滋養強壮系は体力や健康増強によって精力を高める。