サイト内検索

(スポンサーリンク)

クリトリス初期開発と全体開発

クリトリスの快感の初期開発は幼少の頃には、多くの女性で自発的に終わっています。基本OSはすぐに作動可能な状況にありますが、どうやら多少のチューニングと基本スペックに最適な各種ソフトとアプリのインストールを行ったほうがより優れた性感パフォーマンスを示してくれるようです。
女性のクリトリスは刺激処理能力は性感帯の中でも飛び抜けています。それ故、極めて繊細な側面も有しています。常に細心の注意を払い、丁寧な取扱が要求されます。特に開発レベルが初期レベルの女性には慎重を要します。

やがて順調な開発の進展で、クリトリスは実に頼もしいオーガズムトリガーして活躍してくれることになるでしょう。あらゆる場面で、クリトリスへの刺激は女性をオーガズムの快感へと導いてくれます。

(スポンサーリンク)
SEXは出会いから始まるハッピーメールバナー
*ポイント制人気出会いサイト

クリトリスの初期開発

大半の女性がクリトリスでオナニーを行い、オーガズムを体験していますが、クリトリスへの接触はクリトリス包皮を介して行われていることが多いようです。そのため、剥き出しクリトリス(陰核)は、非常に過敏な状態にあり、少しの直接接触でも不快感を覚えます。それはまるで我々男子が包茎状態から亀頭を裸にした時と同じと考えたほうがいいようです。性体験が浅い女性のクリトリスへのアプローチは当面、包皮を通して行うことが必要になります。直接の接触は徐々に行い、次第に慣らしていきます。

このクリトリス本体への指での接触では出来る限り愛液などで指先を濡らし、ソフトタッチを心がけ、できればローションなどの利用も行います。舌での愛撫は心地の良い柔らかなタッチを実現できますが、それでも極力、舌先の力を抜き、スローな動きに徹します。

クリトリス開発の第一段階は、クリトリス本体への直接接触に馴染ませ、女性の違和感を取り去ることです。そこからクリトリスの真の快感が始まることを女性の身体に覚え込ませます。そしてクリトリスオーガズムは単発性のオーガズムとして初期設定されていることが多いのですが、連続性をもたせることを初期開発の達成とします。具体的にはクリイキが一度しか出来なかった女性をクリで何度もイクように開発します。ここまでが必須の初期開発であり、クリトリスの本格開発の出発点になります。

クリトリス全体開発

クリトリス構造

これまで度々説明してきたように、クリトリスは実は一つの性感ポイントではありません。上図のようの構造をしています。陰核亀頭は我々が通常クリトリスと称している部分に相当します。陰核亀頭は男性の亀頭部にあたり、その下部に尿道や膣を挟むように前庭球を形成しています。これは男性ではペニスの下部の尿道を取り囲む尿道海綿体に相当します。

陰核亀頭(クリトリス)の上部には陰核体が存在し、クリトリスを上部から吊るすように存在し、その先UターンするようにYの字の形で股間に伸びて前庭球とともに尿道、膣を挟んでいます。陰核脚(陰核海綿体)と呼ばれ、男性のペニスの竿の上部(陰茎海綿体)に相当するもので、男性のペニスのように勃起します。陰核亀頭も前庭球もペニスと同じく興奮時には海綿体組織に血液が流れ込み膨張現象が起きます。

このようにクリトリスは上図の全体が本来の姿であり、クリトリスとしての性的な興奮現象や快感は全体で生み出されます。男性は亀頭部などの先端が中心ですが、女性は陰核亀頭を頂点としてクリトリス全体が大きな性感を有しています。

多くの女性は陰核亀頭への愛撫刺激は豊富に受け、充分な感度を有していますが、この陰核全体の快感開発は手付かずの状態に有るのが現実です。従って、女性の真のクリトリス開発はこの全体を行うことが正しい開発であり、この実施によって女性の快感は更に広域に及び快感の度合いも深まります。クリトリスの開発は表面に現れているクリトリス頂部よりは寧ろ上図のようなクリトリス全体像をイメージして全体活性することにあります。これによって女性器全体の快感パフォーマンスが画期的に向上します。

女性のクリトリス構造

陰核体の開発

クリトリス全体の開発は陰核亀頭(クリトリス頂部)の上部に位置する筋状の陰核体刺激から始めてください。陰核体は筋状であり包皮に包まれています。組織的には男性のペニスの上部の竿にあたり、ペニスと上部と同じように圧力や振動刺激を好みます。クリトリス頂部のような敏感に皮膚感覚はなく、強めの愛撫も女性にとって不快ではなく、寧ろ筋を指圧で解すような刺激に大きな快感を覚えます。

