サイト内検索

オキシトシンセックスによるオキシトシンオーガズム

(スポンサーリンク)
SEXは出会いから始まる
ハッピーメールバナー*ポイント制人気出会いサイト

オキシトシンセックスの実践

オキシトシンセックスは女性のオキシトシンを高めることを目標にするセックスです。

オキシトシンセックスこれまでにない言葉かもしれません。

初めて聞く方も難しく考えることはありません。

これまで多くの心優しき男性が、

日々、実践している口説きのプロセスやセックステクニックそのものが

実は、オキシトシンセックスそのものなのです。

女性に安心感と安らぎを与えて、ロマンチックな気分に持ち込み、

性的に興奮させて大きな快感を与えようとするこの一連の行為は

結局の所、女性のオキシトシンを高める行為そのものなのです。

オキシトシンを高めるためには次のような工程を押さえることが効果的となります。

  1. ムードあるロケーション
  2. 素敵なレストランでの食事とお酒
  3. 女性主体の会話
  4. 見つめ合い
  5. 耳元でのロマンチックな言葉
  6. 肌や髪への優しい接触
  7. 抱擁
  8. 甘いキス
  9. 優しい前戯愛撫
  10. 乳首の吸引
  11. クンニリングス
  12. フェラチオ
  13. バギナ・ポルチオへの指愛撫
  14. ペニス挿入による一体化
  15. ペニスによるバギナ・ポルチオ刺激
  16. オーガズム
  17. 後戯の抱擁

