サイト内検索

(スポンサーリンク)

オキシトシン(愛情ホルモン)で女はコントロール出来る

オキシトシンは最近注目のホルモンです。

オキシトシンは人間の愛情と快楽に深くかかわるホルモンです。

女性のオキシトシンを高めることで女性の愛情コントロールも可能です。

その性質を良く理解しておくことも恋愛のプロには大切です。


(スポンサーリンク)

ハッピーメールバナー

業界最大級の会員数を誇る、登録無料の優良コミュニティ「happymail」(18禁)

ハッピーメールはポイント制の会員500万人を誇る20年を超える老舗サイトです。サクラもなしでセキュリテイーも万全で、安心して遊べます。ポイントサイトは、入会後直ぐに出会いが出来て、エッチな出会いにも最適です。(ハッピーメール攻略法はこちら


愛の泉オキシトシン

オキシトシンは( 抱きしめホルモン)(幸せホルモン)(愛情ホルモン)

(絆ホルモン)(友情ホルモン)(信頼ホルモン)などとも呼ばれている

人間の間を親密にする愛のホルモンです。

特に女性の母性愛を発現させるホルモンとしてもよく知られています。

オキシトシンは視床下部のオキシトシン細胞や卵巣、精巣などで生成されます。

血液に乗って末梢組織で働くホルモン作用と脳内中枢神経で

神経伝達物質として働く作用があります。

オキシトシンは収縮ホルモン

オキシトシンの基本的な役割は筋肉の収縮です。

オキシトシンは出産の際に子宮やバギナ等の不随な筋肉を収縮させるために

大量に分泌されます。

また赤ん坊への授乳の際にも乳腺を収縮させて母乳を分泌させます。

またオーガズムの際にも分泌されて子宮やバギナを収縮させます。

オキシトシンは分泌されると平滑筋を収縮させますが、

脳にも大きな影響を及ぼします。

分娩や授乳時には母親としての愛情を育み、

オーガズムの子宮の収縮時には快感と男性への愛情を生みだします。

性ホルモンオキシトシン

オキシトシンは末梢組織では子宮などの平滑筋を収縮させ分娩などで大きく作用し、

さらに乳腺にも作用して乳汁を分泌させますが、

母親と子供の絆を深めるホルモンでもあります。

オキシトシンは女性の母性を形成する母の愛の根源です。

しかし、オキシトシンは愛情とは真逆の作用を示す時もあります。

育児中にわが子を守るために攻撃性を示すことが良くあります。

子供に対して敵対心を持つ相手等に対しては攻撃ホルモンとして作用します。

また子育てに非協力的なパートナーに対しても不快感や苛立ちを覚えます。

この場合は夫に対して非難の姿勢を示したり、けんか腰になったりします。

愛情ホルモンですが、その愛情から「攻撃ホルモン」として作用します。

男女を強く結びつけるオキシトシン

オキシトシンは男女が一緒にいる状態ではお互いにひきつけ合う作用があり,

好きな相手といる際の熱い幸福感をもたらします。

男女が触れ合うことでもオキシトシンの分泌が促進されます。

見つめあったり、手を握ったり、お互いの肌に触れたりすることでも

オキシトシンの分泌レベルはあがります。

女性はマッサージなどを受けると上昇する現象が顕著です。

マッサージ師の男性を女性はよく好きになってしまいますが、このオキシトシン作用です。

セックスで高まるオキシトシン

性的な刺激を受けた時もオキシトシンレベルは高まります。

子宮頸部をペニスなどで刺激されると分泌が活性化され、

また女性は乳首などを刺激されて乳腺が刺激され特に高まります。

女性は赤ちゃんにオッパイを吸われれば吸われるほどオキシトシンは分泌され

愛情が深まりますが、

セックスでもこの作用と同じことが起こるようです。

女性をしっかり惹きつけるためには乳首を特に入念に刺激してあげることが大切です。

オキシトシンはキスでも高まる

またキスも重要な要素です。女性はキスによって性的な興奮と

相手に対する愛情が深まっていきオーガズムを迎えやすくなります。

女性はキスによってオキシトシンが倍以上に増加し、

相手に深い愛情を覚えるようになります。キスで健康

キスは女性の愛情を深めるためには大切なプロセスです。


マンコ図鑑
マンコ図鑑 ~これがカリビの醍醐味だ!2019蔵出しマンコ~
岡本理依奈ちゃん、立花あんりちゃん、神南ひかりちゃん、愛葵いちかちゃん、波形モネちゃん、ゆうき美羽ちゃんの豪華6本立てのマンコ図鑑!!
(悪魔のアダルト動画)

