サイト内検索
ブログをメールで購読

女が蕩ける気持ちのいいキスの実践法

|唇と舌を柔軟に保つ

ここで考えるべきことは我々男性とまったく同じことを女性も感じるということです。女性にとっても男性の柔らかで肉厚の唇の感触は実に魅力的なはずです。女性との唇を合わせるにあたってはこの女性が感じる皮膚同士の接触感覚をしっかり意識することが大切になります。貴方がたとえ唇は薄い男子であっても「柔らかな唇と舌でキスをする」ということを意識することです。それによって厚めの唇でない男性でもソフトで心地よいキスで女性を酔わせることは大いに可能になるからです。それには幾つかのポイントがあります。

  • 唇と舌を脱力する
  • スローキッスを心がける
  • 口輪筋舌筋を鍛える

唇と舌の力を抜いて口づけする

唇や舌を柔らかに保つためには決して力まないことが重要です。多くの男性は口づけの際に張り切る余り唇周辺に力をこめてしまいます。舌を相手のお口に入れる際にも力んでしまいがちです。唇も舌もキスする際には力を抜くことでソフトな感触となり女性も心地よく感じます。

スローキッス

このときにキスの動作は出来るだけゆっくりソフトに行います。焦ったように唇を重ねたり、すぐに舌先を相手の口に押し込まないことです。ゆっくり唇を重ねてゆっくり唇を舐め、ゆっくり舌先を進入させて相手のお口の中でもゆっくりと相手の舌に絡ませていきます。優しくゆっくり一連の動作を行います。情熱的なキスは相手の体が興奮で高まってきた段階まで我慢してください。こうすることで女性は貴方のお口や舌の感触を柔らかで気持ちいいものとして感じ、性的興奮は一気にたかまります。女性の性的発情は常にゆっくり始まり、ある所から一気に進みます。

口輪筋と舌筋を日ごろから鍛えておく

唇や舌の力を抜きゆっくり動かすには唇や舌の動きが常に余裕があることが必要になります。そのためには舌や口周辺の筋肉を鍛えておかなくてはなりません。柔軟でゆっくりした舌先や唇の筋肉動作さはそれらの筋肉自体に余力があって始めて可能になるのです。これはスポーツ全般に共通することです。舌と唇には十分な稼動域とパワーを持たせることが必要です。そのためには日常的に口輪筋と舌筋を鍛える運動を行います。

口輪筋の鍛え方

口輪筋は字のごとく口の周りを取り囲む筋肉です。唇の動きや顔の表情を作る筋肉で、日ごろから余り使わないとすぐに衰えてしまいます。口輪筋は食事をしたりするときや口付けなどを行うときに無意識に動かしています。この筋肉を意識的に鍛えることで口付けの際の唇の動きに余裕を与えることになりソフトな感触を女性に与えることが出来ます。そのために日ごろ時間のあるときに次の動作を行ってください。

舌回し

舌を口の外に出して唇の外側の上をなぞるように円を描きます。口を半開きにしながら唇を舐めまわすように行います。これを右回し、左回しを各50回ほどづつ行います。最初はかなりきつく感じますが、日々行うことで筋肉が鍛えられその際の口内の苦痛も低減してきます。

唇突き出し

口を閉じて唇をすぼめるように前に突き出しまた引っ込めます。これをリズミカルにすばやく100回ほど行います。まるで悪戯に女性にちょっとチューをするような感じになります。

口角上げ

口を横斜めに引っ張るように広げて無理やり笑顔を作り口角を上げる運動です。リズミカルにすばやく100回ほど行います。

無修正動画サイト・カリビアンコムのマンコ図鑑は人気AV女優さんのあそこがじっくり楽しめます。女性の構造の勉強に最適です。

(スポンサーリンク)

お風呂の時間や何もすることの無いちょっとした時間にこれらの運動を行ってください。口輪筋は多くの表情筋とつながっています。口輪筋に負荷をかける事は顔中の表情筋を鍛えることにつながり、顔のラインの引き締め、たるみ、シワの予防にもなります。何よりも素敵な笑顔で女性を魅惑することが出来ます。

女性を舌の舐め愛撫で絶頂(オーガズム)に導くためには日頃の舌筋トレーニングが大切です。

唇と舌の接触面積が多いほうが気持ちいいという事実

交際当初は軽く唇を触れるようなバードキスから始まりますが、次第に唇を重ねたり舌同士を絡ませていくにつれ、女性は唇の柔らかさプラスにお互いの唇もしくは舌の接触面積が広いほど気持ちよく感じていきます。デープキスに女性が酔いしれるのは唇と舌同士がみっちり接触しあうからです。この原理を理解のうえで唇や舌同士の絡ませ方に少し工夫を凝らし。より密着度を高めましょう。
まずは第一のポイントは柔らかで面積が広い下唇の使い方です。以下の工夫を凝らしてみてください。

  1. 下唇同士を重ねる
  2. 下の唇で相手の上唇を下から接触愛撫していく
  3. 下唇上唇で相手の下唇、上唇を優しく挟む

これらの動作を意識的に行います。基本はソフト&スローに行ってください。軽く唇を横にスライドさせるとより効果的になります。あなたの唇の気持ちいい感触で女性はウットリするはずです。

また相手の女性の唇を舌で舐める際も、また口に舌を進入させていく際も出来る限り舌の上皮の接触面を多くする工夫行ってください。

  1. 出来る限り舌の上部の面を広く使う
  2. ゆっくり動かして相手の接触面積の感触を広く感じさせる
  3. 女性に舌を口の外に出してもらい舌同士を広い面で密着絡ませる

舌が力んだ状態では舌は窄まった状態になり、接触できる面積は狭くなります。お互い舌は力を抜いてダラッとした状態に保つことが大切です。キスの際は女性の緊張を出来るかぎり和らげるために優しくゆっくり行ってください。男性の唇や舌が力んでいると女性にもその緊張が伝わり構えてしまいます。男性は自らの口唇の力を抜いて女性の髪を優しく撫でながら行うことが効果的です。

逆位接吻法(69キス)

唇と舌の表面が最大限に密着でき、かつ官能的なキスがベッドなどで女性が仰向けになった状態で男性が女性の頭部方向から唇を重ねていく接吻法です。舌唇同士が最大限に接触し、密着することになり極めて淫靡で官能的な口付けになります。更に舌同士もお互いの舌が正面から密着することになり、普通の順位の体位では味わうことのできない性的な感覚を楽しむことができるはずです。「69キス」ともいうべき、刺激的なキスであり、もはやキスというよりはよりハイレベルな快感を楽しむための愛撫になります。そのまま男性は更に女子の下部に顔を進め、オッパイを逆舐めしたり、更にはそのまま69に進むこともできるキススタイルです。

Digiprove sealCopyright securED by Digiprove © 2018All Rights Reserved