(スポンサーリンク)
ハッピーメールバナー*ポイント制人気出会いサイト
ハッピーメール攻略法

アドレナリン(興奮系ホルモン)

アドレナリンの言葉は日常的によく聞く言葉です。

アドレナリンは我々の神経を興奮させて筋肉系のパフォーマンスを高める

コルチゾールと同じ興奮ホルモンです。

しかし、我々の運動や危機対応などの生命維持に多いに貢献し、

性的なパフォーマンスも高めてくれる頼りになるホルモンですが、

コルチゾールと同じく効きすぎることでの弊害も多く生まれます。

|ストレスホルモン、アドレナリン

アドレナリンとは副腎皮質から分泌される興奮系のホルモンで、

生命の危機・不安・恐怖・怒りを感じたとき、

あるいは集中力を要求されるようなときに分泌される

コルチゾールと同じストレスホルモンです。

|出すぎてインポ

性的な興奮によっても高まってセックスに対する態勢的な準備を整えます。

血流が増し、血糖値・血圧が高まります。

しかし、過剰な放出はコルチゾールと同じく勃起不全に至ります。

アドレナリンは戦闘モードに体をもちこみますがその時、血管を収縮させます。

つまり、ペニスも収縮してしまいます。

アドレナリン反射と呼ばれています。

緊急時にはセックスどころではないということです。

生き残りが先決になるのです。

アドレナリンは交感神経系の興奮物質であり、勃起は副交感神経が関与しています。

勃起が正常に起こり維持される為には副交感神経が優位であることが大切です。

無修正動画サイト・カリビアンコムのマンコ図鑑は人気AV女優さんのあそこがじっくり楽しめます。

アドレナリンの活性は交感神経を優位にして勃起を阻害するのです。

|攻撃的になるアドレナリン

アドレナリンは攻撃ホルモンとも言われてます。

よくスポーツ選手などがアドレナリンが大量に放出されて

運動機能が高まったと発言しますが、

このアドレナリンホルモンの作用で身体的なパフォーマンスを向上したことを

意味しています。

一般的に言われている火事場の馬鹿力はこのホルモン効果によるものです。

実際に力のない人がとんでもない重いものを持ち出す現象が報告されています。

しかし、常にアドレナリンが過剰な状態は人の体を酸化し、

大きなダメージを与えてゆきます。

また中毒性もあるようで、人はアドレナリンが高いハイな状態を求めがちです。

|アドレナリンとノルアドレナリンの違い

このホルモンは

  1. ドーパミン(交感神経内で合成)
  2. ノルアドレナリン(交感神経内で合成)
  3. アドレナリン(副腎皮質で合成)

の形で変換されて合成されます。

同じく興奮ホルモンのノルアドレナリンとの違いは、

ノルアドレナリンは脳内で合成され神経伝達物質として働きますが、

アドレナリンは血液で全身を回り、体の臨戦態勢を整えます。

簡単にいえばノルアドレナリンは脳内用、アドレナリンは体用ということです。

参照: ノルアドレナリン(興奮ホルモン)ドーパミン(快楽ホルモン)

Digiprove sealCopyright securED by Digiprove © 2014All Rights Reserved

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


*定額会員制安心出会いサイト 
    1. ラブサーチ 
      真面目な出会いが出来るサイト
    2. 大人の出会いfrom40
      順番待ちの人気サイト
    3. ドリームリアライズ
      夢が叶う出会いが出来るサイト

(スポンサーリンク)
ハッピーメールバナー*ポイント制人気出会いサイト