この陰核体の刺激を多くの男性はクリトリス頂部に夢中になり過ぎるせいか、女性に余り与えることはないようです。多くの女性がこの刺激愛撫によって『ここが感じることを知らなかった!』といいます。正に灯台下暗しです。

この陰核体への刺激は強めが好結果をもたらします。まだ経験の浅い女性でクリトリ頂部への愛撫に苦痛を覚えることがある場合は、この部位を徹底的に攻めてクリ開発を行ってください。

指先で、特に親指の腹が好ましいのですが、グリグリと押し込むように筋を感じながらマッサージを与えていきます。陰核体の先に伸びる陰核脚に振動刺激を伝えるような気持ちで行ってください。陰核体への刺激は陰核脚に伝播し、快感が膣を挟む股間に伝わっていきます。

この部位はバイブを直接当てることも可能です。クリトリス頂部にバイブやロータを直接当てられると女性の多くは不快感を覚えますが、陰核体ではむしろ直接当てが効果的に作用します。振動は陰核脚に伝わり、大きな快感を生み出します。勿論、クリトリス頂部にも伝わり女性にとっては幸福な刺激となります。間接的であることが寧ろ女性には心地よいようです。

陰核脚の開発

陰核脚は体の内部に潜り込み、直接その存在を確認できませんが、女性の尿道や膣を取り囲み、股間への愛撫やペニスの挿入などの刺激を受け止めて女性に快感に大きく寄与しています。目に見えぬ性感帯を意識的に刺激して感性をより高める開発を行います。

陰核脚は女性によって多少の相違は出ますが、大凡大陰唇の下、足の付け根よりを通り、会陰、肛門近辺にまで伸びています。会陰や肛門周辺が敏感な女性はこの陰核脚が発達していることによることも影響しています。

外部からの刺激は主に圧力や振動で行います。大陰唇を通しての刺激は親指の腹などで軽く押すような指圧愛撫を大陰唇やその外側に沿って行います。また、会陰や肛門周辺は親指による押し込むような刺激が効果的です。ポイントは皮膚表皮への刺激ではなく内部に走る陰核脚を意識して愛撫することです。

バイブ振動もかなり効果です。ロータなどのヘッドを大陰唇や足の付根にそって押し込むようにして刺激していきます。会陰や肛門周辺もバイブの頭部を利用して行ってください。これらの刺激はクリトリス全体に広がり、快感を高め、全体のパフォーマンスを上げていきます。

前庭球の開発

恐らくほとんどの男性は前庭球なるものを意識した愛撫やセックスは行っていないのではないでしょうか?前庭球は前述のようにクリトリス頂部に端を発して尿道や膣を取り囲むように小陰唇大陰唇の間に会陰直前に存在します。クリトリス本体と同質の尿道海綿体で構成されて性的な興奮で膨らみます。特に興奮が高まると大きく充血し、膣両脇が肥大することが確認できます。そしてここが大きな性感帯として作用します。性交時ピストン運動やグリグリ運動で男性の恥骨部分が前庭球を圧迫して快感を生じさせています。男性は無意識で性交時に前庭球を刺激しています。

前庭球の充血はセックス後も数時間続き、特にオーガズムの後、数日間疼く女性も多く存在します。女性はあまり口にはしませんが、大きな快感の後はこの股間の疼きがしばらく続き、その時のセックスを思い出し、男性へ思いを走らせます。

前庭球への意識的な刺激は非常に大切です。クニリングスなどの際には親指などを使い、膣横を指圧マッサージしてください。また小陰唇と大陰唇の間に軽い指圧を加えるといいでしょう。

特にペニス挿入時に前庭球刺激が実に効果的になります。対面座位でそのまま女性を仰向けにしてペニス動作を静止して、股間の前庭球エリアに親指による指圧マッサージを加えます。特に膣脇が大きな刺激ポイントになります。

クリトリスの刺激愛撫ではクリ豆の局地的な刺激だけでなく、その全体像を考慮して行うことが正しい開発法になります。これによって女性の股間エリアの感度パフォーマンスは飛躍的に向上するでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

*刺激的なポイント制出会いサイトの一押し(18禁)
ポイント制サイトは色々試しまたが、このハッピーメールに限ります。即Hも可能です。ただし下記のサイトの攻略法はしっかり読んでください。最初は無料登録で試しましょう。

(スポンサー)
SEXは出会いから始まる ハッピーメールバナー*ポイント制人気サイト
ハッピーメール攻略法