サイト内検索
ブログをメールで購読

膣前壁(膣上部)の開発

(スポンサーリンク)
SEXは出会いから始まる ハッピーメールバナー*ポイント制人気出会いサイト
ハッピーメール攻略法

Aスポット開発

Aスポットは膣前壁の最深部、ポルチオ上部の凹んだ部分に有るとされていますが、これもGスポットと同じように有るようでないような不思議な性感スポットです。開発が進んだ女性が感じるスポットです。

その実態は、その裏に控える膀胱と子宮とあると推測されています。この両者は、迷走神経による影響が強く、クリトリスのような骨髄系の感覚ではないために、刺激に対しては反射的な反応を示すことは余りありません。女性が経験を積み、生殖器が成熟してきた段階で、Aスポットを介した刺激を脳が快感に転嫁していきます。完全に開発型の性感スポットになります。勿論、先天的に神経の配線がこのエリアに濃密な女性は、セックス体験の初期段階から大きな快感を得ますが、少数派です。

従って、このAエリアの開発が結果を出すかどうかは女性の体質によりけりとなりますので女性の反応を観察しながら進めます。

Aスポット刺激法

Aスポットの存在場所は中指と薬指を伸ばして膣前壁奥に進めた突き当りであり、指を少し根本から曲げた指先の腹が当たる位置になります。ここを指先で押すようにマッサージして行います。指を奥に突っ込んで伸ばし気味で行う刺激は男性にとってかなり辛い動作になりますので、ゆっくり行うようにしてください。反応のいい女性で更に強い刺激を要求されることもありますが、このときは指を伸ばしたまま素早く指先を動かしますが、辛くなったらそのまま指先を伸ばしたまま手全体を押し込むように前後に動かして刺激します。

ペニスによる刺激では、意識してペニスを膣奥上部に押し付けてそのままグリグリ押し込むようにマッサージしていきます。ピストン運動ではなくペニスでその奥に控える子宮に揺する刺激を与えるイメージです。また、細かく突いて子宮に振動刺激を伝えることも効果的です。

バイブを使用の際はやはりステイックタイプで先に振動がしっかり伝わる道具を使います。奥に差し込んでピンポイントで刺激を与えてください。

AスポットはGスポットより難易度が高い開発ポイントです。直ぐに結果は出ないことが多いハズです。もしかしたら1~2年の時間が必要かもしれません。めげず、怠らず開発を続ける気持ちが大切です。

AGライン開発

GスポットとAスポットの間のラインは強い性感帯となる女性が多くいます。明確にGスポット、Aスポットが確認できない女性でもAGラインの刺激は快感となります。また、AスポットとGスポットの間のライン上で極めて高い性感を示す事がよくあります。特にAGスポットと個人的には呼んでいます。指を膣奥に入れて第関節で曲げて当たる膣前壁のエリアです。これも女性によってまちまちですが、特にオーガズムを向かえた後に、敏感に反応します。連続オーガズムに導くに効果的な性感スポットでもあります。

このAGスポットが性感帯であるかどうかは、やはりその女性の性器や泌尿器の構造によるようです。そのポイントが尿道や前立腺、膀胱に隣接しているかどうか、また性的な成熟が進んでいるかによります。絶対的な性感ポイントではないことを念頭に挑戦してください。

刺激法はこれまでと同じように2本の指先で押すようにマッサージします。鋭く反応するところを見つけたら重点的に刺激していきます。また明確反応を示さない場合はAGサインにそってゆっくり指先をスライドしていきます。これだけでも大きな快感が女性を襲います。

ペニスの刺激ではAGラインにそって、亀頭部を押し付けるようにゆっくりスライドしていきます。Aスポットにたどり着いたらグイグイ押し込み、またゆっくり押し付けながら戻していきます、この往復動作を数分間地道に行います。何度かのセックスの後に女性の方から擦り付けてくるようになります。

最適な体位は女性上位で女性が後ろに身体を傾けた状態です。また、正常位でもAGラインの刺激を有効に行うことが出来ます。

AGラインの刺激では合わせてクリトリス刺激も加えるようにすると効果倍増です。AGラインの開発はクリトリス、尿道海綿体、前立腺、膀胱、子宮の性感を目覚めさせ、活性化します。

Digiprove sealCopyright securED by Digiprove © 2019All Rights Reserved