サイト内検索
ブログをメールで購読

愛液(ラブジュース)

 |膣壁分泌液

俗に言うところの愛液は膣内の壁と子宮頚から分泌されます。

基本的には無色透明ですが、ペニスのピストン運動などで空気と混ざることで白濁します。

膣壁からは汗のようなさらっとした液体が染み出してくるのです。

普段の膣内は乳酸菌によって酸性に保たれていて

病原菌をシャットアウトしていますが、

クンニリングスで膣の入口に舌を入れると酸っぱい味が

するのはこの為です。

バギナの乳酸菌でオマンコヨーグルトを作ったら

セックスが強くなるかもしれません。

所謂膣壁からの愛液は、リンパ液をもとにしたものが膣壁から染み出てくるものですが、

詳しいメカニズムは不明です。

膣壁への指やペニスの刺激によって活発に染み出てきますが、

前述のとおりその量は女性やその状況によって様々です。

膣粘膜の奥には愛液を貯めておく貯蔵タンクのようなものがあり、

セックスの初めには一気に染み出てきますが、

次第に量が少なくなるのは在庫がなくなってくるからです。

最初はかなり粘性がある液が染み出てきますが、

性交を続けていくと次第に粘りが少なくなり、量も減ってくるのは

この為です。

|子宮頚粘液

性的な刺激を女性に加えて行くと

子宮頚からはねっとりとした粘液が染み出てきます。

この子宮頚粘液は興奮すると滴り落ちてくるのですが、

興奮が高まるとその量をましてオーガズムでは大量に分泌されます。

この現象は排卵期に顕著に見られます。

その量は女性によって、また女性の開発具合によって分量は違ってきますが、

オーガズムを向かえるとその量はかなり増量されて一気に膣内に分泌されます。

無修正動画サイト・カリビアンコムのマンコ図鑑は人気AV女優さんのあそこがじっくり楽しめます。女性の構造の勉強に最適です。

(スポンサーリンク)

この粘液はアルカリ性で酸性では生きられない射精された精子

頚管に侵入する動作を助け、その通り道となります。

興奮した上のバギナから粘っこい愛液が出てくるのはこの粘液が子宮頚から

染み出てくるからなのです。

排卵以外では子宮頚粘液は精子が侵入しないように粘々した状態で

子宮頚をふさいでいます。

|スキーン腺液

スキーン腺は男性の前立腺に相当します。

(参照:女性の前立腺

その放出口は尿道口の両側と尿道内に存在して、興奮が極まってくると

乳白色の液が放出されます。

尿道口の付近を女性が興奮した時に観察されます。

ここからの勢いよく放出される液体が潮吹きと言われています。

一部正しく一部不正解のようです。

(参照:潮吹き

スキーン腺液は男性の精液の3割を占める前立腺液に相当して乳白色です。

|バルトリン腺液

バルトリン腺は女性の膣口の両側に存在して、無色の粘性のある液体を

分泌します。

膣の入口を潤して挿入を助けてくれます。

男性の我慢汁(尿道球腺液、カウパー腺液、)に相当します。

我慢汁には構造上、精子が少量含まれることがありますが、

妊娠する可能性 は低いようです。

(画像:ウイッキペデア

Digiprove sealCopyright securED by Digiprove © 2014All Rights Reserved