サイト内検索

(スポンサーリンク)

オキシトシンセックスによるオキシトシンオーガズム

オキシトシンは、『愛情ホルモン』『絆ホルモン』『友情ホルモン』『癒やしホルモン』

として昨今世界的に話題になり、マスコミにも大きく取り上げられました。

オーガズム迎えることでオキシトシンは、脳内に大量に分泌され、女性の精神を安定させ、

愛の気持ちを育成しますが、オーガズムの発現にも大きく関与しています。

すなわち、オキシトシンはポルチオオーガズムに大きく関係し、

オキシトシンの作用によって女性の深い喜びを生み出していると考えられています。

その意味ではオキシトシンは「オーガズムホルモン」とも言えます。

その快感はクリトリスオーガズムとは異次元の快楽となっていきます。

女性のポルチオオーガズム(子宮オーガズム)を導き出すためには、

このオキシトシンのコントロールこそ大きな鍵になります。

我々男性は、一生懸命女性とスキンシップし、接吻し、愛撫し、

ペニスの出し入れを繰り返すのは

畢竟、このオキシトシンの分泌濃度を高めるための一連の行為でしかありません。

これまで様々なセックステクニックや女体の開発術を述べてきましたが、

求めている結果は、オキシトシンの活性化による子宮オーガズム(ポルチオオーガズム)の

誘導でしかないのかもしれません。

(スポンサーリンク)
SEXは出会いから始まるハッピーメールバナー
*ポイント制人気出会いサイト

オキシトシンについての復習

オキシトシンについてもこれまで多くを記述してきましたが、

そのなかで不足している特性を補充し、かつポイントを簡単にまとめておきます。

オキシトシンは母性愛の根源となるホルモンであると同時に

人間同士の愛情、友情、絆、信頼を形成していくホルモンです。

またオキシトシンは副交感神経を活性化させ、

人の緊張ホルモンであるコルチゾールを抑制し、

ストレスを軽減して人の心や体の状況を落ち着かせていきます。

オキシトシンは女性ホルモンであるエストロゲンと強い親和性を有しています。

エストロゲンはオキシトシンの分泌を促進し、その感受性を増進し、

更に女性らしい心と体を強く形成していきます。

女性ホルモンが豊富な女性は、オキシトシンへの反応も強く愛情深いともいえます。

男性は女性のオキシトシン濃度が30%程度低いのですが、

構造の似たバソプレッシンがオキシトシンのような役割を果たします。

男性では女性のエストロゲン、オキシトシンの関係と同じように、

テストステロンとバソプレッシンがお互い連携し合いますが、作用効果は対極的です。

バソプレッシンは支配ホルモンとも言われているのです。

オキシトシンは脳の視床下部で形成され、神経伝達物質として作用するとともに

下垂体後葉に送られて血中に放出されてホルモンとして働きます。

具体的には、子宮の平滑筋や乳腺の筋繊維を収縮させます。

オキシトシンは神経伝達物資であり、ホルモン物質でもあるわけです。

オキシトシン受容体は、子宮や乳腺、中枢神経で確認されており、

特に副交感神経である迷走神経を活性化し、求心的に脳に情報伝達していきます。

オキシトシンは、脳の受容体に作用するとオキシトシン自体を更に合成する作用を

持っています。

つまりオキシトシンは分泌されほど

更にその分泌を促進する正のスパイラルをもっているのです。

また、オキシトシンはセロトニンドーパミン、ノルアドレナリンなどの神経伝達物質と

強く影響しあい、人間の行動を規範している報酬系システムにも強く関与しています。

オキシトシンはドーパミンの分泌を促進し、人の行動を前向きにするのです。

オキシトシンは男女間の愛情、絆の形成に重要ですが、

我々が注目すべきは女性のオーガズムにおける作用とその活用になります。

(神経伝達物質)

脳内で、神経同士を繋ぐシナプスで情報伝達に介在する化学物質で、神経細胞で合成されるます。オキシトシンの他、ドーパミン、セロトニンなど各種あります。

(ホルモン)

ホルモンは内分泌腺や神経細胞から血中に分泌される化学的情報伝達物質であり、微量で特定の標的部位に作用効果を発揮します。

(迷走神経)

