ペニスの興奮・勃起・射精の流れ


*定額会員制安心出会いサイト 
    1. ラブサーチ 
      真面目な出会いが出来るサイト
    2. 大人の出会いfrom40
      順番待ちの人気サイト
    3. ドリームリアライズ
      夢が叶う出会いが出来るサイト

(スポンサーリンク)
ハッピーメールバナー*ポイント制人気出会いサイト


勃起現象について

ここで勃起についてもう一度整理しておきます。

勃起はペニスの海綿体組織に血液が流れ込み、膨張することで起こります。

陰茎勃起の維持はその血液をペニス内に留めることで維持されますが、

陰茎の萎えはその血液が海綿体から流れ出ることで発生します。

ペニス断面

陰茎・ペニスは2週類の海綿体で成り立っています。

陰茎海綿体と尿道海綿体です。

陰茎海綿体はペニス上部の部分であり、2つに分かれています。

尿道海綿体は尿道を取り囲む海綿体筋肉になっています。

どちらも海綿体状態で空洞がありそこに血液が流れ込んでペニスは肥大化しますが、

ペニス上部の陰茎海綿体は厚い白膜に包まれていてその膜が突っ張ることで

血液が一杯になるとガチガチに固くなります。

目いっぱい膨張した陰茎海綿体は陰茎から血液を運び出す静脈を圧迫して閉じます。

これによって勃起が完成します。

一方、尿道海綿体にも白膜はあるのですが、薄く軽く包むだけで

血液で一杯になっても柔軟性を持った状態で硬くは余りなりません。

いわば体積が増える状態です。

これは尿道を柔らかであることで精液を放出しやすくすることと、

尿道海綿体はそのままペニス先端を覆い亀頭を形成していますが、

ある程度柔らかいことでクッションとなって女性器を労わる役目があるのです。

|勃起での自律神経の役目

生殖器においてはにおいては自律神経は内臓における働きと同じように左右します。

即ち緊急時には交感神経が活性化されて器官の活動にたいして抑制的に働き

生殖活動を阻害します。

リラックス時には副交感神経が活性化して生殖活動を促進します。

勃起は副交感神経が優位な状態で血管が緩んで起こる現象です。

緊張状態ではセックスどころではなくなり、

交感神経が活性状態でアドレナリンが放出されて

ペニスに流れ込む動脈を閉ざしてしまい血液をペニスに送らなくなります。

ペニスがしっかり勃起してセックスが可能になるには副交感神経が

無修正動画サイト・カリビアンコムのマンコ図鑑は人気AV女優さんのあそこがじっくり楽しめます。

優位になって血流を活発にする必要があります。

正常なエレクションにはつまりリラックス状態が大切になります。

|勃起の複雑性

しかし、勃起は性的な興奮で起こる現象です。

興奮するということは交感神経が優位に働くことを意味します。

一方、血流が増大するためには副交感神経が優位である必要があります。

男性がセックスが可能になるためには興奮してリラックスしているという

相矛盾する状況が同時に要求されていることになります。

交感神経も副交感神経もハイの状態です。

これはスポーツなどのことを考えれば理解できるかもしれません。

相手との対戦で筋肉や脳は興奮しているが呼吸は穏やかで

心は冷静であるという状態です。

この状態をセックスでは要求されているのです。

セックスは実は男性に高度で複雑な心身状態を求めているのです。

その為にこのバランスが上手く取れずに勃起不全(ED)や

早漏に陥ることがよくあるのです。

|勃起の維持

勃起の発生は交感神経が優位な状況下でも起こります。

テストステロン値が高い状態では少しの性的な刺激によって勃起は発生します。

この時は交感神経は強度に興奮状態にあります。

テストステロンが濃度が濃い状態では

刺激に対して感受性が強い状態で勃起そのものは容易になっています。

若者や性犯罪者などでよく見られるテストステロンに振り回される性的な衝動が

押さえられない現象です。

しかし、若いときのセックスや強姦などでは男性はすぐに射精に至って

行為の持続時間は長くありません。

射精は交感神経が活性化せれて起こります。

その為に極度の興奮した状態の交感神経が圧倒的に優位なセックスは

すぐに果ててしまうのです。

勃起状態を性的な行為中に長時間維持するためには副交感神経が優位である必要があります。

勃起の発生と継続はある意味では別な状態である必要があり、

質の高いセックスを行うには別のものとして考える必要があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

(スポンサーリンク)
SEXは出会いから始まる!
ハッピーメールバナー*ポイント制人気出会いサイト
ハッピーメール攻略法