サイト内検索

(スポンサーリンク)

同じ女と毎日セックスはしてはイケない理由!!

悪魔の性典では、同じ女性との連続的なセックスは余りお勧めしていません。

女性は一人の男性から愛され続けることを求めますが、

それは女性側の雌としての生殖戦略です。

男性がより幸福な気分になるためには、

自然は女性と正反対の行動を求めています。

複数の女性との交際こそ、自分を雄として輝かせるためには

肝の行動思考です。

ここでは何故、同じ女性とのセックスが男性にとって余り幸せでないのか?

がテーマです。

(参照)

(スポンサーリンク)
SEXは出会いから始まるハッピーメールバナー
*ポイント制人気出会いサイト

どんないい女でも毎日食べれば男は飽きる!!

自分の好きなタイプの女性や素敵な身体の女性と同棲したり、

結婚したりするとほとんどの男たちは夜な夜なその女性の体を求め続けます。

昼間仕事な最中でも、その女性のエロい肉体を妄想して興奮し、

帰るやいなやその女性とのセックスを始めます。

そして、時間とともに次第にその求める間隔が空いていきます。

やがて数年で大抵の男たちは、寄り添いはすれど滅多にその女性に迫ることが

無くなっていきます。

この現象は、多くの幸せな家庭でも見ることが出来ます。

あれほど、情熱的であった性欲もまるで夢のごとく消え失せていきます。

多くの妻や恋人たちは思います。

愛がなくなった??

その時、男性は、直ぐ傍にいる女性への関心をもはや失っています。

愛がなくなったのではなく、その女性とのセックスに興味が無くなったのです。

言うならば男はその女性とのセックスに飽きてしまった状態です。

それがどんなにいい女でもあっても、この男の症状は基本的に誰にもおこることであり、

その男性が特別に飽きっぽいとか浮気性だからという、

個人的な資質からくるもではないのです。

神様はそのように男を作ってしまったのです。

男女の性行動の大きな違い

雄の精子は生涯に天文学的な数で生産されます。

雄はセックスで精子を放出し、それを雌に預けますが、

これには確実性は担保されていません。

そのため、その保険として雄は自分の子孫を確実に残すために、

多くの違う雌に精子をばらまく手段を取っていきます。

これが雄の基本戦略になります。

一方、雌は自分の体内で生殖を行うために、確実性は担保されます。

そこで雌にとって問題になるのその子供の生存能力となります。

そのために雌は出来る限り優秀で健康な遺伝子を持つ雄を選別する行為に走ります。

これらが、人の男女におけるセックシュアリテー(性衝動)にも

大きく反映されることになります。

男のセックスへの倦怠の要因は?

殆ど動物の雄において、

同じ雌とある程度のセックスを重ねたあと、

いつでもその雌とセックスが出来る状態になると

その雌とはセックスしなくなってしまいます。

マーモットの観察では、

新しいパートナーと一緒にすると最初の10日間くらいは、

10分ごとにセックスを繰り返しますが、

2ヶ月後には全くしなくなるそうです。

全くセックスはしなくなりますが、お互いはそばに寄り添うといいます。

人間の雄にも同じ現象が起きてきます。

長い間、肉体関係を続けて、しっかり絆を結んだ相手には

性的な関心を余り持たなくなっていきます。

女性を家族とみなし、もう充分とばかりに性欲を示せなくなるのです。

この雄における性欲低下は、じつは家族の維持や子育てには悪くはない現象です。

雄が、セックスを同じ雌と特定の回数を重ねてあと、

そしていつでも出来る状況下では、

もはやその雌の役目は終わったと本能的に判断してるのかも知れません。

人の子育て期間は3年で、恋愛感情が維持される期間も3年であり、

遠い古代に一人の子育てが終わったら、関係を解消していたことの証ともいえます。

男と女のすれ違い

このように、男性が同じ女性とのセックスに飽きがきて、

その女性に興味を示さなくなることは、自然の摂理として仕方のないことなのですが、

ここで女性の性衝動とのズレが悲劇を生んでいきます。

一般的に女性は、20代までは、性的な成熟は進んでいません。

子育てなどの影響もあって、深いオーガズムを感じることもないのですが、

やがて30代に入っていき、生理の安定やエストロゲンオキシトシンの活性で

性感と性欲が強まる現象が起きてきます。

男性がその女性への興味を失った頃に、女性は本格的にセックスに目覚めていくのです。

この時間差が、夫婦や恋人の間の亀裂の原因となっていきます。

女性は、同じ安心できる相手と性的な関係を深めることが大切になるのですが、

男性は同じ女性には性的な食傷気味になってしまうという事になっていきます。

この悲劇は、古今東西の男女の営みの中で、終わることなく繰り返されてきた

如何ともし難い出来事です。

男と女の関係をうまく継続させる手段

このように男女の関係においては

お互いの性衝動の違いに大きな差異があり、

且つ、その関係がうまく継続しないのは大抵の場合は、男性の不徳です。

多くの30代40代の人妻たちは、夫の自分への無関心を嘆き悲しんでいます。

女性たちは性の快感の欠如に、ずっと耐えているといいます。

これらは特に日本で顕著であり、日本の男たちの精神的な修養不足に起因しますが、

かと言って白人の男性のような心根に今更修正は出来ないはずです。

これは日本の男子が子供の頃から植え付けられた男女関係の

基本オペレーションプログムのようなもので、入れ替えることはほぼ不可能です。

ではどうするかです??

最良の方法は基本プログラムはいじらずに運用上でいい結果を導き出すことです。

男の本能・習性をむしろ上手く活用して、

男と女が幸せになることです。

男と女の関係が遠のくのは男の飽きがその主因です。

その飽きが来ないように日々のセックスをマネージメントします。

そこで女性とのいい関係の維持には以下の手段を提案します。

  • 同じ女と程々にセックスする
  • 同じ女とは変化のあるセックスを心がける
  • 他の女とも積極的にセックスする

この2つを日々実行するのです。

同じ女に飽きないように程々にセックスする

この手段の根本は、ただただ、その女を抱き過ぎないということです。

その女性がいくら大好きでも、

一時期集中的に抱いてしまうと必ずや飽満現象が起きてきます。

美味しいものを毎日食べ続けるともうその食べ物を見るだけで吐き気が起こることと

同じです。

人は同じ刺激が繰り返されることに感覚が次第に鈍くなっていきます。

ドーパミン報酬系が連続刺激に無反応になっていきます。

ところが、

ある程度の間隔や制限を設けると逆に、

その快感への期待値が高まり、神経も敏感になっていくという作用が起こります。

男性自身が、欲望を制限することで、セックス自体が感動的になっていきます。

好きな食べ物を久しぶりに食した時の喜びです。

遠距離恋愛の恋人同士のように、久しぶりに再開した時のような

気持ちと身体の異常な高鳴りを敢えて意識的に作り出すのです。

新婚であっても、じっと堪えて2週間~1ヶ月に一度位のセックスに留めます。

そしていざセックスのときは極めて濃厚なセックスに専念します。

自主的なセックス制限に、焦らしの原理が大きく働きます。

自分だけではなく、女性の方にも焦らしの効果は作用して、

濃厚なセックスに終始でき、

良好な関係を長く維持することが出来るはずです。

(参照)

変化のあるセックスをする

その女性のセックスと身体が特に魅力的で、

もう他の女は抱けないと思っている幸福な男たちも

同じ女を抱き続けることは程々にすることが肝心です。

他の女はいらないよ思っている男性たちは

その女性とのセックスの快楽の奥深さの探求を目指してください。

日々、セックスと女体の神秘の研究に勤しみ、様々な性技とプレーを試みて

その女性の奥に潜む女の開発に励むのです。

女性の中には、オーガズム時にまるで何かが憑依したかのような反応で

男を楽しませてくれる人がいます。

本当の女性の性の本性を引き出ししていく開発には実に手間暇がかかり、

10年単位の時の必要になります。

性的に淡白で面白みもない女を意味なく抱くよりは

貴方心底から魅了する一人の女の性を引きづりだすことも実に楽しいものになるでしょう。

貴方の様々な工夫に鋭く反応を示す女性の場合は、

その女性の情欲をとことんまで追い込むセックスも男性には大きな悦楽となります。

そしてお互いの絆も深まっていきます。

そのためには常に新しい刺激法を探求して試みていきます。

(参照)

複数の女と関係するのは不道徳か?

