サイト内検索

(スポンサーリンク)

アナル調教(肛門調教)

アナルセックスの実行には、アナル調教は必須です。

まずは女性の恐怖心や嫌忌意識を取り除くためにアナル調教を行ってください。

肛門の調教には順を踏むことが大切であり、決して焦ってすぐにペニスを挿入することは

NGです。

時間をかけてアナルの快感を教え開発していきます。

すでに開発済みの女性でも決して乱暴に扱わないことを心がけてください。

肛門は傷付きやすい繊細なパーツです。

常にいたわりの気持ちで弄らせてもらうという気持ちを持ってプレイしてください。

この段階では決して女性に痛みを味わせてはNGです。

2度とアヌスに触ることも許してくれなくなります。

(*アナル( Anal)は「肛門の」を意味する形容詞で、アヌス(Anus)はその名詞形です)

(スポンサーリンク)
SEXは出会いから始まるハッピーメールバナー
*ポイント制人気出会いサイト

アナルセックスへの女性の抵抗感

個人的にも肛門(アヌス)への挿入されることは自ら考えてみても怖いものがあります。

肛門はもともと内部のものを外に出すためにあるのであって

外部から侵入を防いでいる役割、即ち逆弁になっています。

その為にお尻が切れたらどうしようとの懸念が生じるものです。

特に肛門に痔などの疾患を持っている女性もよくいますので

その場合は触られること自体に抵抗があります。

便秘で悩んでいる女性もアナルセックスは拒絶することが多くなります。

そして特に肛門に対しては通常女性は汚れた場所としてのイメージが強く、

出来れば触れられたくないという意識を強く持っています。

このような場合はアナルセックスはかなり難しくなります。

アナルの感覚について

この女性のアナルセックスへのそれぞれの意識とは別に、

女性のアナル性感についての前提を知っておく必要があります。

肛門は外部からの細菌や異物の侵入を防ぐために、

体の中でも特に神経が集中して配線されています。

そのために非常に鋭敏な感覚を有し、特に痛痒に対しては鋭く反応します。

少しのキズにも大きな傷みを感じることを覚えておくことがアナル調教には大切です。

そして女性の陰部の性感神経配列は、人それぞれであり、実に個性的であるということです。

女性によっては、クリトリスだけしか性的に感じない人もいれば、

バギナが最高に感じるとう言う人もいます。

肛門も同じです。

肛門や直腸周辺に陰部神経の知覚神経が濃密に張り巡らされている女性は

これらの部位は性的な刺激に対して非常に敏感であり、快感を得ることが出来ます。

これらの女性は幼少時よりこの鋭い感覚を認識していて、

その部位がとっても幸せになる場所としてなんとなく捉えています。

そしてやがてアナルセックスに目覚めていきます。

つまりアナルセックスにも一種の肉体的な能力の有無があることを忘れないでください。

全く肛門周辺に快感を得ることのない女性は、

排泄部位としての意識が先行してアナルセックスは論外の行為になり、

単なる苦痛でしかなくなるのです。

この上記の2つの事実を前提にして、女性のアナル調教に臨んでください。

アナルセックスどころか肛門への接触自体、拒絶する女性も少なくないのです。

そのような場合は無理強いは決して行わいないように心掛けてください。

アナル調教は肛門マッサージから始める

女性の意識や感覚においてこのような問題がないとしても

アナル未開発の女性の場合はやはり突然のアナル挿入ではかなり抵抗がありますので、

まずはお尻への抵抗感をなくすために、充分な肛門調教を行う必要があります。

肛門調教はじっくり肛門周辺を愛撫マッサージしてほぐしていきます。

肛門に接触する際は突然のタッチは女性が驚いてしまい、腰をひいてしまいます。

まずは充分キスや乳房愛撫、クリトリスやバギナを愛撫して

女性器を興奮状態にしておきます。

女性の愛液がマンコから肛門まで滴るくらいな状態にしてから

アナルへの接触を行います。

出来れば一度、クリトリスやバギナでオーガズムを味わってもらってからのほうが

アドレナリン効果で痛みが和らぎます。

(*アドレナリンはゲガをしたときなどの緊急時に分泌されて、肉体の苦痛を和らげます)

