サイト内検索

女の催淫剤

催淫剤(サイインザイ)は性欲や性的快感を

増大させるために用いる薬をさしていますが、

官能小説やアダルト動画では女性に対してもっぱら使用するのが主流です。

催淫剤はこれまで紹介してきた媚薬そのものを大きくは意味していますが、

この性典では対象を女性としてその使用法を記述していきます。

つまり女を欲情させる秘薬です。


(スポンサーリンク)

ハッピーメールバナー

業界最大級の会員数を誇る、登録無料の優良コミュニティ「happymail」(18禁)

ハッピーメールはポイント制の会員500万人を誇る20年を超える老舗サイトです。ポイントサイトは、入会後直ぐに出会いが出来て、エッチな出会いにも最適です。(ハッピーメール攻略法はこちら


|女の催淫剤の意味

催淫剤とはいわゆるこれまで不埒な男どもが

古より夢見ていた女をその気にさせるいわゆる惚れ薬であり、

媚薬の一種です。

女性を即効的に興奮させて強烈な性欲を掻き立てさせて、

セックスでは感じまくって狂ったような絶頂を何度も繰り返す。

その結果、女性は快楽の余り男に夢中になって離れられない!!

本当にそんな魔法の薬があったら長年の男たちの苦労は解消しますが、

現実的にはすぐにその気にさせる惚れ薬はやはり夢の薬のようです。

夢の惚れ薬はまだまだ現代科学では実現されていませんが、

近年では多くの男たちの努力と熱意によって

各種の女性向けの極めて効果的な媚薬が開発されています。

その考え方は男性向けの媚薬と同じです。

|女性催淫剤の効果の仕組み

女性の性器もホルモンと神経によって支配され、

血流も大きく影響しています。

その仕組みはこれまで述べてきた女性オーガズムの仕組みでは詳しく解説しています。

特にクリトリスは男性のペニスと同じ発生進化をたどっており、

その興奮・アクメの過程は共通です。

そのために女性の催淫剤も男性の精力剤と同じ仕組みで体に作用していき、

効果を発揮していきます。

男性に効果があるものは女性にも効果的な媚薬が多いということは

記憶しておいてください。

|催淫剤の本質

女性用の催淫剤が即効性と大きな効果を示すのは

男性と同じくホルモン剤系と塩酸ヨヒンビンの入った精力剤になります。

男性のED治療薬であるバイアグラ・シアリスレビトラもペニスと同じように

クリトリスや外陰部を充血させて感じやすく濡れやすくさせますが、

男性ほど大きな効果は期待できません。

女性の性欲そのものを高めることはないからです。

女性の体は男性と違う性反応示すことはよく知られていて、

性器は興奮して濡れていても性欲や性感が起こらないことがしばしばあります。

男性のように刺激イコール興奮のような単純な性的な行程はたどらないことは

改めて認識しておく必要があります。

女性のセックス反応にはホルモンと精神的な要素が

大きくかかわっています。

女性を即効的に欲情させるには女性の気分を高めて

充分な性ホルモンが必要になります。

従って外部からの性ホルモンの補充は男性と同じように

女性の情欲を高めるには極めて有効な手段の一つになります。

女性のホルモン剤系の催淫剤はテストステロンエストロゲン

主な成分になります。

また男性精力剤で極めて有効なヨヒンビンは

女性の中枢神経を刺激して興奮状態を引き起こし、

性器全体の血流も活性化します。

その結果、男性ペニスと同じように勃起状態になり

陰部そのものが火照った様な状態で興奮します。

特に男性の精力剤のように硝酸ストリキニーネが入ったヨヒンビン剤は

更に女性の性器の反射神経を活発にして性感覚を鋭くします。

性ホルモン剤もヨヒンビン剤も使用には男性と同じく注意が必要です。

薬剤師や医師による指導を充分に受けて使ってください。


カリビアン マンコ図鑑

無修正動画サイト・カリビアンコムのマンコ図鑑は人気AV女優さんのあそこがじっくり楽しめます。一生懸命、女性を勉強している男子の女性器の構造の研究に最適です。

|性ホルモンと女性の催淫

女性の性的興奮に有効なホルモンは男性と同じく

性欲ホルモンのテストステロンと女性ホルモンのエストロゲンになります。

ここで二つの化学物質のおさらいをしてみましょう。

