サイト内検索

(スポンサーリンク)

生理的なインポテンス

体の生理的な面からもインポ(勃起不全)・EDは時として発症します。

その原理を理解しておくことである程度の対処が可能になりますので

知識としてお持ちいただくことが大切です。

生物として生理的な面や肉体的な状況における原因は下記のように上げることができます。

  1. 生物学的相性
  2. 自己の体調・栄養
  3. お酒
  4. タバコ

これは症状としては当初は日常化しないために軽く考えがちですが、

しっかり認識して置くことが大切です。

(スポンサーリンク)
SEXは出会いから始まる
ハッピーメールバナー*ポイント制人気出会いサイト

1.女性との生理的な相性

これは生物学的な生理的な相性ということができます。

すなわち生殖的に免疫がお互いに不利になる相手を本能が避ける現象があります。

どんなに相手の見かけがよくて好みと思った女性でもいざセックスの段階になると

ペニスが勃起しません。

生理的な嫌悪感を無意識に持つためです。

所謂「生理的に合わない」という現象です。

「性格の不一致」などとも言います。

大抵の男性はほとんどの女性と交接ができるようにできています。

その為に滅多に起こる現象ではありませんが、

しかしこのようなことの可能性を認識ください。

特に付き合って最初は勃起しても次第にインポ現象が起こってきた場合は

この免疫的な不適合の可能性が強いものと思われます。

この場合、根本的な性欲が起こってきません。

それによるインポ(勃起不全)と考えられます。

特にこの選別は女性の方に強く起こる反応です。

女性の方がより強烈に遺伝子の生理的な選別を行っています。

セックスしても女性は性的な興奮が現れず、それによってあなたの

性的な興味や興奮も覚めていき、やがてペニスが勃起しなくなります。

このような現象は貴方自身のどうこうできる問題ではないので

潔くその女性から撤退することがベストです。神の領域と思うことです。

決して負い目などは感じないことです。

参照:免疫的な適正性による性欲

2.体調や栄養によるインポ

これはよく糖尿病や高血圧の人はインポになるとか言われている部分ですが、

完全に病気による現象は病院等に行くしかありません。

病気に属する症状の方はすぐに専門医に相談することがベストです。

しかし、偏った食生活や運動不足でも勃起に必要な栄養素が生殖器官に行き届かず

勃起不全傾向を示す場合があります。

この改善を補うためにアルギニン・マカ・銀杏エキス・亜鉛等勃起を

補完する栄養素が色々提唱されてネットなどで販売されています。

私も実はそれなりに色々試しましたが、決定的なものはなく(バイアグラ関係以外)、

それによって常に完全なる勃起状態になるとは言えません。

効くときもあればダメな時もあるし、人によって有効なサプリも様々です。

自分で合うものと、信じられるものを見つけることが一番です。

それも時間とともに効かなくなることもあるのでまた別なものを試してみることです。

ただ、詐欺まがいのすぐに効果抜群などというサプリや強壮剤には

引っからないようにお気を付けください。

男性の勃起不全は単純な方法ではなかなか改善されません。

普通の食事を偏ることなくとり、栄養の偏りをなくし、更には運動を定期的に行い、

血流を良くする、その上で勃起を補助する精力剤やサプリメントを補充することを

勧めします。

特に骨盤底筋肉やペニスの血流向上のための金冷法を取り入れた上で

これらの補充を行うと効果抜群です。自分の力で立たせるが基本です。

安易にバイヤグラやシリアス等に頼らないようにします。

(参照:ペニストレーニング

3.お酒による勃起不全

お酒は適量では非常にセックスにおいて有効な催淫剤になることが知られています。

羞恥心などを取り払い、性欲も促進して男女ともセックスに対して積極的になります。

また心因性のインポ(ED)にもリラックス効果があり有効になります。

しかし、適量を過ぎると全く逆効果にもなります。

適量とは人によって違いますが日本酒で1~2合、ビール中瓶2本と言われています。

酔いすぎると性的な刺激に神経的に反応しなくなり勃起も起こらなくなることがあります。

また適量をすぎたアルコール摂取はDHEAホルモンを抑えて性欲や性感の減退を招き、

性機能が一時的に大幅に低下することが多々あります。

多分、みなさんも経験されていることでしょう。

好みの女性を食事に誘ってついつい調子に乗って飲みすぎて勢いでホテルに

連れ込んでもいざという時に不能という恥ずべき経験を。

参照:DHEA(性感ホルモン)

この現象は年齢とともに適量が減り、少しのお酒でも起こるようになります。

ただ、若い頃はやや酔っ払いっている方が性的な刺激に鈍感になり、

ペニスは長持ちするのでお酒はうまく活用することが早漏防止になります。

射精も遅くなり長時間のセックスが楽しめるのですが

それも年齢とともに逆効果になっていきます。

次第にセックス前のアルコールは控えることが必要になってきます。

アルコールによって快感度も下がりますので楽しむたにはほどほどにします。

また長年にわたって大量の飲酒を続けている方は睾丸の機能を破壊して

男性ホルモンの分泌が減り次第に性的な能力が低下します。

最終的には慢性的なED・勃起不全に陥ることもあるので要注意です。

4.タバコによるED(勃起不全)

タバコを長期にわたって愛用している方は要注意です。

タバコは毛細血管を収縮する作用があります。

これによって人は一瞬の脳の麻痺状態になりストレスを霧散した錯覚に落ちるのですが、

基本的には末端組織への血液の供給が途絶えます。

タバコはペニスの血流ももちろん阻害します。

勃起力が低下し、性的な快感も感じにくくなります。

それだけではなくお肌の老化や脱毛を助長します。

もちろん肺がん要因の一番に挙げられていることはご承知のとおりです。

私がタバコをやめた最大の理由はベニスの勃起力を低下させるリスク回避です。

長年の喫煙は知らないあいだにインポ(ED)を引き起こす可能性が大いにあります。

お酒は適量は性欲を高める効果がありますが、タバコはなんの利益もありません。

さみなさん、タバコの思考の一時停止の快感をとるか、

セックスのオーガズムの快楽をとるかあなた次第です。

参照:性の鍛錬

5.真剣恋愛におけるテストステロンの減少

その女性を愛すれば愛するほど

その女性に対してペニスが勃起しなくなることがよくあります。

ちょっと不思議な現象ですが、真剣に女性に惚れてしまった男性に

起こる現象で、女性は逆にテストステロン濃度が上がり、

性欲が増してしまいます。

繊細な男性は迫られるとますますペニスは縮みます。

女性を大事にしたい、性欲のはけ口としたくないという心理現象を

起こさせるために、遺伝子の仕組んだ一種の罠です。

従って、女性を好きになりすぎては大切にしすぎてはいけないのです。

あなたの気持ちとは逆に勃起不全のインポ男性は最終的に

捨てられてしまいます。

性欲の対象としてしっかり見ることです。

そのほうが女性も嬉しいのです。

参照:愛情に溺れないセックス中心の関係

テストステロン(性欲ホルモン)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

*刺激的なポイント制出会いサイトの一押し(18禁)
ポイント制サイトは色々試しまたが、このハッピーメールに限ります。即Hも可能です。ただし下記のサイトの攻略法はしっかり読んでください。最初は無料登録で試しましょう。

(スポンサー)
SEXは出会いから始まる ハッピーメールバナー*ポイント制人気サイト
ハッピーメール攻略法