迷走神経は、延髄から出ている構造的には10番目の脳神経ですが、機能的には体性神経・自律神経のどちらも担っています。(体性神経:運動神経と知覚神経のこと)脳の延髄から出て頭部、頸部,胸部,腹部へと直接伸び、ほとんどすべての内臓に分布して,感覚,運動,分泌を支配しています。脳神経でありながら腹部にまで達しており,その末梢分布が複雑でわかりにくかったので,迷走という名がつけられました。 

具体的には、喉などにいく迷走神経は体性神経なので感覚・運動を司りますが、臓器に行く迷走神経は副交感系の神経になります。口の中でも迷走神経が多くの筋肉を支配し、発話や咽頭を開くことにきわめて重大な役割を担っています。特に肺の呼吸と心臓の心拍数に大きく影響を与えます。子宮にもこの迷走神経は枝を伸ばしています。

子宮オーガズムとクリトリスオーガズムの違いについて

更にここで、もう一度オーガズムについて確認しておきます。

これまでポルチオオーガズム(子宮オーガズム)・クリトリスオーガズム・バギナオーガズム

(膣オーガズム)・Gスポットオーガズムに関して

詳しくその実態は如何なるものか見てきました。

女性のセックス機能にはまだまだ未解明な箇所が多分にあり、大きな神秘でもあるのですが、

これまで性学者の研究成果から次のような事柄が推定されています。

  • 子宮オーガズム(ポルチオオーガズム)は副交感神経系の迷走神経オーガズムであり、
    ホルモン的にはオキシトシンが大きく影響するオキシトシンオーガズムである
  • クリトリスオーガズムは陰部神経による交感神経系の脊髄反射オーガズムであり、
    ドーパミンが主体となるドーパミンオーガズムである
  • バギナオーガズムは迷走神経と陰部神経によるクリトリス・ポルチオ混合型オーガズムである
  • Gスポットオーガズムは陰部神経によるクリトリス型のオーガズムである

(陰部神経)

陰部神経とは主に脊髄から伸びる仙骨神経叢の延長にある抹消神経です。末梢神経とは感覚神経・運動神経・自律神経の役割を担います。陰部神経は肛門(こうもん)・会陰(えいん)部・外生殖器を支配します。

ポルチオオーガズム

オキシトシンは末梢神経で平滑筋の収縮のすべてに関与し分娩や母乳の分泌を支配しますが、

ポルチオオーガズムの子宮収縮もオキシトシンによって起こります。

オキシトシンは分娩時などの子宮の伸長などの刺激情報が迷走神経を介して、

脳に伝達され、視床下部から脳下垂体後葉に運ばれ血中に分泌され、

子宮を収縮させて出産に至ります。

平滑筋の収縮にはオキシトシンが重要な役割を担い、

子宮オーガズムの子宮収縮にオキシトシンが関与していきます。

言葉を代えるなら、子宮におけるオーガズムにはオキシトシンの分泌が求められ、

必要なのです。

ポルチオオーガズム(子宮オーガズム)はオキシトシンオーガズムであるのです。

子宮頚部(ポルチオ)への刺激が、オキシトシンを分泌させ、

さらに受容体を活性化していくプロセスは広く周知の事実なのですが、

セックスにおいてこのポルチオへの刺激はそう簡単でなく、

また、クリトリスオーガズムのように一定の刺激によっておこる

脊髄反射反応でも定型的でもありません。

ポルチオオーガズムは刺激累積型であり、

開発型であることはこれまで再三記述してきました。

それだけではなく、その女性の先天的なホルモン及び神経体質や生理的な状態、

そしてそれまでの出産や授乳経験も大きく作用してきます。

(女性ホルモンの多い女性や帝王切開でない出産経験や母乳による授乳を行ってきた女性はオキシトシンに対する感受性は高いレベルにあります。ポルチオオーガズムが出産した30後半女性によく起こるのはこのためです。)

ポルチオオーガズムの感覚を『膣奥で感じる』『子宮が揺さぶられる』『お腹の底から快感』

『頭が真っ白になる』『一瞬気絶する』『意識が飛んでしまう』などと女性は表現します。

クリトリスオーガズムは表面的な鋭い快感であり、

ポルチオオーガズムは体の奥底から湧き上がる連続で起こる重い快感になります。

このポルチオオーガズムは上記のように個人的な要因が大きく作用し

すべての女性が体験できるわけではありません。

すぐに体感する女性もいれば、生涯体感が不能な女性もいるのが実態です。

これはスポーツや音楽などの才能と一緒で、

性的に天才の女性もいれば、まったく不感な女性もいることは

認識しておかなくてはなりません。

その女性の先天的に備わった神経配列やドーパミン・エンドルフィン・エストロゲンや

オキシトシン産出能力だけではなく、

出産や授乳、成熟、そして性体験の積み重ね、男性による愛情とポルチオ刺激累積などが

複雑に絡み合ってポルチオオーガズムを創出していきます。

クリトリスオーガズム

クリトリスのページで説明の通り、

クリトリスとペニスは発生学的に起源が同じで、その構造や仕組みは非常に

類似しています。

性的な刺激を受けたクリトリスにおけるオーガズムの出現も

ペニスと同じくテストステロンが主役的に作用して快楽を生み出していきます。

脊髄における交感神経の覚醒によって誘発されるオーガズムであり

ドーパミン、ノルアドレナリンなどの興奮系のホルモンが主体になります。

ポルチオオーガズムがオキシトシンオーガズムであり、

クリトリスオーガズムは、ドーパミンオーガズムでもあるのです。

ただ、クリトリスオーガズムとペニスのオーガズムとの相違は、

男性は射精後にプロラクチンの放出を受け性的に冷めた不応期を向かえますが、

多くの女性はプロラクチンの分泌が少量であるために、

クリトリスが絶頂を迎えてもすぐにまたオーガズムに至ることが可能です。

また、男性のペニスオーガズムが脊髄反射的に起こり、

意思でコントロールすることが出来ませんが、

クリトリスオーガズムでは、大脳皮質も関与して、

気持ちでオーガズムを一定程度抑え込むことも可能であるようです。

人類の長い進化の歴史の中で、弱者である女性が身につけた

不本意なセックスに対する防衛行動です。

バギナオーガズム

バギナオーガズムについて論議が突きないところです。

そもそもバギナ(膣)には知覚神経はなく、

バギナが性的に感じること自体あり得ないとする研究者は少なくありません。

しかし、女性の言葉や反応を吟味すれば、

膣への刺激でオーガズムを迎えていることは事実です。

(これを女性が膣という仮想空間で生み出した錯覚のオーガズムと言う人もいます)