|テストステロンと女性の性欲

テストステロンは男性ホルモンの主役ですが、女性も生涯分泌され続けて

女性の性欲の発生に大きくかかわっています。

年齢的な変化によってその分泌量が変化して、女性ホルモンとの比率によって

性欲の強度も左右されます。

10代~20代前半で分泌は旺盛で強い性欲を呼び起こし、

性・恋愛に対して大きな好奇心・興味を抱いていきます。

40台前後でエストロゲンの低下とともに比較的安定的なテストステロンの比率が高まり

中年の女性はこれまでにない性欲を覚えるようになります。

50代で閉経とともにエストロゲンが更に低下するとテストステロン比率が高まることで

性欲がますます増大する女性もいます。

また女性は月経周期によってもエストロゲンとテストステロン比率が変動して、

生理前から生理中は性欲を高めます。

このように女性の性欲にも男性ホルモンのテストステロンが

大きくかかわっていることは認識しておきましょう。

テストステロンは女性の性欲を高めてセックスへの満足度を高めることに

大きく影響しています。

|エストロゲンと女性器のパフォーマンス

エストロゲンは女性そのものを作り上げる化学物質です。

女性らしい体、性格、生殖器の形状や機能などを作り上げる起因物質です。

エストロゲンの不足は女性の生殖機能低下と生殖器の縮小につながります。

膣前庭は膨らみをなくし膣も収縮して子宮も機能を停止していきます。

女性が女性らしくあるためには充分なエストロゲンが必要であると言えます。

このエストロゲンを外部から補充することは

現在の女性のセックスのパフォーマンスを向上させてくれます。

濡れやすく感じやすいオマンコに甦らさせてくれます。

ただし、エストロゲンだけでは顕著な効果は見られず、

適度のテストステロンとの併用が必要とされています。

|催淫剤の有効な女性

|閉経を向かえた女性

現在何らかの要因でエストロゲン不足の女性に極めて有効です。

特に閉経間近もしくは閉経後の女性に有効です。

エストロゲン剤は女性器全体を活性化して

愛液の分泌や生殖器全体の感受性を高めてくれます。

この時期の女性は性交痛に多くの人が悩みます。

この改善にも大きな効果が期待出来ます。

|不感症・冷感症の女性

多くの女性はストレスや初期のセックス体験で精神的なダメージによる

性ホルモンの分泌不足や性神経の抑制によって

濡れない、感じない現象に至っています。

また先天的な性ホルモン不足の女性も冷感症などに陥っています。

不感症重度の症状の女性は根本的な治療が必要ですので

専門医に相談されることをお勧めしますが、

その他の多くはきっかけさえつかめれば回復することもよくあります。

そこで性ホルモン含有の催淫剤を利用も一つの選択肢になります。

特に男性と同じように精神的なストレス、プレッシャーで性的不全を起こし

不感症に至っている女性にはヨヒンビン剤が性感神経を興奮させて

抜群の効果を発揮します。

|性開発不足の女性

若い女性やセックスが巧みでない男性と付き合っている女性の多くが

性的に充分開発されてないが故のオーガズム未経験という結果に至っています。

その場合はホルモン剤系とヨヒンビン含有の催淫剤は大きな効果を発揮してくれます。

セックスに自信ない男性にも大きな武器になってくれます。

ちょっと性的な反応が鈍い女性や一気に開発を進めたい女性には

大きな成果を期待できます。

早漏気味の男性も丁寧な愛撫だけで女性はオーガズムに達してくれるので

余裕をもったセックスに望めます。

オーガズムを引き起こすきっかけ作りには有効に効果を発揮しますので

オーガズムトリガーとして活用を計ってください。

|まとめ

  • 男性の精力剤も基本的には女性にも効果がある
  • 女性の催淫剤は性ホルモン系とヨヒンビン剤が効果的である
  • 性ホルモン系はテストステロンとエストロゲンがある
  • 閉経した女性や不感症の女性に効果的である
  • 使用するにはしっかり知識をもって注意が必要である

(参照:無オーガズムの解消

(スポンサーリンク)
無修正・美女だけのアダルト動画サイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする