サイト内検索
ブログをメールで購読

膣内射精障害(AVオナニーのヤリ過ぎには気をつけろ!)

射精障害とは性機能障害のうちの一つであり、正常な射精が出来ない症状です。

早漏遅漏も大きな意味では射精障害に属しますが、

ここでは勃起は正常なのに膣内で射精できない膣内射精障害を取り上げます。

遅漏が更に進展してしまい、セックスでの射精が出来ない症状ですが、

オマンコの中でイケない現象です。

近年、其の患者は増加の傾向を示し、男性不妊の一つに数えられ社会的にも問題になっています。

其の主な原因は誤ったオナニーにあるとされ、

特にAV(アダルトビデオ)を見ながらの強度刺激オナニーが関わっているようです。


膣内射精障害の症状

膣内射精障害は正常に勃起し、女性の膣に挿入できますが、

なかなか射精に至るまでの快感を得ることが出来ない性機能障害です。

勿論、肉体的には極めて健康である場合が多く、オナニーでは正常に射精をし、快感を得ています。

膣内では勃起状態が続き射精に至らないケースと途中で勃起が中折して射精できない場合がありますが、

いずれにしろ膣内射精障害は通常のセックスでの快楽を楽しむことが出来ず、

男性に多くの苦悩を与えることとなります。

最終的にはパートナーの女性も疲れ果て次第に離れていくこととなります。

膣内射精障害の原因

膣内射精障害の発症の原因は不適切なマスタベーションが70%、

心理的な要因によるも30%とされています。

不適切なマスタベーションには物理的な刺激強度の間違いと

アダルトビデオなどによる過度の視覚刺激による間違いが挙げられます。

心理的な要因としては特にビジネスマンなどに多く見られる、

仕事上の過度のストレスで中折現象などに至り射精できなくなります。

この2つは根本的に別の因子によるもので別の障害として捉えることが出来ます。

不適切なオナニーによる射精障害

大きく分けて2つの間違ったオナニーがあります。

物理的な過度の刺激オナニー

  1. 床やベッドの角などにペニスを強く押し付けてのオナニー
  2. 強くペニスを握りしめて行うオナニー
  3. 脚に強く力を込めて行う脚ピンオナニー

これらのオナニーを習慣的に行うことでペニスの感覚が次第に麻痺して、

女性の膣から受ける刺激では絶頂に達しなくなります。

人の感覚は強い刺激が通常化すると更にそれ以上の強度を求めます。

オナニーを行う際には普通に優しくペニスを握りしめて行うようにしてください。

特に電マなどを使ったオナニーは日常的に行わないことです。

ペニスが通常セックスに無感覚になっていきます。

日常的なAVオナニー

近年、日本のAVもかなり過激になってきています。

日活ロマンポルノなどの一つのポエム的なアダルト動画は影を潜め

ひたすら視覚的に過激な画像をこれでもかと言った具合に供給しています。

それもとびきり美人で妖艶な女性が刺激的の痴態を繰り広げます。

これらの画像はパソコンからもスマホからもアプローチでき、

多くの男性を虜にしています。

そしてこのAVを見ながらのオナニーにハマっている男性が急増し、

それに伴い、遅漏や膣内射精障害などに陥った男性が急増していると言われています。

過激なデジタル画像を見ながらの日常的なオナニーは

生身の女性とのノーマルなセックスを実に退屈な行為に変えてしまいます。

AVに10代から慣れ親しんだ男性はそこに展開するセックスが教科書になってしまいます。

顔射や潮吹きアナルセックスなどは普通になってしまいます。

また激しいピストン運動も男性にはそれがペニスの正しい動作となっていきます。

無修正動画サイト・カリビアンコムのマンコ図鑑は人気AV女優さんのあそこがじっくり楽しめます。女性の構造の勉強に最適です。

(スポンサーリンク)

膣内では発射できなくても顔射ではイケる男性も多く発生していると言います。

それが通常セックスとして脳に刷り込まれてしまっているのです。

これらの男性はAVのようやらないと勃起しない、勃起が維持できない、射精できないなどの

問題を引き起こしています。

これらはギャンブル中毒や薬物中毒と同じように

満足できるドーパミンの閾値が高くなっていき、より強い刺激を求めることに起因します。

AVオナニーが日常的な男性は女性にもAVと同じようにプレーすることを求めたりすることも良くあります。

過剰なプレーは変態性を持った女性以外は大きな苦痛となり、セックス其のものを嫌悪するようになります。

これらの症状に陥る男性はIT関係者やゲーム愛好者によく見られると言われています。

部屋にこもってインターネットなどでAVを見ながらオナニーに耽るのです。

彼らは人間関係が苦手な人達です。

生身の女性の煩わしさに悩まされることなく

一人密かに快楽に耽ることを好みます。

女性は面倒!

バーチャルセックスで十分楽しめる

と考えています。

AVオナニー愛好者は次第に普通の女性との普通のセックスから遠ざかり、

普通の恋愛や子作りが出来なくなっていくのです。

彼らは過激なAVで射精し、または過激なサービスを売り物にする風俗などで

満足を得ています。

心理的な要因

日常的なストレスもまた射精障害の要因となります。

40代50代のビジネスマンが仕事上や人間関係の問題で発症することが多いのですが、

最近話題になっているのが、子作りノルマによる射精障害です。

セックスが排卵日に行う不妊治療のなかの義務的な行為となっている場合によく見られます。

このような時、男性にとってはセックスは楽しむものではなくなり、作業に一つとなってしまい、

精神的な苦痛になっていきます。

最終的には射精のプレッシャーが勃起不全や中折現象になって現れ射精が出来ません。

セックスは楽しむことを第一にしない限りこの症状から逃れられません。

AVオナニーは程々に

上記のように遅漏が極端に進むと膣内射精が出来なくなります。

特にオナニーが大好きで日常化している男性には特に注意が必要になります。

  • 決して強い刺激のオナニーを日常化しない。
  • 激しいプレー画像やエッチアニメーションでのオナニーも避ける。

非日常的な刺激は極力避けてください。

特にオナニーは普通の静止画像で行いましょう。

また女性とのセックスではAVを見ながら行うことも避けたほうがいいでしょう。

セックスは五感を研ぎ澄ませ、今眼の前の女性にしっかり集中して

その女性を感じさせることに努めることが大切です。

セックスはお互いのコミュニケーションです。

決してAVや風俗などの一方的な流れで自分だけが気持ちよくなるものではないのです。

女を感じさせてなんぼものが正常なセックスです。

Digiprove sealCopyright securED by Digiprove © 2018All Rights Reserved