サイト内検索
ブログをメールで購読

女性の性感構造と仕組み

ここでもう一度、女性の性感について復習とまとめを行ってみましょう。

自分のセックス全体をマネージメントするにはまずは敵をよく知っておきましょう。

セックスは闇雲にペニスをバギナに入れて出す行為ではありません。

女性の体と心を理解してセックステクニックを高めることが必要です。

自らのセックスの流れやテクニックを磨いて効果を高めてゆくために

女性の感じる構造とプロセスをまず理解してください。

女性の体の仕組みも理解しないで独りよがりの思い込みの愛撫やペニス挿入には

女性はうんざりしているのが実態です。

女性が感じてくれて始めて男のセックスの価値が決まります。

常に女性に不自由しない男性はこの原理をしっかり心得ている人たちです。

|女性の性感メカニズムを理解する

女性の性感の構造と仕組みを理解することは女性にこの上ない

オーガズムを体験してもらいたいと考えている人には極めて重要です。

そのうえで効果的な女体開発を実施していきます。

女性は全身性感帯であるとよく言われます。

確かに女性の体で感じないところはないくらい、

いろ色な刺激に鋭く反応します。

この基本構造をしっかり理解して女性の愛撫法やペニスの挿入による刺激を

マネージメントし、より効果的な性技を各々の男性が取得しなくてはなりません。

そのパターンは男性それぞれの個性によって様々で構いません。

しかし、攻めるべき基本はしっかり押さえておかないと

頓珍漢な愛撫やセックスになってしまい、女性から「この下手くそ!!」

などという屈辱的な評価を受けてしまいます。

|女性の性感分類

女性の感じる仕組みはまずは3つの刺激に対する反応神経で捉えます。

  • 舌先や指先での触られることによる接触性感
  • 指先やペニスなどで押すなどによる圧力性感
  • 指先やバイブなどの震わすことによる振動性感

接触性感は表皮で感じる感覚で、圧力・振動による性感は

主に筋肉系の組織や分泌系で感じる感覚です。

これらの神経感覚が女性の体全身に張り巡らされ、

それぞれの体の部分によって分布の割合がそれぞれ違ってきています。

バギナやクリトリスは筋肉組織によって成り立っていますが、

性感帯のそれぞれの配置は女性によって個性的です。

女はただ単に撫でればいい、ペニスを出し入れすれば女は感じる

というこれまでの考えからは脱却してください。

触る・押す・震わす愛撫が刺激として大切で、

これらを上手く組みわせることで最高の快楽、エクスタシーに導けるのです。

(参照:女性の性感神経

|女性の性感帯構造

そしてもう一つ理解しておかなくてはならないのが

女性の性感帯の構造です。

女性の性感ルートはまず二つのルートがあることを理解します。

そのルートの違いによって女性のオーガズムは大きく違った感じ方になっています。

無修正動画サイト・カリビアンコムのマンコ図鑑は人気AV女優さんのあそこがじっくり楽しめます。女性の構造の勉強に最適です。

(スポンサーリンク)

  1. 脊髄からクリトリスや乳房、体の各所へ分岐する性感神経
  2. 延髄から出ている迷走神経系に属する子宮などの性感神経系

1の脊髄系の性感は触るなどの刺激に対して鋭く反応して

直接的な快感を呼び起こします。

クリトリスオーガズムはこの快感ルートで引き起こされます。

2の迷走神経に属する性感は膣奥や子宮・子宮頸部を支配していますが、

刺激によって反射的な大きな性感反応は示しません。

大きな快感を生むためにはしっかりとした性感のルート開発が必要です。

しかし迷走神経は脳へ直結されているためにいざその性感神経回路が連結されると

とんでもない快楽が引き起こされます。

これが所謂、ポルチオオーガズム(子宮オーガズム)という現象です。

全ての女性が経験できないという原因はポルチオ自体がしっかり愛され

開発されなくては快感神経回路が出来ないところにあります。

言葉を換えて言うとクリトリスオーガズムまでは多くの女性が体験しますが、

ポルチオオーガズムの快楽は少数の人にしかおこりません。

それは男性の無知と探究心の不足に起因しています。

|膣(バギナ)の性感神経

膣(バギナ)は入口から3分の1までは脊髄よりの性感神経が分布し

膣口2~3cmくらいは皮膚感覚による刺激にも敏感です。

しかし膣の深いところは触覚受容体はなく、

ペニスを擦るなどの接触による感覚は生じません。

膣は平滑筋で出来ており、

圧力や振動による刺激には反応します。

女性はペニスをバギナに挿入されると膣奥を押すような圧力に

心地よさと幸福感を感じますが、

それはクリトリスや外陰部で感じる気持ちの良さとは別感覚です。

奥まで挿入された子宮頸部にあたるペニスに対しても心地よい快感が走ると言います。

また射精時のペニスが子宮頸部にあたってピクピクする動きも

堪らない快感と言います。

これは男性の精子を受けいれることに対する自然が与える喜びの反応と理解できます。

このペニスの痙攣は振動刺激となって子宮まだ伝わって生じるものです。

膣奥や子宮は振動や圧力の刺激に反応して快感を生みます。

そしてその刺激が継続されることでやがて脳への迷走神経を

通じたボルチオオーガズムへと発展するのです。

上記の女性性感帯の仕組みをしっかり理解して自分のセックススタイルを築き上げ、

女体開発に勤しみましょう。

|女性の性感構造と仕組みのまとめ

  • 女性に真のオーガズムを体験させるためには女性の性感構造と仕組みを理解する
  • 女性の性感は接触、圧力、振動刺激によって引き起こされる
  • 接触性感は主に皮膚、圧力振動性感は筋肉系に多く分布する
  • 性感神経系は2つのルートがある
  • 脊髄神経系と迷走神経系である
  • 脊髄系はクリトリスなどの性器から刺激を受けて脳に伝達する
  • 迷走神経系の快感は開発型であり、喜びが深い
  • ボルチオオーガズムは迷走神経になる

<NEXT:オーガズムメッソドの神髄

Digiprove sealCopyright securED by Digiprove © 2014All Rights Reserved