サイト内検索

同じ女についついペニスが勃ってしまいエッチしてしまう問題

少し前に『同じ女にしかペニスが勃たない問題』について扱いました。

今回は同じようなペニスの勃起にして男性が落ちいてしまうセックスでの失敗事象ですが、

根本的には全く真逆な出来事になります。

このついつい同じ女に勃起してしまう問題はツイツイ元気が良すぎる男性、

性欲が満ち溢れている若い男性に起こりがちな問題です。

具体的には、それほど好きでもない女性なのに、

会うたびについついエッチしてしまい、

なんで俺はあんなブスとセックスしてしまうだろう??

よく自己嫌悪に陥ってしまう現象です。

そして最終的に、孕ませてしまい、

そのまま責任を取ってしまい、じつに後悔の日々を送ってしまう男性も意外と多いのです。

この男性の人生の落とし穴について少し考えてみましょう。

(参照)

(スポンサーリンク)
SEXは出会いから始まる
ハッピーメールバナー*ポイント制人気出会いサイト

ついつい勃起現象の要因

それほど好みでない女性とついついセックスしてしまう問題は、

男子にとっては生物学的な要因が大きく絡んできます。

大きく分けて以下の3つの事柄で男性は理性を失っていきます。

毎回、後悔の念に苛まれている人は、

決してそれは貴方の性格や心がけの個人的な欠陥によるものではないことは

認識しておいたほうがいいでしょう。

  • 蓄積した性欲の暴走
  • ブスについつい勃起
  • 遺伝的な相性の良さ

この3つの要素によって雄としてとった正しい行動が

貴方を後悔への海に突き落としているのです。

蓄積した性欲が暴走する

性欲は、男性の行動原理の根本です。

男性の生きている意味は自分の遺伝子を後世に残すことであり、最大の拡散です。

しかし、その本能的な欲望は社会的な規約で制約され、

性的な行動には大きな責任も時に付加されてきます。

そしてこの生殖への渇望は個人にとって食欲につぐ要求として個人に活動することを

求めてきます。

報酬系のエネルギーは食欲、性欲において最大値となるようにセットされています。

動物は食欲を満たし、子孫を残すことが最大公約的な使命になっていることは

否定出来ません。

人類の男性も基本的には、野生の雄と同じ欲求原理で行動します。

普段は大脳皮質によってコントロールされていたこの性欲が

時たまある環境下では抑えが効かないことになっていきます。

溜まりに溜まった性欲は、すべての判断を狂わすことがよく起きてしまいます。

特に10代から20代前半にかけては、精子の製造も盛んであり

生殖への欲求が強烈に湧き上がってきます。

若いときの恋愛は、決して深い愛情がそこにあるわけではなく

性的な欲求による求め合いでしかないのが現実です。

この時期に性欲を満たしてくれる女性こそ女神であり、

自分の理想とする女性と錯覚してしまい事が多々起こります。

20前後で熱い熱情の中で結婚してしまう男性の多くがこのケースになると思われます。

確かにこの時期はすぐにエッチできる相手はなかなか手に入らず

セックスできることは貴重です。

しかし、すぐにエッチさせてくれるからと言ってその女性だけを見るのは

実に危険です。

出来る限り、他の女性とのセックスのチャンスも得るように努めたほうがいいでしょう。

女性が無条件でエッチに応じるのは、その後の永遠の保証を期待していることを

しっかり認識した上で、セックスしてください。

『今はこの女としかセックス出来ないから仕方なくエッチするけど、

ひと時の戯れ!!』

と自覚しながら、エッチしたほうがいいでしょう。

その上でその女性が離れがたいと判断した時に始めて、

結婚などを考えたほうがいいのです。

手軽に手に入った女には要注意です。

女性も本能的に罠を仕掛けていることは忘れないようにしてください。

会うたびについついエッチしてしまい、

そのまま人の良さで拉致されてしまう男性が多い実態をよく目にします。

本当に姿形が好みの女かどうか?

性格的良さや相性はどうか?

