サイト内検索
ブログをメールで購読

報酬系システムとホルモン

脳内報酬系(ほうしゅうけい)とは、生き物が生命活動に有意義な行動をとった時に、

人間や動物に『快感』や『心地よさ』を感じさせる脳内システムのことです。

その快感は脳にしっかり記憶され、その快感の再現を求めます。

これに大きく関わり主役になっているのが、ドーパミンと言われる神経化学物質です。

ドーパミンは動物が生きる上での行動の原動力となっています。

特に生殖や摂食行動などの生命維持や種の保存などの根本的な

生命活動にドーパミンは大きく関わり、

本能的な行動を取ることを指示していきます。

例えば、豪華なスイーツを食べると私達は嬉しくなってしまいが、

これは脳に大量のドーパミンが放出され、快感と満足感を脳神経が感じるからです。

美味しいもの甘いものは、身体にもよく栄養価が高いので私達の生存本能が

快感を与えることで積極的に摂取するように要求するのです。

DNAは、DNAが求める行動を取ることに対して、快感という報酬を与えていきます。

我々はドーパミンによって行動を制御指令されている言えるかもしれません。

ここではセックスに関わる報酬系の作用を見ていきます。

(ドーパミンは以下を参照ください)

ドーパミンは快楽ホルモン、幸せホルモン、高揚ホルモンと言われています。また、脳内麻薬とも言われます。脳内の大脳辺緑系のドーパミンニューロン(視床下...
 悪魔の性典

スポンサーリンク

SEXは出会いから始まる ハッピーメールバナー*ポイント制人気サイト
ハッピーメール攻略法

SEXは出会いから始まる ハッピーメールバナー*ポイント制人気サイト
ハッピーメール攻略法

報酬系に関わる脳内部位

報酬系のシステムは非常に複雑に脳内で働いています。

ここではできる限り単純化して説明していきます。

報酬系の作用は、古い脳である大脳辺緑系と中脳が主体になって起こります。

人の脳は進化の過程で、

爬虫類脳や哺乳類脳などの古い脳に、

人間脳(新しい脳)が上乗せされて増強してきました。

爬虫類脳は反射脳(脳幹、脊髄)であり、

心拍や呼吸、体温調整などの生命を維持する自律神経として

機能しています。

哺乳類脳(大脳辺緑系)は喜びや恐怖、怒りなどの情動を司ります。

そして新しい脳は、理性脳と言われ大脳新皮質がそれに該当し、

理性、意識や論理、知能、創造性を生み出しています。

大脳辺緑系は、大脳の直下にある扁桃体、視床下部、側坐核のことをいいます。

人の欲望は古い脳で作用する報酬系で生み出され、

大脳の前頭前皮質の理性がそれを制御しています。

古い脳から湧き上がる欲求を、新しい脳が抑制しコントロールしているというイメージです。

それによって人は、金銭欲や性欲などを社会や人間関係とバランスしているのです。

また恋愛や仕事にも、極論すれば人の活動全てに。

この報酬系は同じメカニズムで大きく関わります。

すべての人の情熱の源泉は、このドーパミンによる報酬系システムにあります。

恋もセックスもこの報酬系システムの一つの形です。

報酬系のご褒美

セックスにおいては、

我々は、身体的、もしくは視覚的、聴覚的なセクシュアルな刺激を受けると

快感を求める報酬系システムが作動します。

このシステムは生まれながらにして、遺伝的に脳にプログラムとして刷り込まれています。

健全な人では、性的な刺激でドーパミンの濃度が上昇し、

肉体的もしくは精神的にご褒美を要求します。

ご褒美はとは快になることを意味します。

何か快適なことが得れそうな期待がある時にドーパミンは放出され、

それを追い求めているときにも高まり、

さらに達成したときもドーパミンは分泌されます。

つまり、ドーパミン報酬系は、まるで子供が100点をとれば


マンコ図鑑 | 悪魔のアダルト動画
無修正動画サイト・カリビアンコムのマンコ図鑑は人気AV女優さんのあそこがじっくり楽しめます。女性の構造の勉強に最適です。
 love-devil.com

お菓子を貰えると親から言われ、勉強に励み、100点達成して

お菓子の美味しさに酔いしれるようなものなのです。

人は実に簡単に脳へのご褒美を求めて行動しているのです。

セックスでは、異性との接触の心地よさであり、

究極的にはオーガズムの快楽です。

ドーパミンは性的な接触で快感を生じさせ、人を覚醒陶酔させ、

更に高みの快楽、オーガズムを得ることを求めます。

これが生き物の欲望の根本であり、生きていく目的ともなっています。

すべての生きとし生けるものは、快感を求めて日々、生き続けているのです。

セックスのみならず、食事、排便、会話、スポーツ、入浴、睡眠、読書、映画など

あらゆるもの渡って報酬系システムは作用して、快感を得るように行動させます。

報酬系とホルモン

刺激によって、ドーパミンは視床下部から放出され、

我々の交感神経を覚醒させ、欲求の達成を求め、行動させます。

特に生殖に関わる報酬系システムは、あらゆるものに優先的に作用していきます。

ドーパミンは、新しい脳の前頭前皮質にも分泌され、性的な欲求の抑制を解除し、

神経は覚醒し、性欲の充足、すなわち絶頂を味わうことを第一優先にして

理性的な判断を鈍らせます。

時に人はこの欲望が暴走し、性的な犯罪に至ります。

特にテストステロン値が高い時には、理性による自制心が鈍ることもよく起こります。

若気の至りと言われる失敗がいい例です。

またドーパミンの上昇は、脳内麻薬であるエンドルフィンの濃度を高め、

人をさらなる快感に導きます。

女性は、乳房・乳首ポルチオ・膣への刺激で脳下垂体からオキシトシン

分泌され、オキシトシンは更にドーパミンの分泌を促進し、快楽を深めます。

やがて、刺激の継続で興奮が高まり、ドーパミン濃度が更に強化され、

女性はオーガズムを向かえていきます。

オーガズム時にはオキシトシン、エンドルフィン、プロラクチン

セロトニンが一気に放出され、

肉体的な快感と精神的な満足感を頂点まで高めていきます。

オキシトシンは子宮・膣を収縮させてオーガズムの痙攣を作り出し、

また脳にも作用し相手の男性との絆を深めていきます。

エンドルフィンはオーガズム時に大量に放出され快感の極み演出しますが、

同時にドーパミンの分量を抑えて、興奮と性欲を沈静化します。

また、プロラクチンもセロトニンも興奮と性欲を静めるように作用します。

報酬系の強化

報酬系はその欲望が満たされることによって、ドーパミンの受容体は更に増強整備され、

感受性を高めていきます。

一度味わった快感は、脳奥の扁桃体に記憶され、

その時の刺激に強く結び付けられていきます。

その刺激により敏感になり、反応を強めるのです。

また、オーガズムを得ることで、脳の大脳辺緑系神経構造に変化が起き、

神経同士の結びつきが密接になり、オーガズムのネットワークも形成されていきます。

快感に対する報酬系は体験を重ねるとともに強化されていくのです。

一度得た快感は脳に刷り込まれ、再現を更に求め続け、

より大きな快感を期待します。

これが報酬系の強化であり、人の欲望が増大するメカニズムです。

報酬系は恋愛や性的な行動における人に行動の動機を与えるシステムとして

作動しています。

Digiprove sealCopyright securED by Digiprove © 2019All Rights Reserved

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


(出会えるお薦めサイト)

ネット出会いの極意はじっくり相手を見つける定額会員サイトと 速効でH出来るポイントサイトを2つ登録しておくことです
*出会いサイト攻略はこちらで詳しく書いてます➡悪魔の出会いサイト
*刺激的なポイント制出会いサイトの一押し(18禁)
    1. ハッピーメール攻略法
ポイント制サイトは色々試しまたが、このハッピーメールに限ります。即Hも可能です。ただし、上記関連サイトの攻略法はしっかり読んでください。 最初は無料登録でじっくり自分に合った出会いサイトを探しましょう。
*安心の定額会員出会いサイトBEST3(18禁) 
  1. ラブサーチ
  2. 大人の出会いfrom40
  3. ドリームリアライズ
  4. 月額定額だから安心して遊べます
    まじめな出会いはラブサーチがお勧めです