サイト内検索
ブログをメールで購読

女を狂わすピンクロータ・小陰唇攻め

小陰唇クリトリスに準じる性感帯です。

しかもその範囲はクリトリスよりは広く伸びています。

小陰唇はペニスが挿入された時に巻き込まれた状態で

刺激をついでに受けているのが常ですが

改めて小陰唇に特化してピンクロータによって愛撫と刺激を与えることで

女性は大きな快感を得ることになります。

|小陰唇責めで女性は狂う

肛門から会陰へ上がって行き、バギナの側面を

ロータを這わせていくと小陰唇に遭遇します。

このひだは人によって形や大きさがまちまちで

まるでカーテンのように垂れ下がっている女性も存在します。

いずれにしろ極めて敏感な性感帯であることは

皆さんは経験済みと思います。

小陰唇のピンクロータ刺激で女性は悶え苦しむくらいの

快感が走ります。

まるで快楽に狂ったような反応を示します。

男性にとって極めて大きな満足を感じるのが小陰唇愛撫です。

小陰唇の愛撫:参照)

小陰唇と大陰唇:参照)

|小陰唇の役割は性感創出

小陰唇は男性ペニスのサオの縫い目の表皮に相当し

セックスでは重要な役割を果たします。

正常位で挿入された際に男性の恥骨やペニスの根元部分で

擦られて刺激され快感を生み出す役割になっています。

男性の玉袋に相当しますが、人類の女性だけが進化させた生殖器官の一部です。

女性は小陰唇でバギナを保護し、

更に尿の排出の方向性をコントロールしていると言われています。

しかし、一番の役割は快楽の創出であり、

小陰唇は人類の女性の快楽に対する貪欲さの象徴する器官です。

その理屈から言うとこのヒダが大きな女性ほど

無修正動画サイト・カリビアンコムのマンコ図鑑は人気AV女優さんのあそこがじっくり楽しめます。女性の構造の勉強に最適です。

(スポンサーリンク)

快楽主義者なのかもしれません。

|小陰唇の全体を満遍なく愛する

小陰唇のひだはクリトリスの包皮に始まって、

会陰近辺まで伸びています。

このひだを上下に満遍なくロータで弄んでください。

接触はロータの先でヒダをめくるようにいじると

喜んでくれます。

また小陰唇のひだの外側、内側は意識して区別して

愛撫してください。

それぞれの女性によって大きく反応が違ってきます。

ひだのトップの峰になっているところを軽くなぞることも

女性は大いに喜んでくれます。

小陰唇と言ってかなりの長さた面積があり、

それぞれのエリアでは女性は感じ方が違ってきます。

じっくり観察してみましょう。

|小陰唇は濡らしてローターを使う

小陰唇近辺がまだ愛液で濡れていない場合はバギナ近辺の愛液をロータに

つけてから遊んでください。

乾いた感じですと多少痛みもあり不快感があるようです。

左右のヒダを裏表まんべんなく濡らしてあげてから遊んであげてください。

振動は低速で軽く触る程度で充分感じています。

じっくりクリトリスにたどり着く前に焦らします。

女性には悶絶するくらいの快感になります。

|小陰唇ピンクロータ愛撫法のまとめ

  • 女性にとって小陰唇は快楽の震源地である
  • また小陰唇はバギナや膣前庭を保護し、尿をコントロールしている
  • 挿入時に次いでのように快感を生み出しているが小陰唇だけを重点的に攻める
  • 女性は小陰唇でクリトリスに準じる快感を得ることが出来る
  • 小陰唇はクリトリス包皮から会陰まで長く続く
  • 小陰唇の表側、トップ峰、内側とそれぞれ反応が違う
  • それぞれの箇所をじっくり愛撫する
  • 小陰唇は濡らした状態で攻めることが鉄則である

Next: ピンクロータのクリトリス攻め

Digiprove sealCopyright securED by Digiprove © 2014All Rights Reserved