冷静にしっかり見極めることが大切です。

その女性とデートする前にオナニーで一度、たまった精液を抜いてから

会うようにすることもしてみましょう。

また、風俗などで体の熱を冷ますの一つの方法です。

性欲が頭を引っ込めればその女性への欲望も無くなる筈です。

無為に性欲に振り回されて大きな失敗しないように心がけましょう。

若いときの性欲はお手軽な女でまずは解消して、

しっかり性的な修行を積んで好みの女を手に入れることが正解です。

女がブスで肉欲的

男がついついペニスを毎回勃起させて、エッチしてしまうパターンに

女があまりいい女でないケースが良くあります。

美人でもなく、それほど可愛くもない程度のレベルな女である時、

男性は精神的な優位からついついオチンチンを勃起させて、

気軽に手を出してしまい、その後、会うたびにエッチしてしまいます。

ブスなら何をしてもいい

という男によくある心理が働くのです。

そのくせ、美形の女性にはビビって手も足も出ないのですが・・・。

特にブスでも体が肉感的で、人のいい女の場合は、

更に男性側の情欲が制御されることはあまりなくなります。

若い男性は特に、性欲の蓄積が重なることもあって、

ブスでお人好しの女とはついつい関係を続けてしまいます。

これが男性がついついハマってしまう落とし穴の一番いい例になります。

精神的な楽さやお手軽セックスからそのまま関係を長引かせ、

雁字搦めにされてしまうのです。

自分に自信のない女性の中に

男性に奉仕することや性的に満足させることで

男性を獲得する策をとることが多いのも実態です。

その時の心地よさはその場限りであることがあるので、

決して見誤らないことが大切になります。

あくまでも、

所詮、自分の好みの女でないことを自覚して、そのブスは遊び女に留めておくことです。

とはいえセックスをさせてくれるくれる女性はブスでも実に有り難いものです。

感謝しつつも、自分を決して見失わないようにしてください。

男は、精神的に優位な時にペニスが勃ってしまうのですが、

時には人生の大きな失敗に繋がってもしまいます。

遺伝的な相性の良さで勃起してしまう

男女の性的な相性は、お互いの反応やテクニック以上に、

遺伝的な相性の良さが実に大きな役割を果たしています。

簡単に言ってしまえば、

お互いの遺伝的な欠点を保管せんが為に、本能が相手を衝動的に求めている現象です。

これは、相手の体から放たれる化学物質が臭覚で感知されて、

生物学的に必要とする生殖相手を見つけ出していくという本能の作動です。

遺伝的な相性がフィットした女性の香を嗅ぐだけで

性的な大きな覚醒を引き起こし、

ペニスは強烈に勃起してしまい、会うたびに相手を求めていきます。

上記の性欲の暴走と似ているようですが、

性欲の暴走は相手を選びません。

やらせてくれる女なら誰でもいいのですが、

遺伝的な相性による欲情は特定の女性に限られてきます。

何故、タイプでも女なのに、あの女だけやたら抱きたくなるのか??

多分、貴方が生物学的に引き継いできた遺伝子がその女性を求めているのです。

この場合のセックスは狂わんばかりの快感に包まれ、最上のセックスになるはずです。

求めても求めても、求めたりないセックスが続きます。

つまり、精神性は別として、肉体的にはその女性を愛していることになります。

そして二人の間に生まれる子どもは遺伝的には強化された健康な体で生まれます。

長い人生で多分、数人レベルでこのような女性に出会えると思います。

容姿のタイプでの女性の選別よりは、

この性的な相性での付き合いも重要であることは覚えておいてください。

その女性とは最高の情愛関係が楽しめるはずです。

性欲は満たされているのに、その女性に会うたびに性的に訳も分からず興奮するのは

このケースが当てはまるかもしれません。

(参照)

まとめ

男が好みでもない女とついついセックスしてしまう出来事は

長い人生何度か起こるはずですが、

上記のように、単純な衝動的な性欲によるだけではありません。

自らの性衝動の実態を少しだけでも知っておくことで

それほど大きな過ちを犯すことなく、

また後悔の念に苛まれることも無くなる筈です。

何故、ついついあの女とエッチしてしまったのか?

その答えを決してただしく見出すことはないでしょうが、

少しでも参考になればと書いてみました。

小生も、未だにいく人かのあの時の女を思い浮かべてしまいます。

(合掌)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

*刺激的なポイント制出会いサイトの一押し(18禁)
ポイント制サイトは色々試しまたが、このハッピーメールに限ります。即Hも可能です。ただし、上記関連サイトの攻略法はしっかり読んでください。最初は無料登録でじっくり自分に合った出会いサイトを探しましょう。

(スポンサー)
SEXは出会いから始まる ハッピーメールバナー*ポイント制人気サイト
ハッピーメール攻略法