(スポンサーリンク)
ハッピーメールバナー*ポイント制人気出会いサイト
ハッピーメール攻略法

バソプレッシンは男の浮気を防止する

バソプレッシンは人間の生理作用に関わるホルモンですが、

セックスや子育てにも大きな役割をになっています。

特に男性に強く作用するようで、女性のオキシトシン的な作用があります。

バソプレッシンの分泌が促進されると

男子の浮気が防止されると言われます。

その為バソプレッシンは浮気防止ホルモンとも言われています。

|神経性の脳下垂体ホルモン

バソプレッシンは脳下垂体後葉から分泌される抗利尿ホルモン(ADH)であり、

血圧上昇ホルモンです。

すなわち利尿作用を抑えて体液を保持したり血管を収縮させて

血圧を上げる効果があります。

|男性の愛情ホルモン

バソプレッシンは同時に満足ホルモンや愛着ホルモンとも言われます。

特に男性の場合、オーガズムを向かえた後に多く放射され、女性に対して

親近感や愛情を抱くようになります。

バソプレッシンの大量放出によって男性のテストステロンは濃度は低下がり、

激しい性欲が低下します。

恋を愛に変えるホルモンとも言われています。

赤ちゃんを抱いたりするときにも放出されることが知られています。

オーガズムによって女性のオキシトシンが大量に放出され

愛情が増幅されますが、男性はその役割をバソプレッシンが担います。

|不足すると男性は浮気し離婚する??

バソプレッシンが減少した男性や遺伝的に普通の男性より少ない人は

浮気性で離婚率が高い傾向があります。

女性に対する愛着が起こらず、テストステロンが優位な状態で性欲が

無修正動画サイト・カリビアンコムのマンコ図鑑は人気AV女優さんのあそこがじっくり楽しめます。

常に先行する為と考えられます。

また、セックス頻度が少ないカップルはバソプレッシンの濃度が低く

別れる確率が高くなります。

|浮気は不治の病

浮気性の男性はどうやら本人の性格的な問題ではなくて

ご先祖様から引き継いだ謂わば、遺伝であり病気のようなものです。

貴方の浮気性は貴方のせいではけっしてないとも言えます。

よって自分を責めたりすることはないのです。

治らない病気としてばれないように上手く振舞っていってください。

|思慮分別ホルモン

バソプレシンはテストステロンのいわば見張り役のようなものです。

過激になったり熱くなりすぎることを抑えています。

このホルモンの強い人は真面目で面白みに欠ける傾向があります。

記憶力や集中力、認識力を高める作用があり、勉学効果を高めます。

真面目で面白くない人に限って成績がいいのはこのホルモン濃度が

高いからもしれません。

やたらキョロキョロ浮気性の人はやはり、学問には向いてないのでしょう。

|長寿ホルモン

このホルモンの集中力向上の作用はセックスの際の集中力も高めて

くれるそうです。

現在の出来事や自分自身に集中させる効果があり、今挿入している女性に

愛情を集中させます。

また、このホルモン・バソプレッシンは体の生理作用を調整する役割もあり、

長生きホルモンとしても期待されています。

ということは浮気性の男性は長寿は期待できない??

のかも知れません。アイキャッチ画像を設定

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


*定額会員制安心出会いサイト 
    1. ラブサーチ 
      真面目な出会いが出来るサイト
    2. 大人の出会いfrom40
      順番待ちの人気サイト
    3. ドリームリアライズ
      夢が叶う出会いが出来るサイト

(スポンサーリンク)
ハッピーメールバナー*ポイント制人気出会いサイト