このアナルマッサージでかなり快楽の反応を示す女性は大いに

アナルセックス受け入れの可能性が大と言えます。

しかし、女性の場合、決して最初から喜んで受け入れることは少なく

当初は嫌がる仕草を見せます。

また女性のなかには恥ずかしさで自分では言いませんが、

前記のように痔を患っている人や便秘の人が多いので配慮が必要です。

女性の多くは表情から感じているのか嫌がっているのかが

よく区別がつかないことがよくあります。

しっかり、女性の表情を観察して受け入れるタイプかどうか判断しましょう。

(参照:肛門愛撫は焦らない

アナルマッサージ法

まずは最初にアヌスのほぐしは菊の紋そのものだけでなく

肛門周辺、会陰などの八の字筋を親指で指圧マッサージして

肛門周辺の内部まで解すイメージで行います。

(参照:股間マッサージ

指圧マッサージの刺激だけで女性はバギナがグチョグチョに濡れてきます。

その愛液を利用して肛門の菊の紋を指先の腹で優しくなでるように

マッサージしていきます。

最初は小指の腹で優しく行うと女性も受け入れやすいようです。

愛液は次第に量が減ってきますので

ベビーオイルや性感ジェル(シリコン系ローション)などを

用意しておきましょう。

これらの潤滑剤は必須です。

最悪は唾液で代用できます。

(アナル向きローションはこちらで選べます→アナル用ローション

肛門調教初日の場合は小指でのマッサージレベルにとどめておく配慮も必要です。

次のセックス時に薬指や中指の先のお肉の部分でマッサージを行います。

この時指の爪はできるだけ短めに、むしろ深爪気味に切っておいて

女性の肛門を傷つけないように配慮しましょう。

少しでも痛いと女性は拒絶反応を示します。

また衛生上、コンドームを指にかぶせることも出来るだけ行ってください。

そのほうが女性も安心してくれます。

コンドームには外からたっぷりローションやベビーオイルを塗り、

女性に出来るだけ配慮します。

勿論、愛撫終了したらすぐにごみ箱に捨ててください。

アヌスへの指先挿入

マッサージの何度目かで次第に気持ちいい表情を見せてきましたら、

指先の腹を肛門の中に少し入れてみます。

指の挿入に先立ってまずは肛門の仕組みを理解しておく必要があります。

この肛門の特徴を理解したうえで女性には指挿入の際に

膝を胸につけるように抱えてもらう赤ちゃんポーズをとってもらいます。

肛門が露わに見えるようにします。

肛門は入り口から肛門管といわれる括約筋に囲まれた柔らか部位が

約3cmほど続き、直腸と繋がっています。

この肛門管の表面は皮膚の延長であり神経と血管が集中していて

痛みに対して敏感です。

肛門管と直腸の境界には肛門腺が存在し粘液を分泌しています。

直腸には自律神経によって支配されて痛みなどは感じません。

(詳細は肛門の構造を参照ください)