上記のプロセスはパーフェクトなセックスプロセスの典型ですが、

全部の実施には無理があります。

この中の幾つかのポイントは必ず抑えておくことがいいでしょう。

貴方なりのセックスのパターンを工夫することをお勧めします。

重要なポイントを少し説明をしていきます。

オキシトシン分泌は人の心を平静にする副交感神経を優位に導きますが、

副交感神経が活性化されることでオキシトシンの分泌もまた促進されます。

1.ムードあるロケーション

女性を性的な気分に持ち込むために、

男性は女性が好むと言われているムーデイな環境を用意しますが、

これは落ち着いた雰囲気で副交感神経を優位にして、オキシトシン分泌を促し、

女性の気持ちを心だやかな友好的な気持ちにするためです。

薄暗い夕方のイメージで穏やかな音楽が流れる環境がより女性を発情させていきます。

男性の視覚的なエロエロパターンとはまるで違っています。

2.素敵なレストランでの食事とお酒

副交感神経である迷走神経は、口や喉では体性神経の役割を担っています。

口や喉を活発に動かすことで自然に迷走神経を刺激することになり、

オキシトシンやドーパミンが分泌されて女性の本能が目覚めていきます。

また適度のお酒は交感神経を緩めてくれます。

食事やお酒のロケーションは上記の女性が心落ち着ける環境が効果的です。

3.女性の会話

喉や口を動かすことで、迷走神経が働き、副交感神経が優位になります。

特に女性は話すことで交感神経が沈静化されて、心穏やかになり、

オキシトシンが活性化されますが、

口説きの初期ではあくまでも女性中心で穏やかに会話を進めることが大切です。

4.見つめ合い

女性はまだ会話の出来ない赤ちゃんと見つめ合うこと、

すなわちアイコンタクトで、親子の心を通わせ愛情を深めるように生まれついています。

このアイコンタクトでオキシトシンが活性化されることが知られています。

この作用は男女間でも同じように起こります。

見つめ合うことで女性はオキシトシンが活性化され、その男性に行為を持つよになるのです。

セックスの最中でも見つめ合うことで女性のオキシトシンは高まり、愛情が増していきます。

5.耳元での愛の言葉

女性の耳元でそっと息を吹きかけるように優しい言葉を囁いてください。

耳及びその周辺には迷走神経からの知覚枝が伸びています。

耳とその周辺は男性の息遣いや声の振動に敏感に反応し、

女性の心は夢見心地になっていきます。

ささやく声は出来る限り低くゆっくりが効果的です。

話す内容は余りこだわらず、耳元で囁くことが大切です。

もちろん、指先や舌先を使った耳介への愛撫も大きな効果があります。

6.皮膚や髪へのソフトな接触

人の皮膚には柔らかいものに触れる、触れられると、

気持ちよさを感じる神経線維である「C触覚線維」が存在します。

その感覚は脳に伝えられ、脳はホルモンの一種であるオキシトシンを分泌します。

これによって女性は心地よい感情を生み出し、相手への好意を強めます。

特に、出来る限り、髪の毛や女性の肌を優しく丁寧に撫でることが大切です。

C触覚線維は、毛の振動を捉えて脳に感覚を伝えているために、

手のひらなどの無毛の部位に存在しません。

産毛が生えている部位を優しく起こすようなタッチが有効です。

陰毛は更に敏感な感覚を有しています。

この感覚は撫でられる側だけでなく、撫でる側にも同じように作用します。

撫でる男性にもオキシトシンが分泌され女性への愛おしさを増していきます。

また、積極的な女性には愛撫してもらうことも、

女性の脳にはオキシトシンが分泌されて愛撫すると同じ効果が期待できます。

7.抱擁

女性は男性に抱かれることで、

守ってもらっている!

安心だ!

という感情が生まれ、生殖本能に火がついていきます。

女性を優しく抱くことを日常的に取り入れてください。

これによって女性のオキシトシンは全開になります。

(参照)

8.甘いキッス

女性は男性の唾液に微量に含まれる男性ホルモン・テストステロンに反応し、

興奮を深めます。

と同時に唇や舌への刺激と動作で迷走神経が活動し、副交感神経が活性化されていきます。

女性がキスで蕩けていくのは、テストステロンとオキシトシンのダブル効果です。

男性のフェロモンなどの化学物質は、鼻から脳を直撃し、交感神経の興奮を高めていきます。

女性が性的な気分になるためには、副交感神経を活性化して安心感安堵感を得ることと同時に

交感神経を興奮させて、ドーパミンの報酬系作動も大切になります。

安らぎの中に興奮することが女性には大切なのです。

(参照)

9.前戯愛撫

前戯は、交感神経を活性化し、体の感覚を鋭くさせていく工程になりますが、

女性の性的な興奮は男性と違い、スローなペースで進め、

交感神経をゆっくり目覚めさせて行くほうが効果的です。

優しく丁寧に決して急がないことで、肌のふれあいでオキシトシンの分泌が

促進されていきます。

詳しいテクニックは愛撫のページ等を参考にしてください。

オキシトシンセックスで大切なことは、

女性のオキシトシン分泌を高める愛撫に徹することです。

10.乳首の吸引

女性は赤ちゃんからの乳房刺激で、

脳内でオキシトシンを産出し、血中に分泌し、乳腺の筋繊維を収縮して

母乳を絞り出します。

特に乳首や乳輪は敏感に反応します。

この仕組を人類は男女間の愛情構築に活用しました。

男性が女性の乳首を刺激することで、

女性はオキシトシンを分泌し、より生殖体制を整え、男性への愛情を強化します。

血中に分泌されたオキシトシンは子宮を目覚めさせ、動きを活発にしていきます。

女性が乳房への愛撫で股間が疼き、性器を濡らしていくのは、

乳房と子宮のオキシトシンによる連動効果が大いに関係します。

乳首への刺激は女性のオキシトシンを高めるためには実に大切であり、

決して疎かにしないことです。

乳房愛撫は赤ちゃんが母乳の分泌を促すように優しく揉むように行い、

乳首吸引は赤ちゃんが母乳を吸うようなリズムで行います。

特に母乳で育てた体験のある女性には効果的です。

また、乳首を噛む癖のあった赤ちゃんを育てて女性は

乳首を強く噛まれることを好みます。

(参照)

