サイト内検索

乳首とクリトリスの連動強化

クリトリス乳首の快感は明らかに手を組んでいます。
女性は全身が性感帯であり、各所の性感帯とクリトリスや膣、子宮と強い連動性が良く見られます。体の各部への愛撫で、女性器自体も性的に興奮します。髪の毛へタッチや耳への熱い吐息で女性のバギナは潤い、クリトリスは勃起します。皮膚の知覚神経で受けた性的な刺激が、脳や脊髄の中枢神経で何らかの形で情報が交差することで起こると推測されますが、その現象は、乳房・乳頭、乳輪とクリトリス・バギナ・子宮(ウテルス)との間で特に顕著に起こり、更に乳首とクリトリス間はかなりの強度で連帯しています。

多くの男性はこの現象に体験的に認知し、ごく当然のことのように受け止めています。この性典でも、乳首オーガズムのテーマで乳首とバギナ・クリトリスの刺激連動について触れて来ましたが、今回は更にこの両者の関係を深く掘り下げてみることにします。

(参照)

乳首は第二のクリトリスとも言われるくらいに女性の性感帯のなかでも一級の感受性を持っています。セックスで男性による刺激で乳首オーガズムに達する事ので...
悪魔の性典

(スポンサーリンク)

ハッピーメールバナー

業界最大級の会員数を誇る、登録無料の優良コミュニティ「happymail」(18禁)

ハッピーメールはポイント制の会員500万人を誇る20年を超える老舗サイトです。ポイントサイトは、入会後直ぐに出会いが出来て、エッチな出会いにも最適です。(ハッピーメール攻略法はこちら


乳房と女性器のホルモン連携

これまで、子宮及びポルチオと乳房は、迷走神経によるオキシトシン分泌によって深い連動性があることを述べてきました。出産時に子宮を収縮させるホルモン・オキシトシンが分泌され、オキシトシンは乳腺収縮ホルモンでもあり、乳房も活性化していきます。また、オキシトシンはオーガズムの形成にも関与し、女性の深い快感を演出することはこれまでの記述のとおりです。

女性がペニスで膣奥やポルチオを刺激されて性感が高まってくると自ら乳房を鷲掴みにするような動作を見せることがよくあります。この現象は、ポルチオなどへのペニスの物理的な刺激が迷走神経を介して脳に伝達されて、オキシトシンを分泌を促し、乳腺が収縮して疼くためと推測されます。興奮が高まると女性はまるでオッパイを絞り出すかのように乳房を掴みます。

この逆の現象も起きていきます。乳房・乳首に刺激を与えることで脳内オキシトシンが分泌され、そのオキシトシンは、乳腺を刺激するだけではなく子宮やポルチオを活性化し、性的な興奮を引き起こします。実際に授乳中に性的な快感を覚える女性も少なくなく、中にはオーガズムに達する体験もすることもあるといいます。

このように子宮(ウテルス)やポルチオと乳房との連動は、生理学的には説明を明確に行うことは可能ですが、乳房と女性器の連動については神経学的にも説明することが同時に出来ます。特に、クリトリスと乳首は非常に連動性が高いことが、脳の新皮質における感覚領域で2重の重複が確認されています。

脳で感覚領域の重複

体の各所から伝わる刺激信号は、脳の新皮質において、体性感覚として処理する担当領域が2重に設定されています。例えば、クリトリスを刺激し観察すると脳の2つの狭いエリアが活性化されることが分かります。


カリビアン マンコ図鑑

無修正動画サイト・カリビアンコムのマンコ図鑑は人気AV女優さんのあそこがじっくり楽しめます。一生懸命、女性を勉強している男子の女性器の構造の研究に最適です。

女性の性器における脳の体性感覚領域は、膣・ポルチオ・クリトリスが隣接し、一部は重なり合っています。更に乳首の感覚領域がそれらに非常に密接していることが確認されています。そして、この乳首の感覚領域は、特にクリトリス領域と殆どが重なっています。この各性器部位、乳首の感覚エリアの大きさや重なり具合は、個人によって差異が見られます。

これは次のようなことを意味しています。

クリトリスと乳首の脳での刺激処理はかなりの割合において重複し、感覚的に共有されている。その度合は個人によって違っている。

つまり、脳神経的に乳首と女性器は刺激情報を同時に受け取る可能性が高く、特にクリトリスと乳首は性的な快感を共有するということです。この連動性は、女性の性的な特性や成熟度によって違ってきます。

女性の証言

実際のセックスでは、女性に乳房や乳首への十分な刺激を与えることで女性器は愛液を流し、クリトリスは勃起し股間に強い快感が生じてきますが、この時の感覚を女性に問いただすと、多くが膣やその奥より、多くの女性がクリトリスがより強く感じていると証言します。この現象は女性の錯覚とも考えることが出来ますが、上記のように、脳神経的に完全に乳首とクリトリスが明らかに連携していると判断できます。

乳首刺激で起こるオーガズムの多くは、クリトリスでも同時にオーガズムが起こっているのです。脳科学的に表現するなら、オーガズムは脳で起こっている現象であり、その感覚を乳首やクリトリスなどにフィードバックしてることになります。

乳首とクリトリス連携の強化

乳首を重点的に舐めることで女性は乳首オーガズムに至ります。女性のホルモン状況や乳首の開発度によってその出現は左右されますが、これには、脳での乳首感覚の領域の広さや女性器領域との重複度もまた大きく影響します。脳の感覚領域は訓練や熟練度によって大きく広がると考えられてます。また、オキシトシンの活性化と受容体の増加も関係します。

子宮と乳房は、オキシトシンによって連携していることはよく知られています。オキシトシンは平滑筋を収縮する神経伝達物質であり、出産時に大量に分泌されて分娩を促します。同時に乳房の乳腺の平滑筋を刺激して、母乳の分泌を促します。オキシトシンはオーガズムにも深く関与する物質であることもよく知られています。子宮オーガズムと乳首の快感も強く結びついていると推測されます。

一方、クリトリスと乳首は全く別の機能の為の器官ですが、大きな共通項があります。両者とも末梢の皮膚感覚神経が密で、非常に感受性が高く敏感であることです。クリトリスは女性の肉体の中で最大の感覚器の感度を有し、乳首はクリトリスに次いで敏感な器官です。

この2つの強度の性感帯の連携強化を図ることは、それほど困難なことでありません。おそらく、クリトリスは子宮を刺激し、更に子宮は乳首を性的に活性化すると考えられます。乳首とクリトリス刺激は男性の基本的な義務として行うべき事柄と言えるでしょう。今の性的なパートナー是非、両者の同時刺激を実施することをお勧めします。

方法は簡単です。挿入前に充分に乳首の舐め愛撫を行い、クンニ時や挿入時でもできる限り乳首への刺激を同時に加えていくことです。また、後戯でも乳首を舐めることでより女性の乳首とクリトリスの連携はより強まります。

このちょっとした手間暇を女性に施すことで、女性の乳首とクリトリスの感度は劇的に変わっていきます。

(参照)

(スポンサーリンク)
無修正・美女だけのアダルト動画サイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする