ペニスの興奮・勃起・射精の流れ


*定額会員制安心出会いサイト 
    1. ラブサーチ 
      真面目な出会いが出来るサイト
    2. 大人の出会いfrom40
      順番待ちの人気サイト
    3. ドリームリアライズ
      夢が叶う出会いが出来るサイト

(スポンサーリンク)
ハッピーメールバナー*ポイント制人気出会いサイト


射精

射精はペニス周辺の括約筋、海綿体筋などが収縮して、精液を体外に排出する行為です。

従って射精は交感神経の支配で起こります。

性的な刺激の継続で興奮が最高潮に高まってゆき、

副交感神経が優位な勃起状態から交感神経が優位な状態に切り替わると

骨髄反射によって射精が引き起ります。

骨髄反射は不随意反応であり、人の意志ではコントロールできません。

一旦一線を越えるともう元には戻れないのです。

従って女性を充分に満足至らしめるためには

交感神経が容易に優位にならないような技術を身に付ける必要があります。

それには興奮しすぎずに副交感神経が優位な状態を保つことです。

射精の神経伝達物質としてはドーパミンが促進的に、セロトニンは抑制的に働きます。

ドーパミンは興奮ホルモンのアドレナリンによって分泌が促進され、

セロトニンは副交感神経によって活性化されます。

つまり余り興奮し過ぎるとすぐに射精に至り、心落ち着けることで射精は抑制されます。

また射精はペニスが勃起が不完全な状態、もしくはまるで勃起してない状態でも

起こります。

強度の緊張状態で性的な刺激を受けて交感神経のみが興奮して

副交感神経が低位の場合に起こるものです。

この時、ある程度の快感はありますが、射精自体に勢いはなく、

精液は垂れる様な感じで射精されます。

射精とともに遊離されるノルアドレナリンによって動脈及び海綿体内の平滑筋が収縮すると

流入血液量は減少し圧迫されていた静脈系も解放され陰茎は元の状態に戻ります。

(参照:射精のメカニズム

テストステロンと勃起

男性ホルモンであるテストステロンは性欲の源泉であり、

男性機能そのものを形成し性衝動と性行為に様々に関わっています。

簡単に言えば、性的な興奮はテストステロンによって成立しています。

テストステロンは勃起射精においては

無修正動画サイト・カリビアンコムのマンコ図鑑は人気AV女優さんのあそこがじっくり楽しめます。

性欲性衝動の惹起、性的興奮の伝達、NO生成、精子精液の製造などの促進物質です。

ペニスを興奮勃起させるプロセスでは、

性的刺激を受けた大脳は視床下部からの性的衝動を起こさせる指令が必要になりますが、

この時、視床下部への伝達物質がテストステロンです。

また骨盤神経にも作用して勃起を促進します。

陰茎においては、副交感神経優位状態においても

テストステロンはNOの生成を援助して勃起現象を促進します。

テストステロンは勃起の発生、維持にも重要なホルモンになっています。

というより十分なテストステロンがない限り、性的な興奮も怒らず、

興奮しても勃起に至らなかったり、勃起が維持できません。

体内のテストステロンの分量は性的な刺激への感受性に大きく影響しています。

テストステロンは快感物質のドーパミン生成を増進して快感を増幅させえてくれます。

テストステロンは体内の精液量が増えると増加して強い性欲を起こさせて

排出する行動を男性に取らせます。

射精を控えてから7~10日目にテストステロン値は最高値に達して

その後、減少します。

またセックスなどの性的な刺激によってもテストステロン値は大幅に増加します。

エロいセックスをすればするほど、相手の女性が性的に敏感であるほど

テストステロン値は向上します。

ある調査では2倍近くテストステロン値が上昇したと報告されています。

|中高年のセックス対策のポイント

これらのことから中高年があらゆるセックスの場面において

ペニスが完全なる勃起と持続力を有して、女性を連続的で深いオーガズムに至らしめ、

かつ自己も満足ゆく性的に快感を得るためには

以下の要点を総合的に講じることが必要になると考えられます。

以上を課題に50歳過ぎのシニアの男性を対象にした

総合的なセックスの基礎体力の向上法を考えていきたいと思います。

Digiprove sealCopyright securED by Digiprove © 2017All Rights Reserved

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

(スポンサーリンク)
SEXは出会いから始まる!
ハッピーメールバナー*ポイント制人気出会いサイト
ハッピーメール攻略法