(スポンサーリンク)
ハッピーメールバナー*ポイント制人気出会いサイト
ハッピーメール攻略法

女がセックス好きとは??

|セックス好きな女とは

ではこの気まぐれな性衝動に支配されているセックス好きな女は

どのような要因でそこに至るのでしょうか?

ここで女性は男性のようにいつも発情している訳ではないことが

まずは前提になっていきます。

女性の性欲は複雑系であり、捉えがたい一面をもっています。

そんな中で女性が強い性欲に囚われ、

セックスを頻繁に求めるようになっていく要因は以下のようなものと考えられます。

  1. 性ホルモンの活性
  2. 快感神経伝達物質の活性
  3. オーガズム体験
  4. 精神的バランスの乱れ

これらの要因によってその女性がセックス好きであるかどうかが決まります。

1.性ホルモンの活性的な女

性ホルモンの分泌が盛んで活性化されている女性は快楽も深くセックス好きになります。

逆を言えば性ホルモンが不活性な女性は余りセックスには興味を持ちません。

性ホルモンとして女性の性衝動に大きく2つのホルモンが関与します。

女性ホルモンのエストロゲンと男性ホルモンのテストステロンです。

|エストロゲンの活性

エストロゲンが活性的に作用する女性は

乳房、お尻が発達し、腰のくびれが明確になり、曲線美に溢れ、

肌は白くしっとり皮下脂肪が豊かになり、髪の毛は太く密度が高くなります。

所謂、我々男性が好むそそるような女らしいからだつきになり

生殖機能を成熟させていきます。

活発に働くエストロゲンは皮膚を性的に敏感にして感じやすくさせ、

膣オーガズムを生み出し、深いオーガズムを女性に与えます。

更に男性に対して強く興味を示し、

男性を性的に受けいれことに女性の大きな喜びに感じるようになります。

エストロゲンの分泌ピークは20代後半から30歳にかけてになり

女性はこの時期に性的な完成を向かえます。

即ち、成熟とともに女性はバギナオーガズムを体験して性の喜びに目覚めるのです。

エストロゲンが不活発な女性は性的に完全に成熟することなく

積極的な性欲も起きず、セックスには無関心になります。

esutoroge

|テストステロンの作用

一方、男性ホルモンのテストステロンも男性の十分の一程度分泌されて

女性の性衝動に大きくかかわります。

テストステロンは男性らしさを形成するホルモンで性欲ホルモンでもあり、

ペニスと同じ発生であるクリトリスを活性化するホルモンです。

女性のテストステロンは10代後半にピークを向かえます。

この時期急激なテストステロン値の向上に女性はセックスへの興味と性欲を高めます。

この時期は少なからずの女性がやみくもの性的な行動を起こします。

しかし、やがてテストステロン値が低下して、

エストロゲンも分量が増えてくると嵐のような性的な衝動も収まります。

テストステロンは性欲ホルモンであり、クリトリスオーガズムの源泉です。

テストステロンはまた40歳前後にエストロゲンの低下によって影響が強まり、

女性の性欲を増加させます。

40歳前後に多くの女性は強い性欲に襲われれのはこの為です。

男性ホルモンであるテストステロンは男性的な性欲を誘発して、

男性的な肉体を形成していきます。

テストステロンが比較的分泌の多い女性は

骨格は大きく太くなり、皮下脂肪も少ない筋肉質な体になり、体毛がこくなります。

体も乳房もお尻も小さ目でくびれ体形ではなくストレートな体つきになります。

所謂、引き締まった男前な女性になりますが、

性欲は強く、性格も男性的な傾向を示します。

性的な反応はクリトリスオーガズムが主体になり、

無修正動画サイト・カリビアンコムのマンコ図鑑は人気AV女優さんのあそこがじっくり楽しめます。

膣によるオーガズムは体験することは稀になります。

所謂、クリ派です。

真の女らしに溢れた官能的で耽美なセックスパフォーマンスを示すことはありません。

(参照:テストステロンタイプの女

femail-tesutsuteron (2)

テストステロン値と年齢

|エストロゲンとテストステロンの協調による性的な関心

このように女性のセクシュアリテイーにはエストロゲンとテストステロンは不可欠で

同時に作用することで重複的に女性のセックスに影響を与えます。

女性らしい体とパフォーマンスを示しながら、性欲を持ち、

クリトリスオーガズムもバギナオーガズムも同時に体感できるのです。

女性がセックスに積極的な行動を起こすには、

少なくても男性の求愛を受け入れるには、

この一方のホルモンが一定の作用を及ぼす必要があります。

強烈なセックスへの関心を示す女性はエストロゲンとテストステロンが活発な女性です。

エストロゲンは受け身的な性衝動を起こし、

テストステロンは能動的なセックスの源泉になります。

女性は2つのホルモンの活性度によって

大きくとらえて以下の表のような男女間のセックスに対する傾向を示します。

(女性のヘエテロセックスへの関心度)

テストステロン・強 テストステロン・並 テストステロン・弱
エストロゲン・強
エストロゲン・並
エストロゲン・弱 × × ××

|女性の性の源泉エストロゲン

上記表の二重丸は生まれながらの好色女性となる可能性が大きくなります。

性欲も強く、身体は全身感じやすくオーガズムをクリでもバギナでも得ることが出来ます。

淫乱な女になるとも言えます。

セックスが苦手な男性はもてあますことになるでしょう。

上記の〇に該当する女性は女性らしい体つきと性感を示し、

男子にとって美味しい女になります。

テストステロンが強い女性は積極的な性行動を起こし、

平均的な女性は待ちの姿勢をしめしますが、

セックスパーフォーマンスは十分満足いくものになります。

△はセックス好きになるどうかはある意味では男性次第です。

所謂、奥手の女性です。

積極的に男性が誘惑して仕込んでいくことでセックス好きな女に変貌しますが、

常に男性からの誘い待ちになります。

×印の付いている特にエストロゲン作用の弱い女性は

女性として不完全で正常な男女のセックスには

無関心にある可能性があります。

テストステロンが強くエストロゲンが弱い女性は

レズビアンの性的な嗜好を示しことになることもよくあります。

また××な女性はセックスを嫌悪し、殆ど関心を持ちません。

よって女性を選択する際には少なくとも×女性は選ばないことが肝心です。

セックスを心から楽しみたい男性はエストロゲンが並もしくはそれ以上の

上記の〇、もしくは◎の女性を狙うべきです。

また△印の女性は手間暇がかかりますが、悪くはありません。

エストロゲンの正常な女性は肉体的にも精神的にも女らしさに溢れ、

セックス好きでセックスパフォーマンスも最高です。

Digiprove sealCopyright securED by Digiprove © 2017All Rights Reserved

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


*定額会員制安心出会いサイト 
    1. ラブサーチ 
      真面目な出会いが出来るサイト
    2. 大人の出会いfrom40
      順番待ちの人気サイト
    3. ドリームリアライズ
      夢が叶う出会いが出来るサイト

(スポンサーリンク)
ハッピーメールバナー*ポイント制人気出会いサイト