11.クンニリングス

クンニはクリトリス中心の覚醒系の愛撫になりますが、

クリトリスだけの刺激に終始しないことが大切です。

クリトリスはペニスと同じように陰部神経に支配され、

テストステロンの影響が強い部位ですが、

ペニスと同じくクリトリスが勃起するためには副交感神経が優位である必要があります。

股間を全体を舐める感じで、大陰唇や小陰唇、会陰、恥骨部なども

ゆっくり丁寧に優しく愛撫してください。

女性のすべてを愛している気持ちを陰部全体の愛撫で伝えます。

女性は愛されている気持ちでオキシトシンを高め、より男性に身を委ねてきます。

激しくクンニすることでクリイキはすぐに達成できても、

ポルチオオーガズムのような深いオーガズムを与えることが出来ません。

卑猥なクンニであってもあくまでもオキシトシントを活性化しつつ、

女性の興奮を高めていく気持ちで行います。

12.フェラチオ

意外に思う方もいるとお思いますが、

女性は男性のペニスを舐めながらオキシトシンの分泌を高めています。

その理由は、口内や喉の体性神経は、迷走神経の支配によることです。

女性は、ペニスを舐めながら、舌や口内の筋肉を動かし、

特に喉の奥までペニスを咥えた時に喉奥を刺激していき、

そこに神経枝を伸ばす迷走神経は活性化されます。

じっくり時間をかけたフェラチオで女性は恍惚感によく襲われるのは

この迷走神経活性によるオキシトシン分泌によるものと思われます。

フェラチオによってオーガズムに達する女性もよく出くわします。

女性はゆったりしたフェラチオによって興奮と同時にオキシトシンを分泌していきます。

一方、AVのような激しいストロークは女性の交感神経は高まり、

興奮していきますが、オキシトシンオーガズムには逆効果です。

寧ろ、攻撃的な興奮が高まっていくはずです。

ゆっくりなフェラを女性に仕込んでください。

ただし、そのままオキシトシンやセロトニンが呼び起こされるために、

寝落ちする女子もいますので留意ください。

寝落ちするということはそれだけリラックスしている証でもあり、

むしろ嬉しく思ってあげてください。

13.バギナ・ポルチオへの指愛撫

よくAVでは手マンと称して激しく指を膣に出しれしていますが、

オキシトシンセックスでは全くNGな行為です。

膣壁やポルチオは指先で優しく指圧するように刺激していきます。

女性はポルチオや膣壁でゆっくり蠢いている感覚を迷走神経で受け止め、脳に伝えます。

脳はオキシトシンを分泌して血中に放ちます。

激しい指の出し入れは興奮系の愛撫法ですが、余りお勧めしません。

この愛撫を好む女性に限定してください。

通常は指先の腹の肉の部分を使って愛撫し、ポルチオや膣は傷つけないようにしてください。

ポルチオは膣奥に存在するために、なかなか刺激は難しいのですが、

指先の肉の部分で優しくリズミカルに突くように刺激してください。

詳しいテクニックは開発の章をしっかりお読みください。

14.ペニス挿入による一体感を与える

オキシトシンセックスではペニスを女性の体に挿入後は、

すぐには激しく出し入れするプレイは行いません。

30秒~1分ほどは、奥にペニスを挿入してそのままじっと動かないようにします。

女性を優しく抱きしめ、目を見つめ、濃厚なキスと甘い言葉を投げかけます。

お互いが一つになった感覚と喜びを共有します。

この数十秒の穏やかな時間が、女性のオキシトシン分泌を促進していきます。

15.ペニスによるポルチオ・バギナ刺激

しばしの一体感を味わった後に、ペニスをゆっくり作動していきます。

AVで見るようなな激しいピストンストロークは、オキシトシンセックスではご法度です。

むしろペニスは動かさない方がいいとも考えてもいます。

バギナの壁を、ペニスの亀頭部の柔らかな部位を使い、

ゆっくり指圧マッサージするがごとく動かしていきます。

ペニスが感じてきたら動作を止めて興奮を冷まします。

ペニスは出来る限りヴァギナの中に入れたまま、スローな動作に終止します。

女性は愛する男性が自分の中にいる喜びで満たされ、

膣、ポルチオから迷走神経経由でその充実感覚を脳に伝え、

オキシトシンを大量に分泌していきます。