オキシトシンとオーガズム

女性のオーガズムの際にオキシトシンは

子宮頚部や膣の激しい収縮を引き起こします。

このホルモンのレベルが高い状態ではオーガズムが

引き起こされ易くもなります。

その為オーガズムホルモンとも言われます。

従って女性をイカせるためにはセックスの前段階でお互いの触れ合いや

マッサージなどでオキシトシン濃度を高めておきます。

また子宮頚部はオーガズムの収縮の際に精子を子宮に取り込もうとしますので、

オキシトシンが高まると妊娠しやすくなります。

更にオーガズムを迎えると女性は一気にオキシトシンが血中放出されます。

そのオーガズムの感覚が大きければ大きいほど量は増えます。

オーガズム向かえると放出されたオキシトシンは更に女性ホルモン

エストロゲンと結びついてオキシトシン効果を高めます。

女性の場合はセックスの後もオキシトシンレベルは下がることなく継続します。

女性を自分に愛情をしっかり持たせ惹きつけておくには

深いオーガズムを与えることがポイントです。

女性はオーガズムを与えてくれる男性を好きになっていくのです。

手抜きしないしっかりしたセックスは愛の好循環をもたらします。

この逆も真です。

手抜きセックスは女性の愛情を徐々に冷ますことになります。

女性と男性のオキシトシン作用の違い

女性は男性より30%程度、オキシトシンレベルが高い状態にあります。

女性が男性よりは周囲の人や赤ちゃん、動物に愛情を示すのはこのためとも

言えます。

恋に女性が夢中になりやすいのはオキシトシンの影響でもあります。

男性は勃起したとたんにオキシトシンは急激に下がります。

これはテストステロン濃度が高まることによる影響と考えられます。

テストステロンはオキシトシンを中和する作用があります。

深い愛情よりは生殖本能の性欲が優先するためかもしれません。

また射精した段階でもオキシトシンは更に急激に下がり、プロラクチンが放出され、

男性は現実に引き戻されます。

これは我々が狩猟時代の外敵から身を守るための本能的な仕組みと言われています。

現在は、命の危険になる状況は余り生じませんがその名残りとしての現象です。

女性はオーガズム後もオキシトシンを高レベルを維持し男性との触れ合いを求めますが、

男性ではオキシトシンに似た化学構造のバソプレシンが、射精後に大量分泌され、

女性のオキシトシンのように愛情ホルモンとして作用します。

多くの男性はすぐにテレビをつけたり、すぐに寝たりひどい時は帰り支度を始めます。

「出せばお終い」の姿勢では余りにも男として情けないので5分間くらいは

女性をしっかり抱きしめてあげましょう。

女性の愛情が増してゆきます。

別れたい女性のときは勿論、すぐに背中を向けて寝てしまいましょう。

男の性欲を弱め家族愛を強めるオキシトシン

オキシトシンは男女の愛情を深めていきますが、

ドーパミンアドレナリンの分泌が低下していき、恋愛の喜びの感情は薄れていきます。

次第に恋愛感情は友情や家族愛に変化していきます。

すると男性のテストステロンも低下していき性欲も抑えられていきます。

他の女性に興味は示さなくなり性機能も低下していきます。

活き活きとした魅力ある男性でいるためには複数の女性と交際することを

このメソッドではお勧めします。(複数の女性をキープ

( オーガズムとホルモン:参照)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

(スポンサーリンク)


大人の出会いfrom40

男性会員は、40歳以上に限定されていますので、年配の男性も遠慮なく出会いが楽しめます。男女の比率を調整しているために、男性の数を制限することもあり順番待ちになることもあります。サクラなどもいないために、ちょっと会費が高めになっています。月額会費以外はそれ以上は一切かからないのでしっかり楽しめます。(安心定額サイト)