サイト内検索

(スポンサーリンク)

乳首オーガズム

乳首は第二のクリトリスとも言われるくらいに女性の性感帯のなかでも

一級の感受性を持っています。

セックスで男性による刺激で乳首でオーガズムに達する事のできる女性は数多く存在します。

何故これほどまでに乳首は感じるように出来ているのでしょうか?

そこには人類の生殖上の繁栄の為の戦略がしっかり埋め込まれているのです。

その乳首性感をより深く探求してみましょう。

そして貴方のパートナーに乳首によるオーガズムの喜びを体感させてあげるのです。

あなたのこれからのセックス人生にきっと役に立つはずです。

(スポンサーリンク)
SEXは出会いから始まる
ハッピーメールバナー*ポイント制人気出会いサイト

乳首は誰のためにある?

乳首乳頭ともいい、本来は乳児への乳汁の排出口ですが、

赤ちゃんへの授乳の時間よりはむしろ男性にしゃぶられている時間のほうが

女性の人生の中では長いのではないでしょうか?

女性は赤ちゃんに舐められたりしゃぶられたりする刺激で

乳汁をしっかり分泌するために

乳首や乳輪には多くの知覚神経が分布して敏感に反応します。

赤ちゃんにしゃぶられたり舐められる事は女性はドーパミン報酬系が作動して正の刺激になり

快感・喜びとして脳へ伝わります。

その感覚が男性に舐められることやしゃぶられことでも脳の錯覚により

性的な快感へと転化したものと考えられます。

もはや性器の一部としての乳首

そして女性は性的に男性を惹きつける武器として乳首を活用していきます。

男性自身もオッパイをしゃぶる行為は遠い幼児記憶が呼び起こし、

脳はドーパミンとセロトニンを分泌し快感と安らぎを男性の感覚のなかに呼び起こします。

更に性感を強めて性的な激しい反応を男性に示すことで男性を歓喜させています。

女性の乳首は、生存のための武器として進化し、やがて乳首は2次使用、

つまり娯楽としてのセックスでの役割の方が完全に主流になっていきます。

もはや性器の一部として定義づけのほうが正解でしょう。

乳首の性感反応

乳首は性感帯としても一級の部類です。

男性の乳首は敏感に感じますが、女性はエストロゲンの作用で男性の何倍もの

感度を有します。

乳首の表面にはマイスナー小体という触覚に対する性感神経(知覚神経)が

多く分布しています。

また乳首表皮の深部にはパチニ小体という圧力や振動に反応する

神経が存在しています。

そのため舐められたり触られたりせる刺激に敏感に反応します。

特に指先や舌先で乳首全体を軽く押す刺激は乳首深部のパチニ小体が反応して

乳房に鋭い快感が走ります。

また最近の研究では乳首には感覚受容体である陰部神経小体が

多数存在しているとされています。

陰部神経小体はクリトリスや亀頭などに集中している性感専用のセンサーです。

(参照:女性の性感感覚

乳首の勃起現象

乳首は刺激によって性的な興奮を起こすと反射的に前に飛び出し固くなり勃起します。

この乳首の勃起は性的な興奮のバロメーターにもなりますが、

個人的な性感度や女性として成熟度、またその日の体調によっても

勃起の度合いは異なります。

乳首の勃起は御存じのように男性にも起こる現象です。

乳首への刺激で平滑筋が収縮し静脈うっ血が起こり、乳首は勃起します。

直接の愛撫や舌舐めだけではなく女性が性的な興奮した時にも乳首勃起は起こります。

性的な興奮とは関係なく寒さやシャツなどとの接触で乳首が勃起することもあります。

男性もそうですが、乳首は性的な刺激で興奮すると勃起します。

左右は別々に興奮して勃起します。

右を刺激していると左はしぼむといった具合です。

乳首の勃起は本来は前に飛び出させて赤ちゃんがしゃぶりやすいようにするためで

授乳は片方ずつしか行わないために片方ずつ勃起するのです。

(乳首の勃起は接触などの刺激や寒さなどからも起こります)

男性の乳首は女性から男性への発生の段階での遺産的な存在であり、一種の忘れものです。

機能的な役割は全く有していません。

しかし、中には母乳らしき液体を乳首から分泌する男性も存在するそうです。

乳首と子宮、クリトリスとの連動

女性は乳首の愛撫刺激で子宮まで響くとよく表現します。

乳首と子宮が連動する現象ですが、実際に乳首を刺激することで

脳の体性感覚野で乳首領域とクリトリス、膣、ポルチオの脳領域が同時に活性化されることが

確かめられています。

乳首を愛撫するだけで女性は下半身がうずくのは脳内で両者が

連携していることで起こります。

そしてもう一つの大きな要因は、オキシトシンの分泌です。

オキシトシンは、絆ホルモン・母性ホルモンと言われています。

脳内では神経伝達物質として働き、子宮では出産時子宮を収縮させ赤ちゃん分娩させ、

また授乳時には乳腺筋繊維を収縮させて母乳を分泌させるホルモンです。

乳首や乳房は赤ちゃんの吸引や手揉みでこのオキシトシンを分泌し母乳を出しますが、

セックスでの性的な刺激でもオキシトシンは分泌されます。

乳首からの刺激は、脊髄の末梢神経を介して脳下垂体に伝わりオキシトシンを

血中に分泌させます。

血中に分泌されたオキシトシンは子宮に運ばれ、子宮やバギナを活性化します。

乳首の愛撫は、子宮も興奮させているのです。

乳首オーガズム

これらの作用で乳首は今では女性の快感の為の第二のクリトリスとしての

役目をも担っています。

上記のように乳首刺激は脳のクリトリスの感覚領域まで刺激する事になります。

刺激は神経的に交差し混線していきます。

そして乳首刺激によるオキシトシン分泌は子宮やバギナをホルモン的に活性化します。

乳首の性的な刺激で乳首オーガズムの出現が可能となっていきます。

実際に赤ちゃんへの授乳中にオーガズムを感じたことがあるとする女性は

少なくありません。

ある調査では赤ちゃんへの授乳で乳首を刺激されてオーガズムを体験した女性は

7~8%いるそうです。

オーガズムに至らないまでも女性は確実に乳首刺激は喜びであり、

その恍惚感に酔いしれます。

女性の乳首をしっかり愛してあげるのは我々男性の持って生まれた責務です。

母乳で育てなくなった現代において女性が乳首をしゃぶってほしい欲求は

益々増大したといえるかもしれません。

乳首舐めの原則

乳首を舐めて開発するときには、赤ん坊のごとく無心に舐めまくることです。

乳首はクリトリスと同じです。

舐めれば舐めるほど、愛してあげればあげるほど感度は増幅されていきます。

多くの男性はオッパイ舐めは形ばかりです。

直ぐに下半身に興味が移っていきます。

接吻と乳首舐め、そしてクンニは丁寧に時間をかけて舐めることが原則です。

開発時の乳首舐めには小細工は必要ありません。

ただひたすら無心に舐め続けるのです。

乳首は、神経的にもホルモン的にも子宮に直結しています。

乳首舐めで女性器は大いに興奮して感度を増します。

開発が進めば乳首舐めだけで女性器は興奮し、オーガズムを迎えてくれます。

男にとって女の体の開発こそ最大の喜びです。

多くの男性はキス、乳首舐め、クンニに手抜きばかりです。

女の不満がここにあります。

キスと乳首・クリ舐めで女性を支配できるかもしれせん。

乳首オーガズムのまとめ

  • 乳首は哺乳類に特有の生殖器官である
  • 乳首は授乳行為を気持ちいいと感じさせる為に敏感になった
  • 人類は乳首を授乳だけでなく性的な魅力を加えてよりセックスを娯楽化した
  • 乳首は男性を引きつける為の役割が大きくなった
  • 乳首には性感神経の密度が高く、オーガズムが可能である
  • 乳首は第二のクリトリスと言われるくらい感じやすい
  • 乳首は授乳時だけでなく性的な刺激で勃起する
  • 乳首はひたすらシンプルに舐めまくれ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

*刺激的なポイント制出会いサイトの一押し(18禁)
ポイント制サイトは色々試しまたが、このハッピーメールに限ります。即Hも可能です。ただし下記のサイトの攻略法はしっかり読んでください。最初は無料登録で試しましょう。

(スポンサー)
SEXは出会いから始まる ハッピーメールバナー*ポイント制人気サイト
ハッピーメール攻略法