この基本を理解したうえで最初は小指からの挿入にします。

最初は指の先の肉厚部分だけ、頭だけ少し押し込みます。

爪は肛門には出来るだけ当たらないようにします。

この時、潤滑剤はたっぷり塗っておいてください。

小指がスムーズに行くようでしたらこんどは薬指、中指の先の肉厚部分を

少し押し込んでみます。

肛門管には痛みを感じる感覚器が多数配置されているので

決して急いだり乱暴な挿入はNGです。

女性は気持ちよさそうな表情を見せたら、アナルセックスは比較的に大丈夫な女性です。

その時、バギナも次第に解れてきているはずです。

肛門自体も次第に緩んできていて指先も受け入れてくれはずですが

もしこの段階で門が頑なに閉まっているようでしたら

その女性はアナルセックスへの恐怖と嫌悪感があるものと

思われますので諦めたほうが賢明です。

この肛門ほぐし段階をセックス時2~3回行った後、肛門愛撫開始5~6日目くらいで

いよいよ小指をアヌスに挿入してみましょう。

細い小指は女性にとってそれほど苦痛にはならないはずです。

しっかりベビーオイルなどで指の抵抗をなくします。

出来る限りコンドームの装着をおこなってください。

最初は第一関節くらいまで入れただけであまり動かさないようにしましょう。

指を出し入れするのではなく指で円を描くように肛門に圧力を

少しかけていきます。

小指が入ったらその日はそれで満足しましょう。

次の日のチャンスには第2関節まで入れてみてください。

そして指先で円を描くように動かしてみます。

肛門を広げていくイメージです。

出し入れはゆっくり優しく行ってください。

女性は次第に心の準備が出来て期待感も膨らんできます。

肛門を広げていく

小指が抵抗なく挿入できてきたら次に薬指、中指と挿入していきます。

小指と同じように最初は第一関節までにしてあまり動かさないようにします。

第二関節まで入るようになってきたら次第に指先で円を描くようにします。

肛門を緩ませて拡張するようにしてペニスの挿入の体制を整えます。

出し入れはゆっくり行って多くしないようにします。

まだ慣れていない箇所ですので摩擦には弱く出来ています。

オイルやジェルはたっぷり塗っておきます。

アヌスの締りも緩んできて次第に女性が喜ぶ表情を見せてきたら

薬指と中指を同時に挿入してみます。

指先を動かして直腸を刺激したり、

手首を回転して出来る限り肛門を擦らず肛門を拡張します。

これを3日間くらい行えばいよいよペニスの挿入の準備が整った言えます。

女性は次に何があるのと考えただけで濡れてくるはずです。

アヌスの調教は一回のセックスでせいぜい10分くらいでやめておきましょう。

あくまでも少しづつ時間をかけて行います。

基本は女性の緊張感を解いてそこに快感があることを知らせてあげることです。

次第に女性も緊張や警戒心が薄らいでくると肛門の筋肉の緊張も取れて

緩んでくるようになります。

女性が緊張状態では肛門は固く閉まったままです。

快感と安心感が女性を支配すると副交感神経が優位になって

肛門が開いてくるのです。

気をつけることはアヌスに挿入した指先は決して膣(バギナ)やクリトリスなどの

外性器に決して触らないことです。

その前に必ず手洗いするかコンドームをつけての指の挿入にしましょう。

直腸に存在するウイルスや細菌で感染症になるケースはよくあります。

最悪、女性は子宮頚癌にいたります。

肛門愛撫の後は次のプレイーに移る前に手洗いは必ず行ってください。

アナル調教のまとめ

  • アナルは普段は固く閉じているのでアナルセックスの為には解すことが必要である
  • 解しはアナルマッサージで行う
  • アナルマッサージは肛門周辺の筋肉をまず指圧で解す
  • ベビーオイルやラブゼリーを使って指で肛門をマッサージする
  • 何度目かで指先の腹を肛門に少し入れてみる
  • 次に小指を中ほどまでいれる
  • 女性が慣れてきたら小指を廻してみる
  • 次に薬指、中指を入れてゆく
  • 円を描くように肛門を広げてゆく
  • あまり急がずじっくり調教してゆく
  • アナルマッサージが終了したらすぐに手を洗う

<NEXT:肛門にペニスを挿入

<アナルセックスに興味のある方にアダルト動画サイトをご紹介します>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

*刺激的なポイント制出会いサイトの一押し(18禁)
ポイント制サイトは色々試しまたが、このハッピーメールに限ります。即Hも可能です。ただし下記のサイトの攻略法はしっかり読んでください。最初は無料登録で試しましょう。

(スポンサー)
SEXは出会いから始まる ハッピーメールバナー*ポイント制人気サイト
ハッピーメール攻略法