サイト内検索
ブログをメールで購読

上付きと下付き(オマンコの位置)

女性のバギナ口の位置によって昔から、女性のお味の評価が様々に行われてきました。

日本ではクリトリスよりにバギナが位置する上付きの女性を大いに評価し、

逆に肛門よりにある下付きマンコを卑下してきました。

これはまるで不当な評価と言えます。

正しい上付き下付きもオマンコの味わい法です。

(スポンサーリンク)
SEXは出会いから始まる ハッピーメールバナー*ポイント制人気出会いサイト
ハッピーメール攻略法

|なかなかイケない下付き女

以前の記事 デカパイ女はイキ難い!(クリトリスの位置)  

クリトリスと膣(オマンコ)の距離におけるオルガスム(絶頂)の

容易さを解説しました。

この両者が2.5cm以上離れていると正常位では

クリトリスがしっかり刺激されずに女性はなかなかエクスタシー

オーガズム)に至らないという事実です。

今度は肛門(アヌス)とバギナ(膣)の関係を考えてみましょう。

みなさんも聞いたことがあるかと思いますが

所謂「膣の上付き、下付き」の問題です。

前付き後付きともいいます。

これまで極端な前付きや後ろ付きの女性に出会ったことはあるでしょうか?

多少の位置のズレはあるでしょうが

違和感まで感じたことがあるかです。

生物学的な統計ですと肛門からは平均2.5~3cmだそうです。

それ以下が下付き、それ以上が上付きになります。

其の中間は中付きになります。

|下付き女は下品?

江戸時代かなり日本ではこの辺りを詳しく分類しているようです。

上付き、中付き、下付きをそれぞれ上品、中品、下品と呼び

上付きはその名のとおり上物として締りがよくて味も良いとし、

中品は一般的で平凡、下品はお腹が長くてみっともなくて

後ろからするしかない低俗なものと品定めしています。

ヨーロッパでも下付きはバックからやるしかなく動物に近いと

ひどい評価をしています。

|古代中国はバギナの位置に上下なし

古代の中国でもバギナの位置によるこの上付き、

下付きは論じられております。

そこではバギナ(女陰)の味は使い方次第、交わり方という

現実的な評価をしています。

オマンコの位置による品定めでの優劣はつけていません。

それぞれの特性に合った交接法を説いています。

|女陰の価値は使い方次第

上付きはピッタリ体をくっつけて挿入するので冬の交接に向いており、

下付きは夏場の暑い時に石の上に腰掛けて後ろから交わるに

適切であるとしています。

こうあります。

女陰の善しあしはその位置によって決まるのではなく、
  その使い方によって決まるのである。

|下付きを恥じる女性

若いころ私もかなりの下付きの女性と付き合いがありました。

最初はなかなか正常位では上手く入りませんでした。

元気のいい若い天井を向いたペニスの角度と下付きバギナが

どうしても上手く交わらなかったのです。

そのうち女性が下付きなのと告白してくれて、その後は

出来るだけバック体位を取るようにしました。

そのほうが女性も気持ちいいようで大きな声を出してくれましたが、

下付きで恥ずかしいとよく言っていました。

Digiprove sealCopyright securED by Digiprove © 2014All Rights Reserved