そしてこのバギナオーガズムも女性によって大きな個人差があるのも事実です。

バギナオーガズムも開発が必要であり、セックス経験も積み重ねる必要があるのは

ポルチオオーガズムと一緒ですが、

決定的な違いは、バギナの特定エイアには快感を感じ伝達する陰部神経の配線が

しっかりされ、かつかなり個人差があるということです。

一般的には、膣の入り口から三分の一くらいまでは

この陰部神経が配線され、

その奥は迷走神経が支配しています。

迷走神経はこれまで述べたように、すぐには快感を生み出すことは稀です。

陰部神経は、刺激を受ければ情報を脊髄経由で脳に伝え、

快感を発生させます。

Gスポットや裏Gスポットは陰部神経が配置されて刺激に対して敏感ですが、

さらに奥は膣エリアは女性によって不安定な性感帯になります。

バギナでは、たしかにクリトリスのように特定できる安定的な性感反応を

見出すことが必ずしも出来ませんが、

おそらくクリトリスと同じ神経系である陰部神経とポルチオに連携する迷走神経によって

二重構造的に支配を受け、

実に仮想的な性感空間になっていると思われます。

従って、女性によってバギナを刺激されて誘発するオーガズムに対する感想も

マチマチで、どこが感じているか断定できないことが生じてきます。

同じ膣内のKスポットを刺激して生じたオーガズムに対して

ある女性は、クリトリスが感じたと言い、

別の女性は子宮が疼いたと証言します。

バギナオーガズムはどうやらクリトリスオーガズムとポルチオオーガズムの

混合型と捉えたほうが正解のようです。

Gスポットオーガズム

Gスポットは潮吹きでその名を馳せた性感スポットですが、

潮吹きとGスポットオーガズムは必ずしも連動していません。

これらは別の現象として捉えたほうが正解です。

Gスポットオーガズムは、

尿道と前立腺を膣壁を間接的に刺激して引き出される脊髄系のオーガズムであり、

クリトリスオーガズムと同質と見るべきです。

クリトリスの構造で解説したように解剖学的には、

枝分かれしたクリトリスは尿道口や尿道を取り囲み、

ペニスと同じ様に反射的なオーガズムを引き起こします。

Gスポットを刺激することで尿道海綿体や前立腺のある女性は

脊髄から伸びる陰部神経を介して脳に情報を伝え、

クリトリス構造体全体が絶頂を迎えます。

Gスポットオーガズムはクリトリスオーガズムと同じように

ドーパミンオーガズムであり、脊髄反射オーガズムになります。

オキシトシンオーガズムを引き出す方法とは?

我々、悪魔族の女性との交接の究極的な目標は、

女性が本来味わうべき、子宮オーガズムの快楽で女性を甘美の園に昇天させることです。

この深遠なる快楽の淵に至るには、これまで述べてきたように

オキシトシンの大量照射とその累積が必要であることが分かってきました。

とはいえ、そのオキシトシンの分泌を女性の体内で強化するには

実に多くの手間暇が要求されます。

ただ単にポルチオをペニスで突きまくるだけでは、

大きな効果を見ることは出来ないのがセックスの難解さと楽しさです。

如何にすれば女性のオキシトシン濃度を高め、オキシトシンによるオーガズム、

すなわちオキシトシンオーガズムに導くことが出来るのかが、

男にとって最大の課題となります。

オキシトシンは、気持ちを落ち着かせてくれる「セロトニン」や、

快感や多幸感を得られる「ドーパミン」などの神経伝達物質の分泌を促してくれることが

大切な因子になります。

オキシトシンセックスとオキシトシンオーガズムについて

オキシトシンオーガズムの出現には量的に要求されるオキシトシン分泌レベルがありますが、

その量的な適正な分量が女性によって固有であることは厄介なことです。

しかし、オキシトシンがたとえオーガズムを誘発する閾値に達することなくても

セックスで多量に分泌されることは素敵な快感を女性の心と体にもたらしてくれます。

オキシトシン快感です。

オキシトシンは特に女性の精神的な充実感や満足感の発祥に大きく影響します。

女性がクリトリスで何度もイカされても

精神的に満たされないとよく訴えることがありますが、

これはオキシトシン不足によるものと推定されます。

オキシトシンが不十分なセックスには物足りなさを覚え、

オキシトシンが充分に分泌されたセックスでは

女性はオーガズムに達しなくても大きな満足を得るというのが

これらの証言が意味するところです。

男性に優しく扱われ抱かれるだけで脳内のオキシトン濃度は急上昇します。

これがオキシトシンセックスの本質となるところであり、

オキシトシンセックスの実践こそ女性が求めるセックスなのです。

そしてポルチオオーガズムに見るようなオキシトシンによるオーガズムに結果的に

至ると考えたほうがいいかもしれません。

また、オキシトシンオーガズムの定義は、

オキシトシンで引き起こされる子宮収縮による子宮オーガズムだけに

限定することではありません。

オキシトシンが大きく分泌されるオーガズムこそ満足度の高いオーガズムであり、

それはクリトリスオーガズムであってもバギナオーガズムであっても

アナルオーガズムであってもどのようなオーガズムでも、

オキシトシンが十分なオーガズムには肉体的な快感と精神的な充足感が伴うからです。

寧ろオキシトシンを伴わないセックスこそ、

オーガズムが何度もあっても虚しいものであると考えたほうがいいでしょう。

ただイカされるだけの我々が風俗で体験するオーガズムと一緒です。

性欲は沈静化されても心の満足はないオーガズムです。

我々男性は今後、女性のオキシトシンの分泌を高めるオキシトシンセックスを心掛け、

最終的にはオキシトシンオーガズムに導くことを目指すべきなのかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

*刺激的なポイント制出会いサイトの一押し(18禁)
ポイント制サイトは色々試しまたが、このハッピーメールに限ります。即Hも可能です。ただし下記のサイトの攻略法はしっかり読んでください。最初は無料登録で試しましょう。

(スポンサー)
SEXは出会いから始まる ハッピーメールバナー*ポイント制人気サイト
ハッピーメール攻略法