(スポンサーリンク)
ハッピーメールバナー*ポイント制人気出会いサイト
ハッピーメール攻略法

男はペニスより金玉だ!!

多くの男たちはペニスの長さや太さを異常に気にしています。

それはそれで納得できるある理由があるのです。

つまり長さは出来るだけバギナ奥の子宮口(ボルチオ)付近で射精して

受精の確立を高めるためであり、

太さは女性はバギナ入り口の性感帯が広がることで快感を覚えるからです。

しかし、男のセックスの真のパフォーマンスは前記のように

ペニスではなく実は睾丸(キンタマ)の性能にあるのです。

多くの男性は睾丸にはあまり注目してきていません。

(参照:睾丸

|何故、金玉の大きさが大切??

睾丸の大きさは精子の製造能力と男性ホルモンの分泌を左右し、

男としてして基本的な能力に大きな影響を及ぼします。

前回記述のようにアジア人は睾丸が小さく、

睾丸の大きな白人や黒人に比べて断然年間セックス回数は低くなっています。

これは類人猿の睾丸にも同じ傾向がみられることが知られています。

人とチンパジーとゴリラの睾丸を比較しますと

人:40g、チンパジー:120g、ゴリラ:30gとなっています。

身体の大きさに睾丸サイズは比例してはいません。

寧ろ真逆の結果になっています。

体重比でみると

人:0.06% チンパジー:0.27% ゴリラ:0.02%になります。

明らかにチンパジーが圧倒的に睾丸が大きいと言えます。

逆にゴリラが小さいのは驚きです。

その結果、精子の生産量は

人:1億~3億 チンパジー:5~6億 ゴリラ:5~6千万

で睾丸の大きさに比例して増えていきます。

つまり睾丸の大きさが生殖力の決め手になっているのです。

では睾丸のこの大きさの格差はどうして生じたのでしょうか?

身体の大きさで決まるのではないのでしょうか?

それはその動物のセクシュアリテイー(性生活)に依存します。

|競争相手が多いとキンタマは大きくなる?

現在、人類は一夫一妻制の婚姻関係ですが、

チンパジーは乱婚型、ゴリラは一夫多妻制の生殖を行います。

この生態が精巣・睾丸の大きさに関わってきます。

チンパジーは乱交乱婚の生殖を行い、メスは常に多くのオスと交尾します。

チンパジーの雄は常に生殖上の競争にさらされ、膣内では壮絶な精子戦争が勃発します。

その為にチンパジーのとる生殖上の戦略はセックス回数と精子の数を増やすことです。

回数と数で他のオスに勝ち抜く戦略です。

実際、進化の過程で睾丸の大きなチンパジーが子孫をたくさん残してきたと考えられます。

一方ゴリラは一夫多妻の婚姻関係でハーレムを作ります。

力の強いオスが多くのメスを獲得して生殖上の競争はそこで決着がついています。

従ってセックスの回数や精子の数では他のオスと争う必要がなく

安定した生殖活動が行えます。

その為に無理に睾丸大きくする必要がなかったのです。

無修正動画サイト・カリビアンコムのマンコ図鑑は人気AV女優さんのあそこがじっくり楽しめます。

さて人間ですが、

人類の生殖は現在、一夫一妻制ですが、

これも確立したのは農業が始まった1万年位前と言われています。

我々の先祖がサルに近かったころはチンパジーと同じく乱交乱婚であったと言われています。

その時の名残は今の残っていて、メスもオスも隙あらば浮気に走っています。

ゆうならば人類の睾丸はチンパジーとゴリラの中間型と言えます。

ただ乱交の名残は強く、人の睾丸やペニスは

他の哺乳類と比べて体重比ではかなり大きさを誇っています。

むしろ異常なペニスと睾丸を持っています。

明らかに人類は一夫一妻では過剰なスペックの睾丸を持っているのです。

その為にそのパワーを持てました男たちは昔に帰ろうとしています。

|人類の睾丸は縮小している??

ある調査によると人の精子の数は近年大幅に減少していると報告されています。

環境ホルモンや化学物質、さらにはストレスの影響によると言われていますが、

飽食の社会が生殖意欲をなくさせているとも考えられます。

しかし、ある研究ではこれは人類が一夫一妻制を採用した時点から始まる

生殖力の低減によるものと考えられています。

一夫一妻ではある意味では他の男性精子との競争がないまま生殖が可能です。

乱婚時代では強くて大量に出される精子が確率的に勝ち残ることになります。

つまり大きな睾丸をもつ男子の遺伝子が勝利していきます。

乱婚時代には弱くて少ない数の精子しか作れない男子の子孫は時間の中で

淘汰されていくのです。

しかし、一夫一妻制ではある程度経済力があれば男性は女性を確保して

生殖することが可能です。

つまり厳しい精子間の競争がないままに子孫を残すことが出来るのです。

自然は使わない余分なものは切りすてます。

つまり、男性は他の精子に勝てる強い精子や大量の精子を作り必要があまりなくなるのです。

その結果、長い年月の間次第に人の精子は質量ともに低下してると言われています。

そして睾丸も必然的に委縮していきます。

以前はチンパジークラスであった睾丸も一夫一妻制のもとでは

数千年の間に男子のキンタマは縮み上がってきているのです。

|男たちよ、大きなキンタマを維持しろ!

これは人類がひたすら滅亡へと突き進んでいることを意味してます。

一人の女性を愛して一途であればあるほど長い年月の間には

人類へ多大な悪い影響を与えているのです。

一夫一妻制こそ人類衰退の元凶です。

男たちは決してこの人類滅亡への道を推奨してはなりません。

密かに妻以外の女たちを愛して、

男性ホルモンを活性化して精子の数を増やさなくてはなりません。

キンタマには常に張りと生気を漲らせてのびのび活動させてください。

大きなキンタマを保って女を泣かせまくることこそ人類貢献の道です。

出来れば出来る限りの多くの女達に沢山の子供を残すことです。

その子供たちはキンタマの大きな生殖力に溢れた元気な雄になるでしょう。

Digiprove sealCopyright securED by Digiprove © 2016All Rights Reserved

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


*定額会員制安心出会いサイト 
    1. ラブサーチ 
      真面目な出会いが出来るサイト
    2. 大人の出会いfrom40
      順番待ちの人気サイト
    3. ドリームリアライズ
      夢が叶う出会いが出来るサイト

(スポンサーリンク)
ハッピーメールバナー*ポイント制人気出会いサイト