サイト内検索
ブログをメールで購読

中出し快感を高める5メソッド

中出し(生出し)はコンドームを付ずにそのまま女性の膣内で射精をすること、

膣内射精をいいます。

中だしは男性にとって女性の膣粘膜や膣口の感触を

直接、ペニス表皮で接触することによって味わい、

最高のペニスの快感を得ることができます。

今やAVなどでは中出し(生出し)を売り物にしているシリーズも数多く存在します。

女性がピルや安全日でない限り日常的にはこの究極の快楽を

なかなか味わうこともできません。

またステデイーな関係の女性以外には安全保障の面からも中だしはお勧めできません。

もしその中だしのチャンスに恵まれたときにはその快感を十分に味わうための

快感アップ法を工夫してみることも

よりセックスを楽しむためには大切です。


中出しが女性を成熟させ愛情を深める | 悪魔の性典
我々男性の精液精子とその栄養分、 あとは保護素材のゼリーの単純構成かと思われますが、 実は精液には女性との関係をより深め、 女性をより女らしく変化さ...
 wp.me

(スポンサーリンク)
SEXは出会いから始まる ハッピーメールバナー*ポイント制人気出会いサイト
ハッピーメール攻略法

中出しのエチケット

女性の膣内に直接、精子を放出することは妊娠の可能性が極めて高いことは

まずは認識してください。

その場の感情・雰囲気や欲望に任せての膣内射精は

安全日や女性がピルなどの避妊をしていない限り避けるのが男としてのけじめです。

望まない妊娠は女性に大きな負担をかけ、ダメージを与えるけではなく

男性にも大きな精神的な苦痛と経済的な責任を背負うことになります。

コンドームがないときや間に合うあないときはせめて腹だしで避妊することくらいは

心がけてあげましょう。

中出しは女性いたわって初めて成立するのです。

しかし生ペニスによる中だしセックスはお互いの絆を深めてくれることも事実です。

(参照:生だしの勧め

中だしの男の快感

なかだしの快感はペニス挿入時から始まります。

コンドームの正しい使い方はペニスを挿入するときからの装着ですが、

やはり生ペニスでの挿入はペニスの表皮から女性のバギナ粘膜の感触を

直接感じることができて

コンドーム付とは比べものにならないくらい気持ちいいものです。

女性にとってもペニスのゴム越しの感覚は感動的ではなく

ペニス自体の生々しい体温や血管の脈打ち、はち切れるように膨張するペニスの様子が

伝わらないようです。

女性のバギナは基本的には神経がないといわれていますが

実はこのペニスの挿入による感触はしっかり感じています。

特に快感度の大きな違いは射精時に現れます。

男性とってゴムを介したバギナの感触よりは生チンチンの感じる快感は数段上質で

アクメの際の快感の深さ高さも格段に違ってきます。

実に興奮が高まったペニスによる生だしはこの世の快楽の極みといえます。

女性の中だし快感

この快感度の差異は実は男性より女性のほうが顕著に現れることをご存知でしょうか?

生チンチンによる感触の良さで勿論、女性のバギナはより高い興奮と快感を得ていきます。

そのペニスのお味に女性は酔っていきます。

しかし、極めつけの快感は男性の射精時に起こります。

生ペニスの射精時に起こる0.8秒間隔の痙攣は

女性の膣口や膣奥の子宮頚部(ポルチオ)に伝わり

女性がオーガズムを迎える引き金になります。

ドクドクと波打つような生ペニスの動きの振動は子宮まで伝わってゆきます。

女性のオーガズムも0.8秒間隔の筋肉の痙攣です。

女性の生殖器官は男のオーガズムに同期し、積極的に精子を取り込むように

大きな快感を生み出してゆくのです。

勢いよく飛び出し膣奥にぶつかる精液は女性にとっては更に大きな快感です。

生暖かな液体の感触もオーガズムのトリガーとなってゆきます。

女性の体は生の精液に敏感に反応するように作られているのです。

また精液には女性の精神を落ち着け愛情を深める成分が含まれています。

ただひたすらのコンドームセックスではセックスの快感は不十分であり

お互いの愛情も深まりません。

中だしは男が気持ちいいいだけではないのです。

女性の快感も高め愛情も育んでくれるのです。

Digiprove sealCopyright securED by Digiprove © 2016All Rights Reserved