サイト内検索

(スポンサーリンク)

オマンコの締り現象

バルーン現象はどのようにして起こるのでしょうか?

バギナは自由に動かせない筋肉です。

そこに関わるのは不随筋です。

しかし、これと全く逆の作用も経験されている人が多いでしょう。

つまりオマンコの締り現象で挿入されたペニスを締めてきます。

これも女性の性の神秘です。

挿入直後はペニスをしっかり捉えて離さないのです。

(スポンサーリンク)
SEXは出会いから始まるハッピーメールバナー
*ポイント制人気出会いサイト

|オマンコの膨張・バルーン現象

バギナ奥のバルーン現象はバギナの海綿体筋肉によって引き起こされる

女性の神秘のひとつの現象です。

ご存知のように女性のバギナ(膣)は内臓と同じ筋肉の

平滑筋で出来ています。

バギナ壁:参照)

この平滑筋は腸などと一緒で自分の意思では自由に

動かすことができません。

しかし出産時には大きく拡大されます。

また、バギナが次第に興奮してくると

出産時ほどではないですが、オーガズム直前に大きく広がる現象も

確認されています。

これを粗マン現象(バルーン現象)と私は呼んでいます。

|バギナの収縮

バギナ(膣)海綿体筋反射現象とはこれとは全く逆のことが見られます。

つまり、バギナ(膣)が収縮するのです。

これはペニスが挿入・インサートされた時に反射的におこります。

みなさんもペニスを挿入した瞬間、

バギナが締まっていいかんじだなと思ったことありませんか?

まるでペニスをバギナが包み込むようにしっかり捉えてきます。

その瞬間若い頃は一気に射精したりもしました。

挿入時はオマンコは実はきゅっと締まるのです。

|女性器の巧みさ

これはペニスをギューと締めて勃起を維持させるために

起こる生物学的繁殖現象です。

そして自分が感じてきてオーガズムの寸前に

バギナは精液を貯める場所を膣奥にバルーン現象が起き

確保するために膣奥が緩むのです。

さらにすごいことにこの時のバギナ収縮と同時に

クリトリスに血液を流し込みます。

クリトリスを勃起させてより感度を高めるのです。

女性のセックスは本当に不思議で神秘そのものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

*刺激的なポイント制出会いサイトの一押し(18禁)
ポイント制サイトは色々試しまたが、このハッピーメールに限ります。即Hも可能です。ただし下記のサイトの攻略法はしっかり読んでください。最初は無料登録で試しましょう。

(スポンサー)
SEXは出会いから始まる ハッピーメールバナー*ポイント制人気サイト
ハッピーメール攻略法