サイト内検索

(スポンサーリンク)

ピンクローター・会陰と肛門刺激

会陰(えいん)や肛門近辺は強度の性感帯になっていますが、先入観やイメージによって、腰を引く女性が多いのが現実です。ピンクローターでの会陰、肛門責めは本格的な肛門開発への地均しとして行うことが多いのですが、ピンクローターでの陰部刺激の一環としても流れの中で組み入れていきます。

(スポンサーリンク)
SEXは出会いから始まるハッピーメールバナー
*ポイント制人気出会いサイト

会陰刺激

ローターでの股間刺激は隅々まで丁寧に行います。大陰唇を充分刺激した後、会陰への愛撫に移ります。会陰には、性感に関わる神経が交差し、肛門括約筋と膣括約筋の起点であり、女性の陰部の要的な存在です。別名、蟻の戸渡りとも呼ばれている敏感地帯です。

バギナから肛門に至る3cmほどの部位になりますが、このエリアに振動刺激を与えることで筋肉をほぐしていきます。陰部全体の血流が増え、膣周辺の筋肉強化にもつながります。筋肉が強化されれば、締りの良いオマンコが期待でき、男性にとっても喜ばしい成果が得られます。

また会陰の血流が増えることにより、女性の性感が増幅され、オーガズムも起こりやすくなります。会陰へ振動刺激を与えることによって、女性性器全体は活性化されます。

会陰エリア(バギナと肛門の間)をローターの先を何度かゆっくり往復させてください。膣口に触れる寸前に戻し、肛門に触れる手前でまた戻しては焦らします。振動は弱めでも充分です。

肛門を刺激する

肛門(アヌス)の刺激には、時には、女性は嫌悪する姿勢をみせます。最初から抵抗なく受け入れる女性は、既に余人によって開発済みである可能性が高いのですが、先天的に肛門周辺が強い性感帯である女性も肛門刺激の快感を当初より楽しみます。この秘密の箇所は性感帯であることは、違いないのですが、抵抗する女性を強引に攻めるのは控えたほうがいいでしょう。様子を見ながら、肛門周辺愛撫から徐々に進めるようにしてください。時間をかけて慣れさせ、肛門近辺の愛撫を普通の行為として常態化させていきます。

ローターのヘッドを少しだけ肛門周辺に接触させてみてください。あまり抵抗しないようでしたら、肛門の真ん中に押し当てます。まだ、肛門の中に入れずに、添えるようにして刺激を伝えます。肛門やその周辺が感じていることは確かです。陰部ローター刺激の流れの中で肛門振動刺激を行います。肛門への挿入は、次の段階となります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

*刺激的なポイント制出会いサイトの一押し(18禁)
ポイント制サイトは色々試しまたが、このハッピーメールに限ります。即Hも可能です。ただし下記のサイトの攻略法はしっかり読んでください。最初は無料登録で試しましょう。

(スポンサー)
SEXは出会いから始まる ハッピーメールバナー*ポイント制人気サイト
ハッピーメール攻略法