(スポンサーリンク)
ハッピーメールバナー*ポイント制人気出会いサイト
ハッピーメール攻略法

プロゲステロン(ブスホルモン)で女性の性欲低下

プロゲステロンはブスホルモンとも言われ

エストロゲンと真逆な働きをする性ホルモンです。

女性の複雑な生理において重要な役割を担っていますが、

女性の性欲を低下させるホルモンでもあるので

プロゲステロンが高まる時期にはどうやら我々男族は

積極的なアプローチは控えたほうがよさそうです。

|女性の性欲低下させるプロゲステロン

所謂、黄体ホルモンで女性の生理や妊娠の子宮の準備を整え

乳腺を発達させます。

女性の性欲を低下させる作用があります

妊娠中はずっと分泌されて女性は性欲が起こらなくなります。

また、生理周期をつかさどり日常的に保持していますが、

生理開始から14日目から増加して21日目ころにピークを向かえます。

そして生理直前に最低レベルに低下し、生理中も低レベルで推移します。

|精神不安定ホルモン

プロゲステロンは精神不安定ホルモンでもあり、女性に精神的な落ち着きを失わせます

従って生理前は女性はこのホルモンの低下によってイライラしたり、不眠になったり

不安感を持ったり、疲労感が起きてきます。

生理前の女性の不機嫌はこのホルモンの増加によるものです。

月経前症候群(PMS)と言われる症状です。

しかし、性欲はこのホルモンの低下によって盛んになります。

生理直前や生理中は女性は性欲は高まっています。

無修正動画サイト・カリビアンコムのマンコ図鑑は人気AV女優さんのあそこがじっくり楽しめます。

生理中のセックスを避けたがる女性が多いのですが、

その分泌物を嫌っての反応です。

本心はセックスしたいというのが本音ですので、

生理中でも積極的に求めてみるのも有効です。

ただし、最初は抵抗を示します。

女性の排卵日前後の性欲:参照)

|ブスホルモン

このホルモンは別名ブスホルモンとも呼ばれています。

肌のべたつきやくすみ、ニキビ、体のむくみ、メラニン色素の増加を

引き起こします。

所謂肌荒れがひどい時期で女性の気持ちも盛り上がりません。

エストロゲンは逆に美肌ホルモンとも言われているのと逆の作用です。

見かけはひどくなり、不機嫌状態です。

性欲も低い状態で男性としてはハプニングが期待できない時期でもあります。

従って生理開始から2週間目~3週間目にかけては女性を誘っても

無駄な時間と投資になる可能性があります。

( オーガズムとホルモン:参照)

Digiprove sealCopyright securED by Digiprove © 2014All Rights Reserved

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


*定額会員制安心出会いサイト 
    1. ラブサーチ 
      真面目な出会いが出来るサイト
    2. 大人の出会いfrom40
      順番待ちの人気サイト
    3. ドリームリアライズ
      夢が叶う出会いが出来るサイト

(スポンサーリンク)
ハッピーメールバナー*ポイント制人気出会いサイト