サイト内検索
ブログをメールで購読

上付きと下付き(オマンコの位置)

|ペニスの角度を変えて楽しめ

古代中国の活用説は実に正解です。

下付き上付きはそれぞれの個性でそれぞれの味があり、

普通の女性とのセックスとは違った角度が楽しめます。

男性が色々腰の位置を変えてペニスの角度を調節する問題かと考えます。

江戸時代に上付きが評価されたのは、正常位でペニスの挿入がすぐに行えたことと

クリトリスバギナに近くにあり正常位での挿入時に同時に刺激されて女性が感じやすく、

オーガズムにすぐに達し、

自分が男としての征服感を味わえたからだと考えられます。

|付き場所で女性のオーガズム優先の体位

女性のバギナ(膣)における上付きは正常位、対面座位に向いており、

下付きは後背位、背面座位に向いています。

これはクリトリスの位置やGスポットの刺激に向いているかどうかに

関わっています。

中国の指南書のようにそれぞれ交わり方を工夫して

その女性が一番感じる体位でオーガズム(オルガスム)を

たっぷり与えてください。

|クリトリス刺激は忘れない

下付きの女性とのバックからの性交で忘れてはならないのは

指でのクリトリスへの刺激です。

彼女たちはそれまで正常位ではクリトリスへの刺激不足で

エクスタシーを経験できなかったのですから忘れないであげましょう。

かなり喜んでもらえます。

Digiprove sealCopyright securED by Digiprove © 2014All Rights Reserved