好きな女性との良好な関係を保持するためには、

他のセフレを持つことも非常に有効な手段となっていきます。

特定の一人の女性を大切にするために、

他の女性と積極的にセックスするのです。

これは、まるで逆の結果を招くと考える人も多いでしょうが、

男性がオスとしての性的な魅力とその女性への関心を失わないためには

最良の手段となります。

男の習性は、新たな物に強く惹かれることが特徴です。

これは男性が神経物質であるテストステロン

ドーパミンの作用を強く受けることにあります。

男性は、新たな女性に接することで、急激にドーパミンとテストステロン値が上昇し、

性的な欲求と意欲が復活していきます。

加えて、性的な機能も回復してきます。

女が変われば、それまで駄目かと思っていたセックスが可能になります。

同じ女との同じセックスパターンに萎えていたペニスが復活してくるのです。

気持ちも身体も興奮し、生理的にも精神的にも雄々しさを取り戻すことが出来るのです。

雄として持っていた、自分の精子を多くの女性にバラマキという本能的行動を取ることで

男性ホルモンの分泌が活性化されて、男らしい気持ちと精力が維持されるのです。

自分のパートナーの性的な復活よって女性は精神的にも肉体的にの多くの満足を

得ていきます。

女性は男らしい行動に惹かれ、性的快感を与えられて満足し、幸せな気分になっていきます。

(参照;クーリッジ効果)

一人の女を一生懸命愛し続けることは、

結果としてその女性を満足させることに至ることがなく、

皮肉にも逆の結果を招いていきます。

一人の女を愛し続け、満足させることの出来る男性は極稀な存在です。

少なくともこのサイトを行き着いた貴方は違うはずです。

上記のように、一人の女性とのセックスにすぐに飽きてしまうタイプが殆どのはずです。

愛する女性のために他の女とセックスする??

逆説的ですが、平凡な男性が、一人の女性を心から満足させて、快感を与え続けるためには

多くの女性を愛することが必要になります。

他の女性とのセックスで、

自分の性衝動を覚醒させて、性的なテクニックも磨いていくのです。

それが畢竟、最良の成果をもたらします。

女性は性的な満足を与えるものだけを男として認めてくれます。

プラトニックな愛を主張する女性はまやかし女であり、本音ではありません。

男が女性を満足させ、幸福な気分を味わってもらうには

男性は、性的にも精神的にも猛々しくあることです。

雄の本能の覚醒は他の女を抱きつづ得ることが一番の特効薬になります。

一人の女性にすべてを集中することは極めて危険な賭けになります。

自分の内部にこそ大きなリスクは潜んでいます。

常に自分を刺激し続け、活性化していく道を選ぶのです。

勿論、女性には決して自ら口外することなく、また何らかの形跡も残さないように

慎重に実行します。

普段は常にその女性だけを愛していることだけを示し続けてください。

この女性は大丈夫と思っても

決して決定的な不実の証拠を相手に与えないように気をつけてください。

女はその場は許しても、男のように決して忘れるわけではないのです。

トラぶった時には必ず貴方を攻撃する材料にしてきます。

特に独占欲、嫉妬心が強い女性には気をつけてください。

モテルことは決して自慢にならないのです。

もてない男を演じきってください。

他の女性との武勇伝は貴方の致命傷になる可能性のほうが高いと心得るべきです。

一人の女性を愛し続けることは、

長い期間でお互いの関係を考えるとしたら、

決して美しいロマンチックストリーでもなんでもないのです。

実に、ドロドロしたあまりにも人間的な感情の交差です。

一人の女性に性的に溺れすぎないことです。

ただし、ショートな愛の物語で、一人の女を毎日抱き続けることは

若いときにはよくある出来事です。

それはそれで楽しんでもいいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

*刺激的なポイント制出会いサイトの一押し(18禁)
ポイント制サイトは色々試しまたが、このハッピーメールに限ります。即Hも可能です。ただし下記のサイトの攻略法はしっかり読んでください。最初は無料登録で試しましょう。

(スポンサー)
SEXは出会いから始まる ハッピーメールバナー*ポイント制人気サイト
ハッピーメール攻略法