サイト内検索
ブログをメールで購読

膣側面の刺激開発

膣口から側面にそって指を進めると側部は、腸など同じ平滑筋と膣粘膜で構成される部位になります。柔らかで女性によっては内壁のヒダがはっきり感じることが出来ます。膣は前記のように入り口は膣括約筋で挟まれ、立て坑になっていますが、その奥は横に幅が広がる袋状になっています。その横に広がる膣の深部の側面の開発も、じっくり取り組めば実り多き部位になっています。

膣側面の性感ツボ

男性の多くは膣の側面を意識することもなく、触れることもないのが現実だと思います。多くのセックス指南書を覗いても、膣側面に名だたる性感帯が存在すると記すことはありません。しかし、女性の性感に特定のルールなど存在しません。膣側面には、その女性の感覚神経の配線の特性や性体験、成熟度によって思いもよらない快感のツボが存在しています。

ただ、誰も触れたことがないだけであり、じっと声を顰めてその時を待っているかのように感さえあります。未知も膣ツボを捉えた時のその反応には驚愕することがしばしばあります。膣側面は、未開の性感鉱脈と言っても過言ではないと思います。

膣側面刺激法

膣側部は想像以上に広い空間となっています。女性が正常位、仰向けの態勢で2本の指で刺激を与えていきます。女性が膝を立てるか、そのまま脚を伸ばした状態かでその空間の広がりはまるで違ってきます。開発愛撫では女性が膝を立てポーズのほうがより的確に刺激を与えることが出来ます。

無修正動画サイト・カリビアンコムのマンコ図鑑は人気AV女優さんのあそこがじっくり楽しめます。女性の構造の勉強に最適です。

(スポンサーリンク)

女性が膝を立てた状態で側面を探っていくとやがて脚の骨格が確認できます。骨と筋の感触が指に伝わりますが、この部位が大きな性感反応を示します。骨をゴリゴリマッサージするように刺激を与えてみてください。女性によっては狂いだすこともあります。

ポルチオ側部刺激

更に膣側部の斜め上部に指を進めるとやがてポルチオの付け根に行き当たります。Aスポット、Kスポットの両脇になります。この部位への刺激も子宮を直接刺激することになり、やがて爆発的な快感を引き起こします。押すようにじっくり刺激を繰り返してみてください。その反応に驚きます。

膣側部性感はいまだ未開拓の性地です。このユートピアを論じた性科学者を確認したこともありません。また、性の探究者たちのコメントも殆ど、ありません。しかし、確実にそこには大きな快楽が眠っています。一度、この迷宮の地を訪ねられることを願います。この広い空間にはまだ未発見の名前すら知らない快楽のツボが幾つか眠っています。女性によっては、イキまくりの壺になっています。

Digiprove sealCopyright securED by Digiprove © 2019All Rights Reserved