女性の性欲

サイト内検索

女性の性欲も男性には捉え難いものです。

素直には決して表に出しません。

女性にも確実に性欲はあります。

そしてその性欲は年齢とともに深くなっていきます。


(スポンサーリンク)

ハッピーメールバナー

業界最大級の会員数を誇る、登録無料の優良コミュニティ「happymail」(18禁)

ハッピーメールはポイント制の会員500万人を誇る20年を超える老舗サイトです。ポイントサイトは、入会後直ぐに出会いが出来て、エッチな出会いにも最適です。(ハッピーメール攻略法はこちら


女性は性欲を見せない

女性の性欲は我々男性のように

直接的に態度に表われることは決してありません。

「Hしたい!」 「抱いて!」のような台詞は期待してはなりません。

AVや週刊誌の記事のような自分から積極的に求めてくるような

好色な女性はいないものと思ってください。

それは下記のような生物学的理由によると考えられます。

卵子の数が精子より圧倒的に少ない

一人の女性が一生のあいだに排卵する卵子は400個程度といいます。

我々男性はそれこそ天文学的な数の精子を製造する能力があります。

とにかくそのうちの一つでも当たればいいという方式で精子を撒き散らす

習性を持っています。

男性はほぼいつでもどこでも たとえ好みでない女性でも欲情し、

自分の遺伝子を残そうとします。

女性は全く真逆です。

少ない卵子を効率的かつ効果的に活用しなくてはなりません。

つまり、多くのオス・精子の中から優秀で強い遺伝子を選び、

自分の遺伝子を確実に残す戦略を取るのです。

それ故に直ぐに誰とでもいつでもsexと言う行動にはならないのです。

妊娠は女性にとって大きなリスクである

人類は妊娠期間も長く、子供が自立するまで10年以上要します。

妊娠は我々の先祖の女性にとって生存上、かなり危険でした。

妊娠中や育児の期間に肉食の動物や敵対する部族に襲われたら

ひとたまりもありません。

またその間の食料確保も大きな問題です。

むやみに欲情し、妊娠することは自身の生存に関わります。

安全が保障された環境が必要なのです。

この期間は他者の保護がないと生きていけません。

つまり、sexの相手は自分と子供を天敵から守ってくれ、

且つ食料を与えてくれるオスでなければなりません。

女性は簡単に欲情しない

これらの理由により女性は短絡的には欲情しなように出来ているのです。

女性が安心してsex出来る条件下でない限り

簡単に性欲は起こってこないようにプログラムされているのです。

我々男性のように視覚的な刺激だけで性的な興奮は起こりません。

性欲をコントロールするのは古い脳である大脳辺緑系にある視床下部です。

男性の場合は性的な刺激でこの視床下部が直情的に反応して性欲がおこります。

肉感的で綺麗な女性を見るだけで

やりたい!!

とすぐさま反応するのはこの為です。

一方女性は性欲が起きるには

視床下部プラス大脳皮質が絡んだ2段階方式です。


カリビアン マンコ図鑑

無修正動画サイト・カリビアンコムのマンコ図鑑は人気AV女優さんのあそこがじっくり楽しめます。一生懸命、女性を勉強している男子の女性器の構造の研究に最適です。

大脳皮質は新しい脳であり理性的な判断や価値判断を下します。

女性は性的な刺激に対してすぐさま反応することなく

一旦大脳皮質が様々な要素を加えた上の反応を示すのです。

その男性の真剣度や経済力、社会的な地位などを見極めたうえで性欲が発動するのです。

これは数少ない配偶子(卵子)をより効率よく使用するための生物学的な能力といえます。

男子は無責任に圧倒的な数で生産される精子を幅広くばら撒くために考える暇などはありません。

女性を見るだけで性欲が湧いてくる生態ですがそれと正反対です。

女性の性行動は我々男子よりは進化レベルでは高いと言えます。

男性が動物的な性衝動示しますが、女性はより人間的で理性的であるのです。

女性がやりたくなる時

女性もしかしながら本能的で直情的な性欲を示す時期があります。

ではどのような状況下で女性の性欲は比較的に強まるのでしょうか?

我々男性のような激しい性欲はそれ程起こらないのですが、

確実に女性にも性欲は強いものがあり、

我々男性とは違ってかなり複雑な変化をします。

それは全て遺伝子が支配し、4種類のホルモンが相互に作用し合って

起こる現象です。

女性が欲情するのは年齢的に2度あります。

10代後半と40才前後です。

また月経周期によっても左右されます。

女性は排卵期前後と生理前に欲情します。

女性の発情は性ホルモンの変化に大きく影響されています。

男性はテストステロン

男性の性ホルモンの主体は性欲ホルモンといわれるテストステロンです。

テストステロンは男らしさや攻撃性を発症するホルモンで

思春期をピークに年齢とともに減少してきますが

安定的に睾丸より分泌されます。

この分泌が多いと性欲が強くなる傾向があります。

女性ではテストステロンが卵巣より男性の5%~10%程度分泌されていて、

性欲に大きく関わっています。

|4種類の女性ホルモン

女性において性欲等に関係するホルモンは四種類です。

男性と違って女性はこの4種類のホルモンが複雑に絡み合い、

体調も精神状態も変化し続けます。

これは女性自身の人格とは違ったレベルで起こるため、

女性自身でもコントロールができない部分があります。

我々男性はこれに翻弄されているわけです。

性ホルモンの働きによって女性の性欲が強まる時期は

これから詳しく記述していきます。

しっかり記憶して実践にお役立てください。

エストロゲンが強いとオッパイが大きくグラマラスで女性的な

体になり、子供もたくさん生む傾向があります。

金髪はエストロゲンが特に強い女性で、子供多く出産すると

金髪ではなくなるといいます。

男性が金髪でグラマラスな女性を好むは生殖的に自分の

子供をたくさん生んでくれる期待感があるからです。

|女性の性欲のまとめ

  • 女性にも確実に性欲はある
  • しかし男性のような直線的な性欲ではない
  • 女性の性欲は複数の性ホルモンが作用している

(スポンサーリンク)
無修正・美女だけのアダルト動画サイト


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする