(スポンサーリンク)
ハッピーメールバナー*ポイント制人気出会いサイト
ハッピーメール攻略法

デブ女は不感症が多い!!

太っている女性は見た目からして感じにくいように見えますが、

実際に生理的に不感症傾向が強くなります。

太ることは性感ホルモンが少ない現れになります。

女性らしい曲線美のフクヨカな人は性ホルモンに溢れますが

デブは不感症が多いのでお気を付け下さい。

デブと女性らしい身体はまるで違います。

デブ女はマグロ??

太った女は不感症で見た目通りのマグロ女が多いという俗説がありますが、

どうやらある程度真実のように感じます。

実際、私もまだ未熟だったころに困ったことがありました。

ちょっと太めでいい女を苦労して口説いたのですが、

押せども引けどもただ寝ているだけで反応しないのです。

そのころマグロ女が存在するとは知らなかったので自分の技術のなさと

ペニスの小ささを恥じたものでした。

実はペニスも盛り上がった恥骨近辺のお肉で奥の方まで入った感触がなく

自分のペニスが小さいからと思い悩みました。

そのころは正常位とバックスタイル位しか使えなったこともあります。

しかし、生理学的にどうやら太っている女性は感じない人が多いのは

事実のようです。

それはやはり性ホルモンの影響によるものです。

太っている女性は性感ホルモンがすくない

DHEAホルモンは性感ホルモンとも言われて性感と性欲に関わるホルモンです。

(DHEA性感ホルモン:参照)

実は肥満女性は痩せている女性に比べてDHEA濃度が

1/5 しかないという報告があります。

つまり、肥満女性はDHEAホルモンによるセックス神経系が

充分に活性化されていないのです。

性感帯というべき胸や陰部などの皮膚を生殖器皮膚と呼びますが、

人間では乳房、生殖器、恥丘、陰唇、太ももの内側などが挙げられます。

これらの部分の皮下脂肪にはかなり高濃度なDHEAが含まれています。

このDHEAが性感を司っていて、性感帯をより感じやすくしオーガズム

導くために重要なホルモンとなっているのです。

痩せてる女はセックス好き??

肥満女性はDHEAが少ないために感じにくい構造の肉体になっているのです。

脂肪分が性感神経を覆っているために刺激を邪魔をして感じないのかと

想像していましたが、それだけではありませんでした。

逆にいえば痩せている女性は感じやすい肉体と言えます。

痩せている女性でやたらとセックス好きで全身性感帯の女性が多いのはこの為です。

性感神経が分散する

肥満女性が不感症の理由はまだ考えられます。

太ることによって人間の皮膚は表面は伸びてしまい面積が広くなります。

しかし、性感の受容感覚器は太ったからといって増えるわけではありません。

つまり皮膚における性感体の密度は荒くなるのです。

そのために感じにくい体になるとも考えられます。

やせ形の女性は逆に性感帯の密度は高くなり、

感じやすい体になります。

DHEAは天然の痩せ薬

さて、肥満女性にとって更に問題があります。

DHEAはまた天然のやせ薬、ダイエットホルモンとも呼ばれています。

DHEAはそれ自体が脂肪の代謝を活発にさせ、脂肪を燃焼させて

エネルギーに変換させる作用があります。

つまり、体温を上昇させ、やせさせる効果があるのです。

逆に言うとDHEAが少ない人は太りやすい体質ということになります。

肥満女性は完全に悪循環に入っているのです。

DHEAはオーガズム時に発せられるシータ波によって更に分泌が高められ

脂肪を燃焼させてくれます。

無修正動画サイト・カリビアンコムのマンコ図鑑は人気AV女優さんのあそこがじっくり楽しめます。

しかし、肥満女性はDHEAの分量が少なくオーガズムには至ることが少なくなってします。

つまりDHEAの分量は増えることがないためになかなかダイエット出来ません。

益々、体重は増量していきます。

言い方を変えるとDHEAが少なく女性は太りやすい体質なのです。

セックスでオーガズムを向かえることがいかに大切かがこのことでも分かります。

大陰唇周辺の脂肪

肥満体形の女性は大陰唇部分に脂肪をたっぷり蓄えて、

クッション性に優れ感度も良好であると思われがちですが、

データーを見るとそうでもないようです。

大陰唇の脂肪は痩せ型の女性とあまり変わりない結果が報告されています。

大陰唇が膨よかなのは普通体型の女性に多いのです。

むしろ大陰唇周辺のお腹や太ももが脂肪で盛り上がった状態になり、

この脂肪の厚みが刺激をブロックして大陰唇が鈍感になっています。

加えて男性がペニスを挿入している状態ではこの分厚い大陰唇周辺脂肪が

邪魔をして小陰唇や女性亀頭への刺激が上手くできないようになっています。

また下腹部にも肥満女性はたっぷり脂肪を蓄えていることもあって、

ペニスはバギナの奥に挿入することも出来ず男性にとっても

快感の少ないセックスになってしまいます。

デブ女との空しいセックスになってしまいます。

小陰唇も押しつぶされている??

ある調査によると肥満体型の女性は小陰唇の発育があまり良くないという報告があります。

どうやら股間の脂肪に圧迫されることが原因があるようで、スリムな女性に比べて貧弱になります。

また左右の小陰唇も不揃いになるそうです。

小陰唇は性感帯としては重要な存在です。

クンニや合体時には肥満女性は反応が鈍いのはこの小陰唇の発育不全にもあるようです。

クリトリスと包皮

さらに肥満女性ではクリトリスを覆っている陰核包皮も実に貧弱になってしまいます。

陰核包皮は小陰唇の延長であり、小陰唇の状態が包皮にあらわれます。

そしてクリトリス本体も肥満女性は5ミリ以下の小粒になる女性が半分以上を占めています。

普通体型の女性では5ミリ以下が3割強で、痩せ型女性が2割強ですので

デブはその体型とは真逆にクリトリスは情けない状態であるのです。

デブ女の小陰唇と大陰唇の色

肥満女性の大陰唇や小陰唇は見た目にもあまり美しくありません。

太っている女性は女性は色白のイメージがあり、股間も色白と想像されますが、

実は褐色に色素沈着している女子のほうが多いというデーターがあります。

あくまでもピンクの美しい小陰唇や大陰唇の持ち主は女性ホルモンが豊かな女性であって、

女性らしい曲線美の標準体型の女性です。

肥満女性は周辺の脂肪によって生殖器があまり健康ではないのです。

デブ女は避けるべし

世の中にはデブ専と言われる人が多くいてそれぞれの趣味で仕方ないことですが、

魔界の性典は極力デブ女を避けることをお勧めします。

口説いてもDHEA不足で性欲が少なく、入念な愛撫も無駄に終わります。

上に乗られても重いだけです。

食事してやたらと食われて終わりです。

肥満系の女性は脂肪の影響で充分な性的な快感を得ることが少ないことになります。

自分が欲するオーガズムをえることなく常に欲求不満状態になています。

その欲求不満を満たす為に食欲に走ったりヒステリックになったりします。

ますます太っていきます。

ポッチャリ女性は魅力的ですがデブ系は避けたほうがよさそうです。

ただこれだけは趣味の問題です。

デブ専の男性は仕方ないことですが・・。

あつ!それと極端に痩せ過ぎの女も避けてください。

ゴツゴツした恥骨がぶつかって痛くて快感が飛んでしまいます。

DevilMethod: デブ女には手を出すな!!なんの見返りもない。

Digiprove sealCopyright securED by Digiprove © 2014All Rights Reserved