できれば30分~60分の連続挿入が効果的です。

この時、自分の快楽は追求せず、女性の高揚をじっと観察し続けます。

ポルチオ刺激はペニスを深く挿入して、体を密着させ押すように突いていきます。

ペニスで子宮を揺り動かすような動きになります。

深くペニスを挿入したままペニスを時折、ピクピク動かし、

まるで射精しているような感覚を表します。

女性の子宮は男性が射精していると錯覚して一気に興奮を高め、

精子を取り込まんと子宮は痙攣し、オーガズムに達していきます。

ポルチオ・膣のオキシトシンによるオーガズム発生には

長期の開発となると心することが大切です。

女性の血中にオキシトシンを途絶えることなく分泌させ続けることが重要です。

数年レベルで女性を覚醒させます。

そのためには週イチくらいの手間暇が必要になるでしょう。

16.オーガズム

オキシトンオーガズム、すなわちポルチオオーガズムに至るまでには、

何らかのオーガズムを定期的に与えることが重要になってきます。

クリトリスオーガズムが比較的、女性には達しやすいので、

最初はクリイキを目指してください。

女性はオーガズムを迎えることでオキシトシンが大量に放出され、

プラスのスパイラルに入ります。

この時大切ことは、ただ単にイカせることだけで満足しないことです。

同じクリイキでも女性が信頼感と満足感を得ることが大切になります。

子宮でイクことが出来なくても、オキシトシンを高めることで

その究極のオーガズムに一歩づつ近づきます。

オキシトシンはより高度に分泌されることで、自らの生産を高めるとともに

感受性も高揚させていきます。

真の女のオーガズムを迎えることは、女性の人生にとって実に重要な出来事になります。

17.後戯

後戯の大切さをよく耳にしますが、

余り重たく考えないほうがいいでしょう。

お互いが果てた後に、優しく腕枕ぐらいでも十分になります。

女性の体内に充満したオキシトシンを出来る限り、その効能を持続させて

男性への愛着を深めさせます。

それによって次回のセックスに繋げるのです。

勿論、男性がイカないままに、何度もオーガズムを与えることが最良になりますが、

それでも最後は優しく抱きしめてあげてください。

まとめ

この記事は長くなってしまいましたが、

これまで性典で主張してきたことを思い浮かぶに任せて集約してみました。

これまでよく愛読された方には理解が出来たかもしれませんが、

初めて読む方には少し難しかったかもしれません。

性典の各箇所をじっくり読むことをお勧めします。

オキシトシンセックスとは新たな概念かもしれません。

オキシトシンを高めて真の性の喜びであるオキシトシンオーガズム、

すなわち子宮オーガズムを楽しむための考え方です。

近年提唱されているスローな大人のセックスになるかもしれません。

子宮オーガズムは、女性にとっては深い喜びであって

男性にとっては女性が感じても何らの快感もないように思えますが、

ポルチオオーガズムを目の当たりにした時には、

生命の神秘を垣間見るようで、男性にとっても大きな感動になります。

どうか一度体験することを推奨します。

何度見ても大きな喜びになるはずです。

尚、オキシトシンオーガズムは、狭義の意味ではポルチオオーガズムに限定されますが、

ここで意味するところは、オキシトシンに満ち満ちた愛情と喜び溢れるオーガズムです。

その意味ではオキシトシンセックスは、

オーガズムに至らなくても

オキシトシンが豊富に分泌される愛情に満たされた充実感あるセックスを指しています。

その喜びは、たとえ、道連れのひと時の愛にも存在すると悪魔は信じています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

*刺激的なポイント制出会いサイトの一押し(18禁)
ポイント制サイトは色々試しまたが、このハッピーメールに限ります。即Hも可能です。ただし、上記関連サイトの攻略法はしっかり読んでください。最初は無料登録でじっくり自分に合った出会いサイトを探しましょう。

(スポンサー)
SEXは出会いから始まる ハッピーメールバナー*ポイント制人気サイト
ハッピーメール攻略法