サイト内検索

テストステロンが優位な女性は性欲が強い(テストステロンタイプの女)

テストステロン性ホルモンの一種であり、男性的な肉体を作り上げ、積極的な性行動を取らせるホルモンです。特に強い性欲を引き起こすホルモンであることが知られています。

男性ホルモンであるテストステロンは女性にも男性の5~10%程度のレベルで存在します。その活性度は女性によって様々ですが、その数%の微妙な違いによって女性のセクシュアリテイーは様々な様相を示します。男性ホルモンが強いテストステロンタイプの女性は性欲が強くなります。

(参照)


(スポンサーリンク)

ハッピーメールバナー

業界最大級の会員数を誇る、登録無料の優良コミュニティ「happymail」(18禁)

ハッピーメールはポイント制の会員500万人を誇る20年を超える老舗サイトです。ポイントサイトは、入会後直ぐに出会いが出来て、エッチな出会いにも最適です。(ハッピーメール攻略法はこちら


テストステロンによる女性の男性化

テストステロンの活性度が、他の女性と比べて高い女性は、その活性程度によって、脳も肉体も男性的な要素が加わってきます。基本的なOSはエストロゲンによる女性的なセクシュアリテイーですが、そこに男性的なソフトが上書きされてくるイメージです。

肉体は、男子のように直線的で筋肉体質になります。乳房も骨盤も小さめで、体全体が引き締まった感じになります。目は釣り上がり気味で、顔つきはすっきりとして、色も浅黒く、ボーイシュで、身体は現代女性が今求めている理想的な体型になっていきます。特に、指の薬指が長くなっていきます。肉体的には、脂肪が少なく、男性が喜ぶようなムチムチした柔らかで女性的な妖艶な魅力には欠けてしまいます。

脳も男性的要素が多くなっていきます。活動的で攻撃的で競争を好みます。また、合理的思考力や空間認識能力に長けて運動能力や創造力に恵まれ、ゲーム・数学などが得意な論理的な脳が形成されます。

近年、様々なスポーツや格闘技、経営、科学、法律、建築、芸術、囲碁将棋の世界での女性の活躍が見立ちますが、彼女たちはテストステロン値が比較的高いと推測されます。女性の男性化の一つの現われですが、女性が経済的に開放されたこと、環境ホルモンなどの影響などがその要因として考えられています。一方、男性の女性化も同時に起こっています。

テストステロンの女性器への影響

テストステロンは、女性器の形成にも大きく関与しています。これまでの記述のように、クリトリスとペニスは発生学的には同源であり、クリトリスはテストステロンの影響を強く受けています。テストステロン値が高い女性は、クリトリス系外性器が発達し、敏感になっていきます。筋肉と同じく、骨盤底筋肉群も活動的に動き、外陰部から膣口、膣前部が非常に発達します。陰毛も濃く生えてきます。テストステロンは女性の外陰部の発達と活動を促していきます。

テストステロンタイプ女性の性欲

テストステロンは性欲ホルモンでもあり、人を性的な行動に駆り立てていきます。テストステロンが活性化されている女性のセクシュアリテイーは、男性的であり、積極的で衝動的になっていきます。今で言うところの性欲を表にあからさま示す肉食系の女子を創り上げます。この影響はテストステロン値が強いほど堅調です。

テストステロンタイプの女性の性欲や性行動は男性のような傾向を示し、セックスの回数、結婚の回数、経験する男性の数も平均以上になります。いわゆる、恋多き女であり、不倫行動も多くなる傾向にありますが、オーガズムを一度得れば、それで満足してしまいます。


カリビアン マンコ図鑑

無修正動画サイト・カリビアンコムのマンコ図鑑は人気AV女優さんのあそこがじっくり楽しめます。一生懸命、女性を勉強している男子の女性器の構造の研究に最適です。

テストステロンタイプ女性のオーガズム

テストステロンの活性度が高い女性は、クリトリスの感性が強くなります。幼い頃から、クリトリスの快感に目覚め、オナニーを早々行い、クリトリスオーガズムを楽しんでいます。興奮するとクリトリスの勃起も激しく非常に敏感で、直ぐに絶頂に達していきます。彼女たちのオーガズムは男性的なオーガズムに近く、局部的になりますが、感じやすい身体は魅力的です。ただし、女性の一部には男性のように一度イクことでくすぐったさが生じ、それ以上イケない女性もいます。

