(スポンサーリンク)
ハッピーメールバナー*ポイント制人気出会いサイト
ハッピーメール攻略法

噛んで女を喜ばす法

LINEで送る
Pocket
Facebook にシェア

愛咬 (あいこう)の種類

性愛技巧の一つである愛好にはその強度によっていくつかに分けることが出来ます。

  • 歯あて
  • 甘噛み
  • 強噛み
  • 本気噛み

これらは女性の身体パーツ、セックスの興奮度、性体験度、M度合いなどによって

使い分ける必要があります。

それぞれ解説してみます。

|歯当て愛撫法

女性の体に歯をむき出しにして歯を軽く当てていきます。

女性に歯の独特な感触を楽しんでもらいます。

女性にはこれまでの手や舌などの男性の体からうける愛撫とは

別の刺激を感じることが出来ます。

この時、噛む行為は行わず、歯を押し付けるイメージで行います。

口を半開きにして、上下の歯もしくは上下どちらかの歯を女性の体にあてがっていきます。

乳首などは際めて神経が集中していますので、

歯の感触をしっかり女性は感じることが出来ます。

乳首を歯で弄ぶようにするといいでしょう。

上の歯で乳首の上部、舌で乳首の下部を転がすように舐めてみましょう。

また乳首の表面を歯をあてがいながらスライドさせてもいいでしょう。

小陰唇クリトリス包皮、女性によってはクリトリス本体にも

この歯当ての秘儀は有効です。

女性には舌や唇の刺激とはちがった感触が伝わって快感です。

ただし、女性にとっては非常に敏感な地帯です。

女性にけっして痛みを与えないようにしてください。

歯当ての技はセックスの愛撫初期やあまり開発が進んでない女性に使うことがいいでしょう。

その感触を忘れさせないようにして次のレベルに進んでください。

|甘噛み

甘噛み(あまがみ)は噛み性妓の基本です。

女性の性感部分を軽く歯で挟んで刺激していきます。

決して歯形を残さない程度の力で噛んであげます。

女性には痛みを与えないのが原則です。

甘噛のテクニックはいうならば歯で軽く圧力をかける感じです。

軽く噛む力加減は実に微妙で難しくなります。

女性のパーツによっては更に難しくなります。

乳首などでは多くの男性が多用しているはずです。

この技は全身にも使える非常に有効な技ですので、

一度は彼女の全身を甘噛みしてみてください。

噛み処は特に

  • 耳、鼻、顔面
  • 鎖骨、肩、肘、指、腰骨、仙骨、膝、踵、足の指などの骨が出ているところ
  • 乳首、乳輪
  • 小陰唇や大陰唇
  • クリトリス全体を包皮ごと
  • わきの下
  • 二の腕の内側
  • 太ももの内側

女性の体の皮膚の薄い部分は基本は甘噛みまでです。

それらのパーツは性感帯でもあるのですが、

痛覚がしっかりしていて、女性も痛みには敏感です。

また強く噛むことで歯型がのこったり、内出血して充血しますので

噛む力加減が大切です。

ポイントは痛みを与えるのではなく押す圧力刺激を与えることです。

神経をあごに集中して細心の注意を払いましょう。

熟練した技術が要求される性テクニックです。

甘噛の技を磨いて

甘神様!!

と崇められる水準を目指しましょう。

女性によっては驚きの反応を見せてくれます。

|乳首・乳輪の甘噛み

乳首を甘噛みする場合は噛むというよりは前歯2本で挟んで

かるくポンピングして押すようにします。

女性の反応を耳や反応動作を感じつつ丁度いい力加減を探します。

時には

痛くない?

と優しく聞いてあげてください。

乳首を噛む際には唇越しに噛んで歯を直接あてないでソフトな感触を与えることも

女性にはまた別の性感になります。

また下唇ろ上の歯で挟むことも女性には一味違ってきます。

乳輪の甘噛みは女性の乳輪サイズに合わせて口をあけて

乳輪全体を歯で軽く噛むようにして刺激します。

この際、乳首を下で舐めることで女の快感は更に増幅します。

また吸いながらのこの技を行うことで更に乳首には血液が集まって吸引快感も生じ、

女の快感を数倍に高まっていくでしょう。

ハイテクニックになりますが、精進して身に付けてください。

|大陰唇・小陰唇の甘噛み

大陰唇も小陰唇も甘噛みが大好きですが、

小陰唇は痛みと快感が微妙の状態になります。

大陰唇は大きく軽く甘噛みすることで女性には快感の電流が脳に走ります。

歯全体を使って挟んで軽く圧力をかけるようにして噛みところは移動させて

大陰唇全体を愛撫してあげてください。

次に小陰唇ですが

女性によってそのサイズに大きな差が出てきます。

無修正動画サイト・カリビアンコムのマンコ図鑑は人気AV女優さんのあそこがじっくり楽しめます。

その感覚もかなり違いますので、小陰唇噛みはかなり注意を払う必要があります。

基本は決して強くは噛まないことです。

弱く噛むことは非常に難しい技術でもあり、

はやる気持ちを抑える心の自制も必要になります。

小陰唇はまずは噛む感覚よりは挟む感覚で行います。

軽く挟んでは移動して軽く挟んでは移動します。

ひだが発達した女性には小陰唇を挟みながらヒダの先を舌で舐めてあげます。

女性には堪らない技になります。

また歯を立てず唇越しで甘噛みすることは女性にはクッションが入ることになり

痛みの恐れがなくなります。

少し強めに圧力を与えることが出来ます。

|クリトリスの甘噛み

クリトリスは女性の体に中でもっとも神経が集中していて敏感なところになります。

クリトリスの甘噛みは女性にとって苦痛になる可能性は高くなります。

基本は陰核包皮ごと包み込むように甘噛みします。

クリちゃんは包皮でサンドイッチ状態です。

陰核包皮越しにクリトリスの豆を探るように優しく噛んであげてください。

ちょっと押すようにして離し、また挟み込んでは放します。

挟みながら舌先で舐めてあげることも効きます。

また唇越しに挟むほうがクリには優しくソフトなります。

まだ噛み技に自信のない人や性体験の少ない女性には唇越しの挟み愛撫がお勧めです。

経験豊かでクリトリスオナニーでクリトリスが鈍感になっている女性は

クリトリス直接の甘噛みやそれ以上の噛みが快感になる女性もいますが、

基本は避けたほうがいいでしょう。

勿論、要求する女性はしっかり噛んであげてください。

|強噛み

すこしSM要素が加わる噛み愛撫になります。

セックスの際に興奮が高まった段階や射精時に女性の体を噛むことは

実に野生の本能が目覚めるようで快感も高まります。

女性の中にも興奮が高まったり、

オーガズムに達する寸前に男性の体に強く噛みつく人がいます。

強めに噛むことで男性は征服感が満たされ、女性には気持ちの良さの中で

痛みが刺激となって快感を増幅します。

興奮が高まるとアドレナリンが放出されて、女性は痛みに対する耐性が生まれるので

やや強みに噛むことも可能です。

しかし、強く噛むことで内出血も起こり、歯形も残すことになりますので、

注意が必要です。

女性の体では表に出る部分は痕を残さないようにしてあげる配慮が必要です。

強噛みの場所は限定されます。

背中やお尻などの皮膚が厚い箇所や腕や脚なのでの外側の筋肉部分になります。

内ももや二の腕の内側などの皮膚の薄い部分は痕に残りやすいので

強く噛むことは基本は避けてください。

M体質の女性には強噛みは非常に快感になります。

もっと強く!!

強く噛むことを要求する女性も良くいます。

その際も力加減は歯型は止むをえませんが、決して傷にならないようにしてください。

乳首などはかなり強く噛むことが快感な女性もいますが、

やや強めに程度にしておきましょう。

乳房全体は強く噛むことは多くの女性は喜びますが、

歯型は残ってもすぐに消える程度にしてください。

強噛みはバックスタイルでペニスを挿入しながら

興奮が高まった時や射精時に女性の背中を噛むことが一番の興奮になります。

動物的なセックスが楽しめて、男性の中のサデイステイックな本能も満たされます。

肩や背中の皮膚の厚い部分を噛みつき、そのまま射精します。

女性にもオーガズムの快感とその感覚はミックスされて記憶されていきます。

女性の本来持っているマゾ的欲望も満足されます。

ただし、S体質の女性には逆に噛みつかれます。

|本気噛み

これは絶対にやめてほしいNG行為です。

相手の女性に大きな損傷を与えます。

SMのプレーでも本気はありません。

すべて程よいところでの寸止めです。

本気で噛むことは怒りの爆発であり、暴力行為になり、DVです。

乳首などはちぎれます。

犯罪です。

セックスは女性は労わり優しく虐めるのが基本です。

それはSMプレーでも基本です。

噛む愛撫は多くの女性にとっては新鮮であり異次元の感覚になります。

ある時のセックスで徹底的に甘噛みで女性をせめて見ると

その女性の噛みの性感がどの程度か理解でき、新たな性感開発にもつながります。

研究に精進して鍛錬ください。

目指せ!

甘神様!!

Digiprove sealCopyright securED by Digiprove © 2016All Rights Reserved
LINEで送る
Pocket
Facebook にシェア