テストステロンタイプ女性とのセックス

テストステロンタイプの女性は、男性にとって非常に扱いやすいかもしれません。一定の刺激をクリトリスに与えることでオーガズムに導くことが出来ます。彼女たちはまた、クンニリングスやバイブでクリトリスを刺激されることが大好きです。それだけで何度も絶頂に達してくれます。

また、セックスの進行でも、男性をリードすることを好みます。特にフェラチオや女性上位などの行動を積極的に取ってきます。特にクリトリスをこすりつけることの出来る体位を求めます。男性は、女性の動きに任せるがままで、勝手に女性は登りつめていくので楽をすることが出来ます。

その反面、性の探求を目指す男性にとって物足りなさを覚えます。男性的なセクシュアリテイーのために自分が満足することでそれ以上の快楽を追求することがなく、オイッテしまえばすぐに寝てしまう女性もよくいます。女体開発や性の神秘を追い求める男性にとってはエストロゲンタイプの女性が向いているかも知れません。

また、S的な性向を示しますので、それをしっかり受け止めることが大切になります。男性は、女性のやりたいセックスを自由にやらせてあげることが大切になります。従って、責好きの男性がM女として扱うのは少し無理がありますので、相手の嗜好に合わせていきます。

テストステロンタイプ女性の性開発

男性ホルモンが豊富な女性は、性的に活発であり、セックスの頻度も多くなります。また、早い時期に自らクリトリスの快感開発を行っている傾向にあります。男性側も女性が簡単にイクことで自分も同時に果ててしまい、それ以上のオーガズムの進展がないことが殆どです。オーガズムにはすぐに達することが出来、何度もイクことが出来ますが、快感度はあまり深くなく、サラッとしたセックスに終わる傾向があります。やはり本当のオーガズム開発は男性の手によって本格的に行われる方がより深まっていきます。

このタイプの女性は、ポルチオオーガズムを目指して、膣奥を熱心に攻めていっても徒労に終わることが多くなります。まずはいいところを伸ばす教育方針で、クリトリス系の性感帯を徹底的に攻めていき、そこからオーガズムの深みを与えていくほうがいいでしょう。

特にクリトリスを長時間舐め続けながら、小陰唇大陰唇前庭球会陰、膣口、膣前壁やGスポットなどを同時に攻める施術が効果的です。クリトリスを基盤にして、外陰部全体の快感を深め、連携を取っていく手法です。女性は、やがて、外陰部全体が痙攣し連続的にオーガズムを迎えていき、オナニーによるクリトリスオーガズムとは別次元の快感を向かえます。

これまでの経験では、女性のクリトリス系を攻め続けることで、外陰部や尿道部が痙攣しておきる潮吹きを幾人もの女性に見ることが出来ました。これによって、ポルチオオーガズムに勝るとも劣らないレベルのオーガズムを女性は体験しています。ポイントは、女性がイッテもイッテも手を緩めす、クリトリスを責め続けることです。バイブなどの利用も効果的です。

クリトリスタイプの女性は、簡単にオーガズムを獲得したがゆえに、表面的なオーガズムに満足している傾向にあります。テストステロンタイプの女性に、これまで味わったことのない強烈で終わることのないオーガズムの体験させることは実に楽しいものになります。テストステロンタイプ女性の中には、ポルチオオーガズムや膣奥でのオーガズムが先天的に不可能な女性も存在しますので、その見極めをしっかり付けて、クリトリスを徹底的に開発してあげてください。ポルチオオーガズムだけが絶対的なオーガズムではないのです。それぞれの女性のオーガズムにも個性と特性があるのです。

女性はテストステロン値が目まぐるしく変わる

ここで、一つ留意する必要があるのは、女性のテストステロン値が目まぐるしく変わっていくことです。年代や生理周期によって変わっていきます。

女性は10代から20代前期には、テストステロン値が高く、性欲が盛んになっていきます、20代後半から30代はエストロゲンが強まり、やがて40過ぎる頃には再び、テストステロン値が優位になって性欲が強まります。また、月齢でも、月経の直前と最中がテストステロンが高くなります。

この変動に対応したセックスで女性に臨むことも忘れてはなりません。

まとめ

テストステロンが優位な女性は、手軽なセックスフレンドになってくれる可能性が強いのですが、リードしたがりますので、思い通りのセックスをさせてあげなくてはなりません。その上でしっかりクリトリス中心に責めていき、クリトリスオーガズムを徹底的に開発していきます。

(スポンサーリンク)
無修正・美女だけのアダルト動画サイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする